アプリケーションデリバリコントローラ ArrayAPVシリーズ ArrayAPVシリーズは、SSLアクセラレータと負荷分散装置を1つにした統合アプライアンス製品です。

  • 製品概要・特徴
  • 主な機能
  • ラインナップ
  • 仕様

サーバー負荷分散

クラウドサービスやモバイルデバイスの普及などで、インターネットトラフィックは増加の一途を辿っており、サーバーのロードバランスの重要性は一層高まっています。
ArrayAPVシリーズはその中核機能として洗練されたサーバー負荷分散機能を提供します。

サーバー負荷分散機能 構成図

負荷分散アルゴリズム

負荷分散アルゴリズムとして、以下をサポートしています。

  • ラウンドロビン
  • 重み付けラウンドロビン
  • 最小帯域
  • SNMPポーリング
  • 最小コネクション数
  • 最短応答時間

など

セッション維持機能

以下の情報をキーとしてクライアントとバックエンドサーバー間のセッションを維持することが可能です。

  • Arrayが発行するCookie
  • サーバーの発行するCookie
  • URLに含まれるホスト名
  • URLに含まれる特定の文字列
  • HTTPヘッダ
  • ソースIPアドレス
  • QoSネットワーク
  • SSLセッションID
  • jsessionID

など

サーバーヘルスチェック

ArrayAPVシリーズは、一定の間隔でバックエンドの実サーバーへ、ヘルスチェックパケットを送信します。実サーバーから応答がなかった場合、ArrayAPVシリーズはその実サーバーがDOWNしたと判断します。

サポートしているヘルスチェック方式は、以下のとおりです。

  • Ping(ICMP)
  • TCP
  • Script TCP
  • HTTPS
  • LDAP
  • RADIUS
  • HTTP
  • HTTP カスタマイズ

その他、負荷分散対象以外のDBサーバーなどにヘルスチェックを行うことも可能です。

セッション集約

複数のHTTPセッションを少数のセッションに集約。さらに、セッションの再利用により、サーバーの負荷を軽減します。

セッション集約イメージ図

ArrayAPVシリーズは、インサイド側のHTTP通信のTCPセッションを集約・再利用することでサーバー負荷の軽減を図ります。ひとつのページの中に画像など多くのコンテンツが存在するWebページでは多数のTCPセッションが使用されます。セッション集約により、これを解消することができます。

TCPセッションの集約

HTTP1.1では、KeepAlive機能がサポートされており、ひとつのTCPセッションで複数のHTTPリクエストを処理することが可能です。ArrayAPVシリーズはデフォルトでKeepAlive機能によるセッション集約を行います。

TCPセッションの再利用

HTTP1.1のKeepAlive機能を用いたHTTPリクエストでは、サーバーはリクエスト終了を判断できない場合があり、タイムアウトとして設定された時間だけ、無駄なセッションを維持することになります。ArrayAPVシリーズは、既存のセッションを再利用することでこの問題に対応します。

その他

サーバーのグルーピング

個々の実サーバーをグループ単位で扱うことが可能です。ひとつの実サーバーは複数のグループに属することが可能です。サーバーをグループ単位で負荷分散の対象と設定することで、単一のサーバーを複数の論理サーバーとして扱うことが可能です。

グレースフルシャット機能

エンドユーザーからの接続を途切れさせることなく、実サーバーのメンテナンスが可能です。
特定の実サーバーへの新規リクエストの振り分けを中止し、セッション維持された既存のリクエストは、該当セッション終了まで振り分けられます。

バックアップサーバー機能

負荷分散対象のサーバーが全てDOWNした際にリクエストを割り振る、バックアップサーバーを定義可能です。

HTTPエラーメッセージのカスタマイズ

HTTPエラーコードごとに、ArrayAPVシリーズへユーザー定義のエラーページをインポート可能です。障害発生時やサーバーメンテナンス時などに表示されるエラーページをカスタマイズできます。

ポリシーネスティング

ツリー状にポリシーを定義することで、別途スクリプトプログラムを準備することなく、複数の異なる負荷分散グループにクライアントからのリクエストを振り分けることが可能です。

Page Top

  • 製品カタログダウンロード
    製品カタログ(PDFファイル)を
    ダウンロードしていただけます。
  • 貸し出しサービス
    Array製品の導入をお考えのお客様に、
    実際に製品をご使用いただけます。
  • 導入事例 ワイジェイFX株式会社様
    FXサービスにArrayAPVを導入し、
    性能・信頼性の向上を実現。
  • 製品概要・特徴
  • 主な機能
  • ラインナップ
  • 仕様
資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月~金(祝祭日除く)10:00~17:30

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月~金(祝祭日除く)10:00~17:30

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

  • ダウンロード製品カタログ、価格表など
  • セキュアリモートデスクトップという選択肢 テレワーク特別キャンペーン
  • ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュート君が行く! 「ロードバランサも仮想化する時代!? アクセス集中もこれで安心!!」の巻
  • ネットワーク仮想化を検討するなら…
Array vAPV/vxAG
仮想ロードバランサから始めよう 投資効果大!
導入事例
  • 株式会社マツモト様 ArrayAPV事例
  • ワイジェイFX株式会社様 FXサービスにArrayAPVを導入し、性能・信頼性の向上を実現。
  • 株式会社電算システム様 Array vAPVを導入し、次世代プライベートクラウドのメニュー拡充と品質向上を実現
  • 事例一覧はこちら
  • 支援体制
  • Arrayシリーズとは
  • ホワイトペーパーダウンロード
  • 販売終了製品
  • ユーザーサポートサイト
  • パートナーサイト

Page Top