Aruba 技術・特長 高セキュリティと多くの便利な機能を搭載

TOP > Aruba 技術・特長(セキュリティ)

セキュリティ

万全の不正AP(アクセスポイント)対策

たとえ規定やセキュリティポリシーで禁止されていたとしても、不正なAPが設置される危険は避けることができません。Arubaシリーズでは、APを不正AP・干渉AP・正当APの3種類に自動分類できます。不正APは、「検知」「遮断」「分析(位置特定)」による万全の対策が可能です。

万全の不正AP(アクセスポイント)対策

ユーザ毎のアクセス権限やファイアウォール設定が可能

Arubaだけでユーザのアクセス権限の設定が可能です。このことによって高セキュリティを保ったまま、不特定多数のゲストに対してネットワークの限定利用をさせる様な柔軟な運用が可能となります。

ユーザーベースポリシーコントロール(例)図

ユーザベースポリシーコントロール(例)

各種認証方式の組み合わせが可能

複数の認証方式(MAC、VPN、Web認証、802.1x)を、無線・有線を問わず柔軟に組み合わせることができます。お客様のネットワーク・認証環境にあわせた柔軟で高セキュアな無線LAN環境を実現します。

各種認証方式の組み合わせ図

このページのトップへ