株式会社光通信様 スマートデバイス仮想化基盤 Remotiumの導入事例やシステム構築例を紹介|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズにお問い合わせください。

株式会社 日立ソリューションズ

仮想化基盤ソリューション Remotiumは、スマートデバイス仮想化基盤 Avast Virtual Mobile Platformに製品名が変わりました。
表記上、RemotiumとなっているところはAvast Virtual Mobile Platformとなります。

スマートデバイス仮想化基盤 Remotium 導入事例

株式会社光通信 様

個人のモバイル端末の業務利用の切り札として「Remotium」を導入。

法人向けのモバイル端末販売のトップ企業である光通信グループ。同社は、個人のモバイル端末の業務利用を進めていくための仕組みとして、端末内の情報漏洩のリスクを低減する製品、スマートデバイス仮想化基盤「Remotium」を導入しました。

課題

導入後

  • モバイル端末からの情報漏洩リスクをコントロールできず、モバイルで行える業務を制限せざるを得ない。

    端末内にデータを残さず、さまざまな業務がモバイルから行えるようになる。

  • MDMでモバイル端末を管理しているが、端末の種類の違い、端末間のOSのバージョンの違いなどによる管理の煩雑さがある。

    モバイル端末の機種やOSバージョンによらず、クライアント環境を一元管理でき、管理部門の負荷が低減される。

  • プライベート領域と業務領域を分離することが難しく、既存のMDMでは完全にコントロールできない。

    業務領域を完全に分離し、ユーザーのプライベート領域も影響を受けないようにコントロールできる。

従来からの課題

モバイル端末からの情報漏洩のリスクや端末管理の煩雑さという課題を抱える

高木 氏

株式会社光通信管理本部
情報システム部
部長 高本 浩之 氏

光通信グループは、法人向けに携帯電話をはじめ、スマートフォンやタブレットの販売を手がけています。

モバイルの自社利用という点では、営業員向けにモバイル端末を会社支給していますが、これに加え、支給対象でない部門でも、個人のモバイル端末の業務利用に取り組んでいます。その一方で、個人端末を利用した場合、情報漏洩の対策が難しいことから、業務範囲の拡大を思い切って進められないという課題がありました。

「ノートPCであればシンクライアントを導入する選択肢がありますが、タブレットで同様のことをやろうとすると、技術的には可能ではあるものの、まだまだ利便性という点で満足なソリューションがありませんでした。現在、個人所有の端末は、所有者の同意のもと、モバイルデバイス管理(MDM)を用いて約1,700台を会社の管理下に置いて業務に活用しています。しかし、プライベートと業務領域を明確に分け、業務領域だけを選択してコントロールすることが難しく、その意味からも、モバイルで行える業務はデータが残らない業務のみに制限せざるを得ない状況でした。
 また、端末をiOSのデバイスに限定しているのですが、それでも、OSのバージョンの違いや、機種間のバラつきなどによる端末管理の煩雑さという問題を抱えていました」(高本氏)

導入の経緯

プライベート領域と仮想化領域を分離でき、かつ、仮想化環境にあるアプリや設定は管理者が一元管理できる点が決め手

同社がRemotiumを知ったのは、2014年の夏頃でした。

「アメリカの本社に問い合わせたところ、日本では日立ソリューションズが代理店だということがわかり、日立ソリューションズにコンタクトを取りました。Remotiumは、プライベート領域と業務領域を分離でき、かつ、仮想化環境にあるアプリや設定は管理者が一元管理できます。情報管理、デバイス管理という点で私たちが抱える課題を解決するのに相応しいというのが、導入を決めた一番のポイントです。
 また、サーバ上に仮想スマートデバイスを構築し、それを手元のモバイル端末からリモートアクセスすることで、スマートデバイスをセキュアに業務利用するというソリューションは、今のところ、Remotiumくらいしかないと認識しています。今後は競合製品も出てくるのではないかと思いますが、Remotiumが市場を常にリードしていって欲しいと考えています」(高本氏)

導入時の取り組み

メールをはじめ、様々な業務アプリをRemotium上で検証

2014年12月より、スモールスタート。情報システム部門や管理部門を中心に、利用を開始しました。

「まずは、業務で使っているメールをRemotium上で問題なく使えるかを検証しながら、社内の情報共有用のポータルサイトをRemotium上で安全に閲覧できる「セキュアブラウザ」のような使い方を検討しています。その後、個別の業務アプリというふうに、少しずつ適用業務を増やしていきたいと考えています」(高本氏)

「現状、メールアプリについては、Remotiumに標準で備わるメールアプリの他にも、既存のAndroid向けメールアプリをいくつかインストールして、使い勝手などを確認しているところです。メールは業務におけるウェイトも大きく、使いやすさにこだわりたいという思いが強いのです」(山田氏)

導入の効果

業務利用するモバイル端末の管理が一元化され、様々な業務が仮想環境上で行えるように

Remotiumによって、端末の管理を一元化し、モバイル端末から、よりシビアな情報へ積極的にモバイルからアクセスできるよう、日立ソリューションズとともに環境を整備しています。

「理論的には、Remotiumのコンセプトは私たちが今、抱えている課題を解決するものだと思います。Remotiumによって、端末の管理が一元化され、よりシビアな情報へ積極的にモバイルからアクセスでき、あらゆる業務が仮想環境上で行える環境を整えていきたいと思っています。
 現状は、検証しながら利用しているという面があるため、私たちから日立ソリューションズに使い勝手などで気になった点を伝えることがあります。日立ソリューションズは、一次販売代理店としてメーカーとの繋がりが強いため、とても心強いです。私たちの意見を取りまとめて、海外のメーカー側に改善を働きかける役目として、情熱を持って製品を良くしていこうと取り組んでくれているため、私たちも大変満足しています。今後も、モバイル向けの仮想化ソリューションという市場成熟のために、ユーザーという立場から気づいた点を発信していきたいと考えています」(高本氏)

今後の展望

日立ソリューションズとともにさらにRemotiumをよいものにしていきたい

山田 氏

株式会社光通信管理本部
情報システム部
マネージャー 山田 豪 氏

今後は、個人端末1,700台のすべてを対象にRemotiumの導入を進め、その後は、グループ全体で管理する1万台の会社支給のモバイル端末も対象に拡大利用を進めていきたいと考えています。

「個人が企業で働くとき、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末は、ほぼ100%持つことになると思います。従業員が入社してきて、社員IDの代わりに、仮想化基盤のIDとしてこのRemotiumのアイコンが社員の証明となり、このアイコンをタップしてログインすれば、自分の業務に必要な情報が共有されて、必要な業務がこの基盤上で行える。そういう情報インフラになっていくというビジョンを描いています」(高本氏)

「現状、カレンダーによるスケジュール管理の機能は申し分ないと考えています。また、IP電話の機能がベータ版で公開されていますが、この機能を用いて、内線を利用し、外出先から企業内の固定回線を経由して電話をかけることができれば、個人の電話番号を使わずに発信することが可能になり、通信費の削減や個人所有のモバイル端末の業務利用がさらに進みやすくなると思います。IP電話機能の実装は早期に期待したいところです」(山田氏)

最後に、日立ソリューションズに対する期待についてもコメントをいただきました。

「Remotiumは、法人向けのモバイル端末の販売という事業分野に相乗効果をもたらすソリューションだと確信しています。また、私たちは、日々、販売するモバイル端末の付加価値を高める製品やソリューションを模索、開拓しています。特に法人向けのモバイル端末の販売において、付加価値の高いサービスとなりうるRemotiumを、今後は、日立ソリューションズと一緒に、さらによいものにしていきたいと思っています」(高本氏)

システム構成イメージ

システム構成イメージ

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

導入企業プロフィール

株式会社光通信

設立 1988(昭和63)年2月 株式会社光通信 ロゴ
従業員数 11,198名(グループ計/2014年3月末現在:アルバイト含む)
資本金 54,259百万円(2014年3月末現在)
所在地 東京都豊島区西池袋1-4-10光ウエストゲートビル
事業内容 移動体通信事業、OA機器販売事業、固定回線取次事業、法人向け携帯電話販売事業 他
URL http://www.hikari.co.jp
この事例に関するソリューション・商品

BYODに最適なスマートデバイス向け仮想化基盤により、情報漏洩リスクの軽減とデータの公私分離を実現します。

商品ジャンル:
情報セキュリティ
お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

掲載日:2015年5月26日

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

事例紹介

本事例の内容は公開当時のものです。本事例に関するご不明点・ご要望等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。