カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社様 スマートフォン向けECサイトアプリ 構築事例紹介|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズにお問い合わせください。

株式会社 日立ソリューションズ

スマートフォン向けECサイトアプリ 構築事例

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社様

TSUTAYAのスマートフォン向け電子書籍サービス「TSUTAYA.com eBOOKs」
会員・ポイント管理や決済システムと連携したサービスを実現

TSUTAYA恵比寿ガーデンプレイス店

スマートフォン、PCなどマルチ・デバイスでの展開を行う、TSUTAYAの電子書籍サービス「TSUTAYA.com eBOOKs」。
コミック、映画化作品、ベストセラーなど多数の品揃えに加え、独自コンテンツも配信している。本サービスをAndroid端末で利用するためのアプリケーションとサービスを実現するシステムを開発したのが日立ソリューションズだ。TSUTAYAの「マルチ・コンテンツ、マルチ・ユース、マルチ・デバイス」のネット・エンタテインメント事業を支える開発プロジェクトを紹介する。

端末の種類を問わず、どこからでもデジタル・コンテンツを利用する時代

2012年3月29日、出版社11社が、書籍のデジタル化を支援する新会社「出版デジタル機構」設立を発表した。電子書籍の本格的な普及に向け、5年後に100万点の電子コンテンツを流通させ、2,000億円の市場創出を目指す。

こうした出版界の動きに先駆け、2011年6月に電子書籍の市場に乗り出したのがカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社である。同社は、音楽・映像ソフトのレンタルや書籍販売店として日本最大手のTSUTAYAや、3,900万人の会員を擁する共通ポイントサービス、Tポイントなどの事業展開を進める。2011年10月には株式会社TSUTAYA.comを設立し、総合エンタテインメント企業としてネット・エンタテインメント・ビジネスにも力を入れている。

TSUTAYA.comの事業は、PC、タブレット、スマートフォンなど端末の種類を問わず、映像・音楽・書籍・ゲームなどのあらゆるコンテンツを、レンタル・配信・販売と、複数のルートで横断的に提供するのが特徴。そのサービスの一つが、書籍、コミック、雑誌など幅広く約30,000タイトル(2012月3月現在)を揃える電子書籍サービス「TSUTAYA.com eBOOKs」であり、2011年6月にAndroid端末向けサービスからスタートした。

このAndroid端末搭載のアプリケーション(以下、アプリ)とサービスを実現するためのシステムの開発を行ったのが日立ソリューションズである。

電子書籍の検索、購入、管理、閲覧機能を提供

三浦 一夫 氏
株式会社TSUTAYA.com
事業部 ITユニット
三浦 一夫 氏

スマートフォンアプリといえば、iPhoneならApp Store、Android端末ならGoogle Playからダウンロードするネイティブアプリを思い浮かべる人がほとんどだろう。しかし、開発現場では、操作性に優れたネイティブアプリか保守性に優れたWebアプリかはまず検討される部分である。
「電子書籍を提供するので、ビューワー機能が不可欠です。『TSUTAYA.com eBOOKs』アプリでは、スムーズなビューワー動作を重視し、ネイティブアプリとして作りました」と語るのは、株式会社TSUTAYA.com 事業部 ITユニットの三浦一夫氏だ。

「TSUTAYA.com eBOOKs」アプリは大きく分けると、書籍を検索・購入し、金額に応じてTポイントが付与されるECサイト、購入した本を管理する本棚、本を閲覧するビューワーの3つの機能からなる。ビューワーの操作性と3機能の円滑な連携を重視し、ネイティブアプリとして開発することを決定したが、一方で、ECサイト部分の保守性に懸念が残った。ECサイトでは、ランキング・お薦め情報の表示や検索、欲しい本リストの作成機能を提供している。ユーザーが本を探しやすくするこれらの機能は常にサービス向上を図るため、保守性の確保は重要だった。ネイティブアプリでは機能拡張のたびに、ユーザーがGoogle Playからアプリを再取得する必要があり、手間がかかる。そこで、アプリにWeb表示を可能にするWebViewを内蔵し、アプリからWebViewを通してサーバー側の情報を閲覧させることにした。こうして、サーバー側を更新するだけで、ユーザーは常に最新の機能をアプリで利用できるようにした。

「TSUTAYA.com eBOOKs」 画面イメージ
「TSUTAYA.com eBOOKs」 画面イメージ

購入した書籍を管理する本棚機能のユーザーインターフェースは、表紙を並べた本棚を模したもの。並べ替えやカテゴリー分類もできる。サムネール画像をタップするとビューワーが立ち上がり、オフラインでも読める仕組みだ。

スマートフォンからのアクセスが前提であれば、通信途断トラブルは想定できる。ユーザーの立場に立てば、購入した本が本棚から消えることはあってはならない。商品購入情報は端末側とサーバー側で必ず同期させる必要がある。そのため、開発段階では、途中で通信を切ってみるという負荷テストが繰り返された。

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

決済、ポイント、会員管理各機能で従来システムと連携

会員管理やポイント管理、決済機能など、電子書籍に特化しない機能に関しては、これまでTSUTAYAが展開してきた物販のECサイトやTポイントなどのサービスの機能を利用し、連携を図ることになった。当然ながらサービス毎に異なる会員管理の仕組みとも連携を図り、一人のユーザーがTSUTAYAのどのサービスを利用しているのか把握できるようにしなくてはならない。

例えば、「TSUTAYA.com eBOOKs」で電子書籍を購入するユーザーは、ログイン時にT-IDの入力を求められる。T-IDは統合会員管理の仕組みである。既にTSUTAYAのサービスを利用しているユーザーは会員照会が行われ、新規のユーザーはT-IDを取得する。いったん、T-IDでログインすれば、購入代金をTポイントで支払うこともできるし、金額に応じたポイントを得ることもできる。
「当社はさまざまなサービスを提供しており、それぞれに会員管理のシステムがあります。ユーザーがログインする際に各システムへ照合にいくわけですが、すべてがAndroid対応しているわけではないため、会員管理の動線は必ずしも『TSUTAYA.com eBOOKs』アプリ内で閉じることができず、かなり複雑なものになりました。ユーザーによっては、アプリから別のID管理のWebブラウザを立ち上げる必要があり、そこから電子書籍を購入するために『TSUTAYA.com eBOOKs』アプリに戻ってくるといった画面遷移の誘導については、私たちにも知見がありませんでした。ポイント管理システムや会員管理システムの開発経験が豊富な日立ソリューションズの存在は心強かったですね」と三浦氏は振り返る。

画面遷移も含め、コンシューマー向けサービスで重要となる見た目や操作性を早い段階で確認してもらうため、日立ソリューションズでは、開発から1カ月でプロトタイプを作り上げた。それを三浦氏のスマートフォンにダウンロードしてもらい、実際に操作をしながら、動作や画面遷移などのテストを行った。
「スマートフォン活用のB to Cビジネスを実現する盤石のシステムを構築してもらったおかげで、私たちも安心してネット・エンタテインメント・ビジネスに乗り出すことができました」と三浦氏は言う。

 Android端末向けからスタートした「TSUTAYA.com eBOOKs」は、2012年1月にPC向けの配信を、4月にはiPadやiPhoneに対応した配信を開始している。「"マルチ・コンテンツ、マルチ・ユース、マルチ・デバイス"をキーワードに、エンタテインメント分野の電子書籍市場をリードしていきたい」と、三浦氏はネット・エンタテインメント企業としての抱負を語っている。

「TSUTAYA.com eBOOKs」システム連携イメージ

(出典:Hitachi Solutions Review vol.4 P.17-18)

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社様 プロフィール

事業

音楽・映像ソフトのレンタルや書籍販売として日本最大手のTSUTAYAや、3,900万人の会員を擁する共通ポイントサービス・Tポイントなどの事業を展開する企画会社。オンラインビジネスにも熱心で、ネット利用のエンタテインメント事業を統括する企業として株式会社TSUTAYA.comがある。同社は2011年6月から電子書籍サイトTSUTAYA.com eBOOKsを開始している。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 ロゴ
TSUTAYA.com eBOOKs URL http://tsutaya.com/ebooks/pc/
お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

最終更新日:2012年6月1日

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

事例紹介

ピックアップキーワード

本事例の内容は公開当時のものです。本事例に関するご不明点・ご要望等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。