第5回 ライフラインの分析2 職人タイプ|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

田中ウルヴェ京の ワンランク上のビジネスパーソンを目指して 人生を自分でコントロールする! キャリアプランニング講座

メンタルトレーナー/田中ウルヴェ京

第4回目では、実際のライフラインを紹介し、「地位・立場」「収入」という価値観を重視する「社会的成功を求めるタイプ」について、解説しました。この価値観にあてはまった人は、ぜひ今後のキャリアプランニングの参考にしてみてください。ライフライン分析・第2回目の今回は、「専門性」と「創造」という価値観を重視する「職人タイプ」について、解説します。

第5回 ライフラインの分析5 職人タイプ

123
図:ライフライン

自分の専門性を高め続けていきたい、人からの評価に左右されず、自分の納得いく仕事を追求したいというタイプがいます。この人のライフラインを見ると、1人で好きなことができれば幸せで、好きなことを阻害されたり、あまり好きではないことでプレッシャーを与えられると、つらく感じているようです。

このタイプは、10の価値観のうち「専門性」と「創造」が高くなる傾向にあるでしょうか。

図:10種類の価値観

創作活動を生業とする人はもちろん、会社員にもこういう「職人」タイプは存在します。たとえば、ファイルの整理整頓がとても上手な人がいますよね。ファイルの色の選択があか抜けていて、どうしてこんなにキレイにラベルが貼れるんだろう、という仕事をしてくれる人。それはそれですばらしいと思いますが、近年の成果主義・能力主義的な社会風潮の中では、少しやりにくさを感じているかもしれません。

次のページへ
123

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。