第十四話 ロードバランサも仮想化する時代!? アクセス集中もこれで安心!!の巻|ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!|日立ソリューションズ

株式会社 日立ソリューションズ

ITのお悩みをソリュッと解決! 特命課ソリュートくんがいく! 第十四話 ロードバランサも仮想化する時代!? アクセス集中もこれで安心!!の巻

プロローグ&登場人物紹介

都内某所にある日立ソリューションズのビルの一室に古くから存在しているが誰にも知られていない特命課が存在する。ソリュートくんのアンテナにキャッチされる様々なITのお悩みを特命課社員、甲斐結子とソリュートくんの二人で解決していく

甲斐結子(かいゆいこ)

ソリュートくん

山場さんと谷鴨さん

  • 1コマ
  • 2コマ
  • 3コマ
  • 4コマ

サーバだけでなくロードバランサも仮想化! Array vAPV

エンタープライズ企業のITインフラや、サービスプロバイダにおいては、急激にサーバの仮想化が進みつつあります。大量のリクエストをさばく大規模なWebサイトやクラウドサービスでは、負荷分散を行う仕組みが必須です。

これまで、物理サーバ/ネットワークでは、ロードバランサやアプリケーション・デリバリ・コントローラがその役割を担ってきましたが、仮想環境に物理的なアプライアンス機器を組み込むことは難しかったり、仮想化のメリットを減じてしまいます。

日立ソリューションズは、このような仮想環境にも対応できる、Array Networksの仮想アプリケーション・デリバリ・コントローラ「Array vAPV」をご提供。仮想環境における負荷分散の課題を解決します。

サーバは仮想化したのに…

運用の効率化、ハードウェア資産の削減、BCP対策などでメリットの多いサーバ仮想化。

特に大量の物理サーバを運用してきた、エンタープライズ企業や、クラウドサービスを提供するサービスプロバイダでは仮想化によるメリットは大きく、導入が加速しています。

これらのサーバで稼働するサービスは、元々トラフィック量も多いため、ロードバランサなどの負荷分散システムが使われていることが多いのですが、これまでのロードバランサは物理的なアプライアンス機器が一般的で、仮想環境に適したものとは言えませんでした。

ロードバランサも仮想化

仮想環境を有効活用しよう!

仮想環境には、やはり仮想化されたロードバランサが最適です。

そのニーズに応えるのが、Array Networksの仮想アプリケーション・デリバリ・コントローラ「Array vAPV」です。定評のあるハードウェアアプライアンス Array APVシリーズの機能をそのままソフトウェア化※1。仮想マシン上で稼働し、高スループットで負荷分散や各種サービスのアクセラレーションを実現できます。

対応ハイパーバイザーもVMware vSphere Hypervisor、Citrix Xen、Microsoft Hyper-V、KVMなど、代表的なものを網羅しています。またソフトウェアをインストールすることで導入できるため、短期間で利用を開始することが可能です。

※1:ファストフェイルオーバー(FFO)など一部機能はご利用いただけません。

次のページ
【5分でチェック!!】仮想ロードバランサ導入時に気を付けたい3つのポイントとは?
  • 1
  • 2

ArrayAPVシリーズ

FArrayシリーズ

ArrayAPVシリーズはSSLアクセラレータとサーバーロードバランスを統合し、高セキュリティ&ハイパフォーマンスを両立。 更に、多くの負荷分散方式をサポートしているのみならず、キャッシュ機能、コンテンツ圧縮機能、マルチホーミング、IPv4/IPv6対応など多彩な機能を搭載し、今後のネットワーク環境の変化への対応と高い信頼性、管理・運用コスト低減を実現します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

ご購入前の商品に関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

特命課ソリュートくんがいく!

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。