第十七話 ファイル共有でビジネスチャンスが広がる!?ファイルサーバこそ有効活用する時代!の巻|ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!|日立ソリューションズ

株式会社 日立ソリューションズ

ITのお悩みをソリュッと解決! 特命課ソリュートくんがいく! 第十七話 ファイル共有でビジネスチャンスが広がる!?ファイルサーバこそ有効活用する時代!の巻

※この記事はcnet japan 2016年9月掲載の編集記事を転載したものです。

プロローグ&登場人物紹介

都内某所にある日立ソリューションズのビルの一室に古くから存在しているが誰にも知られていない特命課が存在する。ソリュートくんのアンテナにキャッチされる様々なITのお悩みを特命課社員、甲斐結子とソリュートくんの二人で解決していく

甲斐結子(かいゆいこ)

ソリュートくん

山場さんと谷鴨さん

  • 1コマ
  • 2コマ
  • 3コマ
  • 4コマ

ファイルサーバの中身、実は宝の山!?

管理者にとってファイルサーバの管理とは、常に空き容量との戦いといっても過言ではないでしょう。ファイルサーバはユーザから見るとファイルの倉庫になりがちで、ユーザ自身が保存したことを忘れているファイルもたくさんあります。

しかし、考えようによると、ファイルサーバは宝の山とも言えるでしょう。過去のドキュメントファイルをうまく再利用すれば、ドキュメント作成の生産性は確実に上がります。そのためには、今再利用に必要なファイルがどれなのか短時間で見つけられることが大切です。

日立ソリューションズの「活文 File Server Optimizer」はそんなニーズに応える、ファイルサーバの「見える化・スリム化・活性化」ツールです。必要なファイルを素早く見つけ出し、逆に不要なファイルも見つけて整理するための情報を提供することで、ファイルサーバの効率的な活用を支援します。

ドキュメントの再利用で、生産性をアップ!

私が欲しいファイルはどれ!?

企画書、提案書、見積書など、ビジネスに使うドキュメントの作成はデスクワークの大半を占めています。しかし、文学作品と異なり、高いオリジナリティが求められるものではありません。つまり、過去に作ったものを再利用して新しいドキュメントを作れば、ゼロから作るより時間短縮ができます。さらに、提案書づくりが上手い人のドキュメントをベースに作れば、クオリティの高い提案書が作れるようになり、受注率のアップが期待できます。

しかし、問題なのは、その再利用に適したファイルをどうやって見つけ出すかです。自分のPCにあればまだしも、サーバに入っているファイルは膨大で、どこから探せば良いのか…。

素早く必要なファイルを見つけ出す、活文 File Server Optimizer

これはわかりやすいなぁ

そんな課題を解決するのが活文 File Server Optimizer。サーバ内のファイルをファイル名や、ファイルの所有者などによって分類して見つけやすくすることができるようになります。欲しいと思ったあの見積書や、受注が取れるあの人が作った提案書などもどこにあるのか一目瞭然。すぐに見つけ出して活用することができます。

「サーバ内のファイルの分類」によって、ドキュメントの「リユース」が実現できるのです。

次のページ
ファイルサーバの価値をあげるファイル活用とは?活文でファイル活用を実現する3つのポイント
  • 1
  • 2

活文 File Server Optimizer

Fan-Life Platform

「活文 File Server Optimizer」は、利用状況を「見える化」し、把握・分析することで、無理なく「スリム化」を実現。ファイルサーバの容量の最適化を支援します。
さらに、効率的に情報を探し出し、日々のファイルサーバ利用の「活性化」や、アクセス権の「適正化」、機密ファイルの「暗号化」も実現します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

ご購入前の商品に関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

特命課ソリュートくんがいく!

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。