第三話 セキュリティ対策は大丈夫!?「出口対策」を施した次世代型ファイアウォールで一気に解決!の巻|ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!|日立ソリューションズ

株式会社 日立ソリューションズ

ITのお悩みをソリュッと解決! 特命課ソリュートくんがいく! 「セキュリティ対策は大丈夫!?「出口対策」を施した次世代型ファイアウォールで一気に解決!」の巻

プロローグ&登場人物紹介

都内某所にある日立ソリューションズのビルの一室に古くからは存在しているが誰にも知られていない特命課が存在する。ソリュートくんのアンテナにキャッチされる様々なITのお悩みを特命課社員、甲斐結子とソリュートくんの二人で解決していく

甲斐結子(かいゆいこ)

ソリュートくん

諸井桃(もろいもも)

  • 1コマ
  • 2コマ
  • 3コマ
  • 4コマ

企業ネットワークやネットワークサービスプロバイダー等のネットワークインフラには欠かせないファイアウォール。

ネットワークのトラフィックは年々増加の一途を辿り、「内」と「外」のネットワークをつなぐファイアウォールにはますます高いパフォーマンスが必要となってきています。その上、近年では標的型攻撃対策やアプリケーション識別など、セキュリティ面でもこれまで以上の機能・性能が求められています。

日立ソリューションズは優れたパフォーマンスとセキュリティ機能を融合した次世代ファイアウォール製品 Juniper SRXシリーズを通して、企業活動を支えるネットワークインフラを、安心して利用できる環境を提供しています。

従来のファイアウォールでは守りきれない標的型攻撃

顧客情報を「個」の情報にしているイメージ

ネットワークの技術は「秒進分歩」と言えるぐらい日々進歩し続けており、その上で展開されるサービスも多様化、そして高度化が進んでいます。その一方で、ネットワークを通してつながることによるセキュリティリスクも多様化しています。

例えば、最近増え続けている標的型攻撃。その一般的な手段は、一見、業務メールを装ったメールに、不正プログラムを埋め込んだファイルを添付して送付。ユーザーがそれに気付かずファイルを開くと、不正プログラムが動き出してパソコン上のデータを外部に漏洩させてしまいます。少し前のファイアウォール等では、このような内部からの脅威には対応していないため、情報漏えいなどのセキュリティ問題を引き起こす恐れがあります。

このようなセキュリティリスクから企業を守るためには、いわゆる「出口対策」を施した次世代型ファイアウォールによる対策が欠かせません。

多層的なセキュリティ機能で企業のセキュリティを守る

メンバーで共有イメージ

もちろんファイアウォールは「外」からの脅威から「内」を守る「防火壁」としての役割もこれまで以上に重要です。DoS/DDoS攻撃に対する防御はもちろんのこと、侵入防御システム(IPS)も、ネットサービスが多様化する中で、さまざまなトラフィックから不正なものと、そうでないものを高精度で見極める性能が必要となってきています。

Juniper NetworksのSRXシリーズ(以下 Juniper SRX)は従来のNetScreen、SSGで培ったScreenOSのファイアウォール機能に加え、IPS機能による高度のトラフィック識別、そして、アプリケーションレベルでトラフィックを認識し、制御可能なAppSecureといった多層的なセキュリティ機能で、しっかりと企業のセキュリティを守ります。

次のページ
Juniper Networks SRX 導入のメリットと事例のご紹介
  • 1
  • 2

Juniper Networks SRXシリーズ

Juniper Networks SRXシリーズは、ブランチオフィスなどの小規模拠点から本社やデータセンタなどの大規模拠点まで幅広い規模を対象にネットワークに不可欠なルーティング機能、セキュリティ機能、管理機能を提供します。

SRX シリーズ キャリアネットワークで培った実績のあるルーティング技術にセキュリティ技術を統合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ

ご購入前の商品に関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

特命課ソリュートくんがいく!

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。