久瑠あさ美のメンタルトレーニング講座|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

株式会社 日立ソリューションズ

久瑠あさ美のメンタルトレーニング講座 第4回 相手とビジョンを共有する ~真のリーダーシップを発揮するために~ 久瑠あさ美のメンタルトレーニング講座 第3回 勝負に打ち勝つメンタル ~メンタルの持ち方が人生の勝負を分ける~

第4回のテーマは、相手とビジョンを共有することについてです。部下や従業員などとビジョンを共有することは、相手とのよりよい信頼関係を築き、真のリーダーシップを発揮するためにとても重要です。そこで、相手とのビジョンを共有するためにはどのようなメンタルが必要なのかについて、詳しく解説します。

「YES」or「NO」で答えるだけ!簡単に自分のメンタルタイプがわかる!生き様診断テスト 「YES」or「NO」で答えるだけ!簡単に自分のメンタルタイプがわかる!生き様診断テスト

自分の感情を実況中継する 潜在意識の力が勝負を決める

私がメンタルトレーニングを行っている方の中には、管理職や企業経営者といった、リーダーシップが重要になる立場の方が数多くいらっしゃいます。普段、先頭に立って組織を率いている人でも、組織をうまくまとめられないというネガティブな感情に苦しめられることは多々あるものです。感情は常に揺れ動くものですから、揺れ動くこと自体は問題ありません。しかし、感情の波にのみ込まれて自分を見失い、コントロールできなければ、多くの大切なものを失ってしまいます。

思うように動いてくれない部下に対して、腹が立ったり、がっかりしたり、あるいは傷つく人もいるでしょう。そんな時に感情のまま攻撃したり、逃げたりすると、信頼関係は崩れてしまいます。かといって、無理に自分の感情を抑え込もうとしてしまうのは逆効果。感情は抑えようとすればするほど出てくるものですから、抑えようとせずに受け入れるようにしましょう。そのためには、「心の次元」を上げることが必要です。「心の次元」を上げていくと自分を客観的に見ることができ、感情を上手にコントロールできるようになるのです。では、心の次元を上げるには、どうしたらいいか。有効なトレーニングの一つが、自分の状態を自分で実況中継する方法です。

例えば、プロゴルファーのクライアントに対して、私は自分の気持ちの動きを心の中で実況中継しながら18ホールを回るようにアドバイスしています。ゴルフはメンタルのスポーツといわれるほど、心理状態がスコアに大きな影響を及ぼします。ミスが重なれば、どんなに冷静なプロでさえ、頭に血がのぼった状態になります。重要な局面でミスをした時、「◯◯選手、ピンチです。ここでどんなリカバリーを見せてくれるのでしょう」というように、人ごとのように心の中で中継してみましょう。

マインドビューポイントを引き上げる 勝利のアイデンティティーを持つ

自分の状態を自ら実況中継すると、常に自分が置かれている状況を客観視できます。目に見えない感情を意識し、捉え直すと、自分の様々な感情の動きのパターンを知ることができます。そして心を捉えている感情が本当に深刻な問題なのか、解決策が何もないのか、あるいは他の見方をしたらどうなるのかといった冷静な判断が下せるようになるのです。

これはビジネスの場面でも同様で、状況を客観視できれば、感情を頭ごなしに相手にぶつけることはなくなるはずです。加えて、部下や従業員が抱えている問題点に気づき、フォローしたり、冷静にアドバイスしたりすることもできます。

私はこうした心の次元を「マインドビューポイント」と呼んでいます。このマインドビューポイントをさらに上げていくと、社会の中で自分をどのように生かせばよいのか、また機能させればよいのかといった責任や使命について考えるようになります。そして、夢や目標の意味付けも変わり、より強い気持ちで自分の未来を描きながら挑戦できるようになり、その結果、夢や目標を実現することが、そのまま社会への貢献にもつながるのです。リーダーシップを求めるクライアントの方にお伝えするのも、まさにこのこと。マインドビューポイントを上げると、人との関わりや絆を生み出し、本質的に物事を変えていく、本当の意味でのリーダーシップを発揮できるのです。

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。