平成の世にサムライを探して|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

平成の世にサムライを探して 

【平成の世にサムライを探して】第129回 甲冑師 加藤鞆美「「世界で一番美しい武具」を後世に残すために」

平安時代から戦国時代、江戸時代に至るまで、武士の心意気を表していたのが甲冑だ。現在は五月人形として飾られることが多いが、現存する甲冑を再現することも甲冑職人の仕事だ。英雄たちの甲冑を数多く再現してきた江戸甲冑師の加藤鞆美氏に、その魅力を聞いた。
■これまでのサムライ

【平成の世にサムライを探して】第128回 漆芸家 室瀬和美「太古から伝わる素材と技法が生み出す美」

【平成の世にサムライを探して】第127回 東京すしアカデミー株式会社 代表取締役社長 福江誠「2ヶ月間で寿司職人を養成するーー正統派の寿司の伝統を守るための果敢な挑戦」

【平成の世にサムライを探して】第126回 石坂産業株式会社 代表取締役社長 石坂典子「闘争から和解へと至る13年間の熱い日々」

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。