CHAPTER5 この機会に聞いておきたい! 読書に関するQ&A|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

読書習慣は、できる大人の基本! 仕事に役立つ読書術!

123456

CHAPTER 5 この機会に聞いておきたい! 読書に関するQ&A

このページでは、読書に関する素朴な疑問を、読者代表のタカハシから斎藤先生に伺います。

Q1
読書の途中で飽きてしまっても、最後まで読み通した方がいいのでしょうか?
A
答えはノー。最初の10ページ、20ページを読んでみてもイマイチ頭に入ってこない本は、さっさと止めて次の本にうつりましょう。本が駄本であるか、あるいは機が熟していないということです。
Q2
書店のポップで目立たせている本は、本当にオススメのもの?
A
本当に店員のオススメである場合もありますし、そうではない場合もあります。個人の好みもありますので、やはり買う前に立ち読みして目利きすることが大切です。
Q3
ネットショップと書店はどう使い分けていますか?
それぞれの利点は?
A
基本的に、ほしい本が決まっていてすぐ買いたいときはネットショップ、立ち読みしてから買いたいときは書店です。
ネットショップは、中古の本が買えるのも利点。私の場合、毎日、メールチェックのついでにamazonにアクセスして、気になっていた本が安ければ注文しておきます。さらに週に1度は書店にも行きます。本を直接見て、情報を仕入れることができるのが書店の魅力。大きな書店にはランキングもあり、最近の売れ筋などをチェックすることもできます。
Q4
読書メモはとった方がいいですか?
A
とった方がいいという意見もあるかもしれませんが、私はオススメしません。メモするのは面倒ですし、労力を使います。メモをとることで読書がおっくうになってしまったら元も子もありません。
大事な内容は、メモしなくても必ず頭に残ります。メモしないと覚えられないような知識はムダな知識。どんどん忘れてOKです。

Vol4 悩みに効く!  先生のオススメ本 「成長を加速させたいとき」に読む本

本田直之『レバレッジ勉強法』、『レバレッジ人脈術』などのレバレッジ・シリーズ
外部サイト
本田直之『レバレッジ勉強法』、『レバレッジ人脈術』などのレバレッジ・シリーズ
最短距離で最大限のリターンを得る技術を解説したシリーズ。本田氏の生き方や姿勢から学べることもいっぱい。

ずっと疑問に思っていたことが解決して、すっきりしました。次のページでは、読書習慣を続けて、仕事や実生活に活かしていくためにはどうしたらいいか、アドバイスをいただきます。

teacher
斎藤広達先生写真
斎藤広達先生
Koutatsu Saitou
プロフィール
1968年東京生まれ。慶應義塾大学を卒業後、エッソ石油(現エクソンモービルマーケティング)に入社し、主にマーケティング関連の業務に従事。シカゴ大学経営大学院修士(MBA)取得後、ボストン・コンサルティング・グループ、シティバンク、ローランドベルガーを経て、現在は(株)シカゴコンサルティングの代表取締役。
著書に、『ビジネス力養成講座』(飛鳥新社)、『MBA仕事術』(日経BP社)、『サンクコスト時間術』(PHP新書)など。「ベストセラーBOOK TV」(BS11、毎週金曜日20時~)にも出演中。
斎藤広達オフィシャルサイト
ベストセラーBOOK TV
student
タカハシ写真
「生徒のタカハシです。読書はなるべくしたいと思っていますが、仕事が忙しいとまったく読めないことも。今日は、効率的な読書方法や、先生のオススメ本などを伺いたいと思っています」

前のページへ123456次のページへ

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。