CHAPTER 1 自分の方向音痴度を自覚しよう|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

できるビジネスパーソンは迷わない! スムーズに目的地に着く方法

123456

営業先や、飲み会の会場など、初めての場所を訪ねる機会が多いビジネスパーソン。ちゃんと地図を持って行っても迷ってしまうという人は多いのでは? 一方で、あまり目印のない場所でもスムーズに目的地にたどり着ける人もいます。道に迷いやすい人と、迷いにくい人の間には、何か違いがあるのでしょうか? 今回は、成城大学で「認知科学」の観点から方向音痴の研究をなさっている新垣紀子先生に、人が道に迷ってしまう原因や、迷いにくい人の特徴などを伺い、方向音痴を克服する方法を探ってみました。

CHAPTER 1 自分の方向音痴度を自覚しよう

初めての場所に行くのが苦手な人や、すぐに迷ってしまう人は、決して珍しくありません。自分自身のことを「方向音痴」と感じている人は、どのくらいいるのでしょうか? 20代のビジネスパーソンを対象にアンケートをとり、その割合を調べてみました。

あなたは、方向音痴ですか?

いいえ:61% はい:39%

結果は、「はい」と答えた人が39%、「いいえ」と答えた人が61%。半数とまではいかないまでも、ほぼ4割の人(5人に2人くらいの人)が、自分のことを方向音痴と自覚していることになります。

こんなことありませんか? 方向音痴失敗談

新しいところに行く際にはほとんど迷うので、就職活動の際は会社にたどり着くのに大変な思いをしたことが何度もある。(27歳・女性)

車を運転しているときには、地図を持っていても道に迷う。迷ったことにも気付かずに延々と走り続け、3時間さまよったことがある。ガソリンの無駄だった……。(23歳・女性)

地図と実際の場所が合わせられない。(26歳・女性)

家族と車で買い物に行った際、車をとめてトイレに寄ったら、どこに車がとまっているのか分からなくなって迷ったことがある。(21歳・女性)

友達の家の中で遭難した。トイレを借り、友達の部屋に戻ったつもりが、おばあちゃんの部屋に入ってしまった。(25歳・女性)

初めて行った場所から自力で帰ろうとして、道を間違えて3時間さまよった。(22歳・女性)

裏道を使って渋滞を回避しようとしたところ、1時間後に元の場所に戻った。(31歳・男性)

いつも通る道を間違えてしまった。(25歳・男性)

方向音痴って、どんな人?

自分のことを方向音痴だと思っている人は多いようですが、実際のところ、方向音痴とはどんな人のことを指すのでしょう。自分が方向音痴かどうかを知るための明確な基準はあるのでしょうか。
「方向感覚や街の情報を記憶する能力をテストする実験や、測定法はいろいろと提案されていますが、まだ確立した基準のようなものはありません。一般的には、情報があっても道に迷ってしまう人や、自分が迷いやすいという自覚がある人が方向音痴と呼ばれています」(新垣先生)
方向音痴はあくまで一般的な概念なので、方向音痴の人とそうでない人をはっきり区別することはできませんが、実際によく道に迷って困った経験があり、上の失敗談を読んで「あるある……」と感じた人は、方向音痴と言えるのかもしれません。

方向音痴で悩んでいる人は私だけじゃないと分かって、少し安心しました。 次のページからは、道に迷いやすい人と、道に迷いにくい人の違いを教えていただきます!

アンケート出典
COBS ONLINE会員調査(ウェブ ログイン式)
有効回答数:500 名
期間:2010年8月19日~8月23日

teacher
新垣紀子先生写真
新垣紀子先生
Shingaki noriko
プロフィール
成城大学 社会イノベーション学部 心理社会学科教授
1965年大阪生まれ。90年大阪大学大学院基礎工学研究科博士前期課程修了。NTT研究所を経て、05年より成城大学社会イノベーション学部助教授。08年より現職。博士(情報科学)。日常生活における人の問題解決、ナビゲーションの認知過程の研究に従事している。著作に『方向オンチの科学 迷いやすい人・迷いにくい人はどこが違う?』(共著・講談社)がある。
新垣先生HP:
http://www.qomo.org/
student
タカハシ写真
「生徒のタカハシです。かなりの方向音痴で、初めて行く場所では必ず迷ってしまうのが悩み。先生のお話をヒントに、少しでも方向音痴を改善できたらいいなと思ってます」

123456次のページへ

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。