CHAPTER 1 ビジネスパーソン500人に質問!「なぜ勉強に挫折してしまうと思いますか?」|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

忙しいビジネスマンへ!絶対に挫折しない!和田式オトナの勉強術

123456789

前編中編後編

和田 秀樹(わだ ひでき)先生 Hideki Wada

和田 秀樹(わだ ひでき)先生 Hideki Wada

1960年大阪生まれ。1985年東京大学医学部卒。その後、東京大学精神神経科助手、アメリカ・カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在は精神科医、国際医療福祉大学大学院教授、一橋大学経済学部非常勤講師、緑鐡受験指導ゼミナール代表、和田秀樹こころと体のクリニック院長。『和田式 勉強のやる気をつくる本―やれない自分を変えるちょっとしたアイデア75』、『「忙しい」「時間がない」をやめる9つの習慣』、『"捨てる"勉強法』など、勉強法に関する著書を多数執筆している。

業務上必要な資格や知識だけでなく、最近は英語を社内公用語として採用する企業が登場するなど、ビジネスパーソンとしての競争社会を生き抜くために、「勉強」は必須となりました。それは分かっていても、「何から始めればよいのか分からず、結局何もできなかった」「モチベーションが続かず、途中で勉強をやめてしまった」という経験はありませんか?

今回は、ビジネス能力を高めていくために必要な「勉強」について、その方法と続けるためのコツを、『「忙しい」「時間がない」をやめる9つの習慣』の著者であり精神科医でもある、和田秀樹氏に教えていただきます。

CHAPTER 1  ビジネスパーソン500人に質問!「なぜ勉強に挫折してしまうと思いますか?」

まず、和田式勉強法を学ぶ前に、20代後半~30代 のビジネスパーソンが、「勉強」についてどのような悩みをもっているかを浮き彫りにすべく、男女500名を対象にアンケート調査を行いました。

これまでの勉強経験について

Q1 あなたは、社会人になってから「勉強」をしたいと思った経験がありますか?Q2 社会人になってから取り組んだ「勉強」の目的は?(複数回答可)

Q3 いま、自分に必要だと思う“勉強”は何ですか?

・TOEIC900点取るための勉強(29歳/男性/商社・卸)

・社会情勢など常識的なこと(24歳/女性/その他)

・業務の効率化や仕事上で必要な知識を身に付けたい(34歳/男性/運輸・倉庫)

・資格取得。また、自分の知識を高め、世の中のことを広く知ること(28/女性/金融・証券)

・福祉の専門職を目指すために介護福祉士と社会福祉士の資格を取得すること(30歳/女性/医療・福祉)

・法律・会計知識・英会話(28歳/男性/金属・鉄鋼・化学)

約7割の人が「勉強をしたい」と考えていることが判明し、ビジネスマンの多くが勉強することについて高い意欲を持っていることが分かりました。
過去の勉強経験を問うと、勉強の内容は「資格取得」「検定」「TOEIC」など最終的な目標が明白であるものが多かったものの、一方で今の自分に必要な"勉強"を具体的に聞いてみると「社会情勢」「必要な知識」など内容が明確に定まっていない人が散見されました。

勉強を挫折してしまう理由について

Q4 勉強したいとは思うが、実際にスタートできない人は、どのような理由でスタートできないのか教えてください。

Q5 社会人になってからの“勉強”で挫折した経験がある方は、 どのような理由で挫折したのか具体的に教えてください。

・絶対に必要な資格でもないので、うまくいかないと楽な方に流されてしまう(28歳/女性/食品・飲料)

・勉強時間と息抜きの時間のバランス。勉強時間を作りだすのも難しく、プライベートの時間を勉強だけに充てるとストレスがたまりまくるから(33歳/女性/商社・卸)

・国家試験の勉強で、独学で勉強しても合格できないと焦り始めて、にどうしたらよいか分からなくなり挫折しました(31歳/女性/食品・飲料)

・終わりがないので(39歳/男性/小売店)

・高いモチベーションがなかったため、他の娯楽に誘惑された(25歳/男性/土木・建設)

上記アンケートの結果から、多くの方が「社会人の勉強」にとって最大の敵は時間の制約が大きいと考えていることが分かりました。しかし、一方で個別の回答を見ていくと「気持ちが続かない」「どうしたらよいか分からない」など、潜在的には様々な原因があることも判明しました。
そもそも仕事と勉強の両立を継続すること自体が難しく、それに伴いモチベーションも下がり、結局続かない……自分も当てはまると考える方も多いのではないでしょうか。

それぞれの対処法として和田先生にアドバイスをもらう形で「和田式勉強法」を伝授して頂きます。Chapter2から通しで読んでいただいてもいいですし、上記パターンを参考に、ご自身が苦手とする分野から読むのも良いですね。また、当該の勉強術が自分の成長や知識習得のために役立つ【自己啓発向け】なのか、とにかく試験に受かるために行う【試験勉強向け】なのかも明示しました。仕事をしながら勉強を継続するためのコツを学んでいきましょう。

まずは、スタートダッシュを成功させるための「目標設定の立て方」をレクチャーします!

アンケート出典
マイナビニュース会員調査(ウェブ ログイン式)
有効回答数:500名
調査期間:2013年5月16日~5月25日

123456789次のページへ

公開日:2013年6月17日
オトナのたしなみ-実践編- トップ

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。