Chapter1 IoTとは? - ビジネスパーソンのIoTに関する理解度を調査|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

IoTがビジネス環境を変革する? IoTによる産業革命に乗り遅れないため、ビジネスパーソンが今すべきこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

123456789

前編中編後編

監修者

小泉 耕二氏

小泉 耕二氏

IoTNEWS 代表。

IoTビジネスに関する戦略コンサルタント。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)、Cap gemini Ernst & Young(現クニエ)、テックファーム株式会社を経て、2005年より株式会社アールジーン代表取締役。 フィーチャーフォンの登場以来、15年以上リアルとバーチャルの作り出す世界について研究し続けている。著書に『2時間でわかる 図解IoTビジネス入門』などがある。

Chapter1 人工知能(AI)に対するビジネスパーソンの期待と不安の現状

パソコン、スマートフォンの普及により"インターネット"は私たちの生活に欠かせないインフラとなりました。今後は、パソコンやスマートフォンに依らず、身の回りの様々なモノがインターネットにつながることが予測されています。 この「IoT」の発展は、ビジネスシーンにどのような変革をもたらすでしょうか。

ひょっとしたら「自分の労働環境はIoTとは関係ないから」とお思いの方もいるかも知れませんが、それは大きな誤解です。 IoTによる変革は全ての人に関係することで、社会全体に影響が及びます。モノづくりの方法から、サービスの提供の仕方、資金や人材の調達の仕方までが、いま世界規模で変わろうとしています。 自らのビジネスに取り込んで成功する方もいれば、IoTにより働き方の変化を余儀なくされる方もいるでしょう。

本特集では、そんなIoTとビジネスの関わりについて、わかりやすく解説していきたいと思います。 最新の傾向を知り、ビジネスに取り込もう、働き方を変えようという人にはもちろん、「IoTがどんなものか分からない」という人にも、本特集が参考になるでしょう。

まずは、ビジネスパーソンのIoTに関する理解度をアンケートで解き明かします。

Q1 あなたは「IoT」の正式名称をご存知ですか?また、その意味を正しく理解していますか?
アンケートの結果を見ると、8割の人が「IoT」の存在を知っているようでした。しかし、「他の人に説明できる」と答えた人は全体の2割に満たない結果でした。 なお次のアンケート結果を併せて考慮すると、一般的なビジネスパーソンのIoTに関する理解度が把握できます。
Q2 あなたは「IoT」が、あなたや会社のビジネスに変化をもたらすと思いますか?
「大きく変える」「少し変える」と回答した人を合わせると全体の6割に達します。つまりIoTを詳しく説明することはできないけれど、自らのビジネスにも今後何らかの影響を及ぼしそうだ、と考えている人が多い現状がうかがえます。

IoTとはInternet of Thingsの略で、"モノのインターネット"などと訳されます。その意味は、ありとあらゆるモノがインターネットとつながる、ということです。では実際、どんなモノがインターネットにつながれば新しいビジネスにつながるのでしょうか。
Q3 将来、身の回りにあるどんなものがIoT化すれば、新たなビジネスが生まれると思いますか?
アンケートの結果、7割を超える人が「家電製品」を挙げ、また過半数を超える人が「乗用車」を挙げています。インターネットにつながるメリットがイメージしやすいジャンルであるとも言えるかも知れません。本稿のChapter 4では、自動運転カーの話題について詳しく触れたいと思います。 米国ではGoogle社などが、日本でもトヨタ自動車、日産自動車などが積極的に乗用車の自動運転化を推し進めています。そこで、"自動運転カー"がもたらす波及効果についても尋ねました。
Q4 将来、自動運転カーが実現すれば、どのような産業がビジネスチャンスを得られると思いますか?
自動運転カーが実現すれば、自動車産業がビジネスチャンスを得られる、と答えた人が全体の6割を超えました。果たして本当にそうでしょうか。本稿で解説していきます。「インターネット」の発展がパソコン、スマートフォンを普及させ、そこに様々なオンラインサービスが乗っかることで、私たちのライフスタイルは隅々まで変革していきました。 同じことが、いまIoTを中心に起ころうとしています。そこでアンケートの最後に、こんな問いを用意しました。
Q5 IoTがもたらす産業革命に乗り遅れないため、日本の企業が今すべきことは何だと思いますか?(自由回答)
「分からない」という回答も多い中、教育(人材育成)、無駄の削減、先行投資、(異業種間の)協力関係の構築、情報収集、法整備(規制緩和)、補助金の導入、利益を後回しにした研究、といった鋭い回答も見受けられました。

これまで漠然と「IoTとビジネス」について尋ねたアンケートの結果を紹介してきました。では具体的に、IoTがビジネスの上でどのような価値を生み、どのように社会問題を解決していくのでしょうか。Chapter 2以降で、それを解説していきます。

そこで、Chapter 2では、IoTを理解する上で必須となるキーワードを紹介していきます。

[アンケート出典]
マイナビニュース会員調査(ウェブ ログイン式)
有効回答数:1369件
期間:2017/2/1~2/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

123456789次のページへ







公開日:2017年3月21日

本記事の内容は公開当時のものです。本コラムに関するご意見等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。