日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

CASE4 産業・流通システム事業本部

コミュニティ活性化×日立ソリューションズ

情報を生かした新たな価値を創造

ライフスタイルの変化による産業衰退に歯止め

近年、野球やサッカーなどのスポーツ観戦の来場者が減少しており、多くのチームが集客という課題を抱えています。こうした兆候はスポーツに限らず、興行ビジネス全体に見られます。その一因には、人々のライフスタイルが変化し、余暇を満たす選択肢が増え、リアルな観戦や鑑賞の機会が減っていることにあるとも言われています。
ファンクラブ運営者は、ファンに対して来場機会を増やすアプローチをしたいところですが、ファンクラブ管理やチケット販売、グッズ販売などを別々のシステムで運用したり、外部の事業者に委託したりしているため、実際にどのようなファンが会場に足を運んでいるのか、または足を運んでいないのかが視えないという課題がありました。日立ソリューションズはこれらに着目し、「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」を開発しました。

ファンの実像を視える化し、感動の最大化を実現

「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」は、ファンがマイページを利用することが可能で、ファンクラブ運営者側がチケットやオリジナルグッズの購入履歴、来場履歴などの情報を一元的に管理し、集客力の向上を図るものです。まず、これまで把握していなかった購入履歴、行動履歴を収集し、ファンの特性を定量的に分析。それをもとに、メールマガジンなどで的確なアプローチをし、来場したファンにサービスを提供します。つまり、ファンの実像に合わせたオンリーワンサービスを提供することで、ファンの感動を最大化し、チームや団体に対するファンの思いを育てるのです。例えば、スポーツ業界ではすでに東京ヤクルトスワローズ、オリックス・バファローズ、ジュビロ磐田などがこのソリューションを導入し、動員数と売上増加を実現しています。

ファンクラブ運営者、ファン、社会のすべてが価値を得るビジネスモデルへ

このソリューションの導入により、ファンクラブ運営者側はファンの囲い込みによる継続的な売上の増大、ファン側はチームや団体への参加意識の高まりと感動の増大という効果が得られます。また、近隣の飲食店などと連携することで、周辺地域の活性化にもつながります。スポーツ業界だけでなく、エンターテインメント業界、流通業界などにも適用でき、お客様の実像を視える化することで効果的な集客、販促戦略が立案できます。まさに、企業とユーザーの深い絆を作るソリューションです。
日立ソリューションズは、あらゆる業界のさまざまな課題を解決するソリューションを提供し続けてきました。その過程で集められた情報を独自に評価、分析し、新たな顧客価値を発見、創造しています。これからも、社会課題解決の芽を見逃すことなく、社会イノベーションの実現に挑戦していきます。

お客様の声

オリックス野球クラブ株式会社 企画事業部 企画グループ長 兼 宣伝グループ 兼 企画広報グループ 兼 ファンクラブグループ長 兼 イベント・運営グループ 部長代理 緒方貴弘氏

コアファンの行動履歴は戦略立案につながる貴重なデータです。

コアファンの「視える化」と、データ分析に基づく戦略的なサービスのPDCAサイクル実現をめざす当社にとって、「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」は、クラウドのコストメリット、システムの柔軟性、サポートの信頼性から当社のニーズに合致し、導入を決定しました。2012年の稼動以来、ファンの行動履歴のデータにより、仮説の検証、次なる戦略の立案につなげられるようになりました。今後もより喜ばれるファンサービスの提供に向け、日立ソリューションズと一緒にチャレンジしていきたいと思っています。

オリックス野球クラブ株式会社
企画事業部 企画グループ長 兼
ファンクラブグループ長 課長代理
緒方 貴弘氏

<「ファンビジネス向けトータルCRMソリューション」の活用プロセス>

企業情報

CSR報告書
(ダイジェスト版)

CSR報告書

「日立ソリューションズCSR報告書2014」をPDFファイルでご覧いただけます。


CSRレポート 社会・環境報告書 請求サービス エコほっとライン

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。