日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

CSRニュース 2010年

2010年12月22日 キャンドルナイトキャンペーンを実施

 日立ソリューションズでは、地球環境問題や人とのつながり、持続可能な社会づくりのためのライフスタイルなどを身近に考えてもらうことを目的に、全国的な環境イベント「100万人のキャンドルナイト」に合わせ、独自のキャンドルナイトキャンペーンを実施しました。本年の冬至(12月22日)に行ったキャンペーンでは、昨年に引き続き、社員を対象にした環境に関するクイズを実施し、当選者にはオーガニックアロマキャンドルをプレゼントしました。また、当日は定時退勤を推奨することにより、社員のワーク・ライフ・バランス意識の向上も図りました。弊社では日立グループ「環境ビジョン2025」(2025年までに年間1億トンのCO2排出の抑制)や、環境省主催の国民運動「チャレンジ25」にも参画するなどの取り組みを行っており、今後も積極的に環境活動推進に取り組んでいきます。

2010年12月10日 日立グループが2010年度CSRセミナーを開催

 日立ソリューションズと株式会社日立情報システムズは、株式会社日立製作所と日立電子サービス株式会社と共催で、各社社員を対象に、「ソーシャル・イノベーター育成講座」と題するCSRセミナーを3回シリーズで企画し、12月10日(金)に日立ソリューションズ品川港南本社にてその第1回セミナーを開催しました。

 事業を通じた社会貢献意識の醸成を目的に3回シリーズで開催する本CSRセミナーの第1回は、DEFTA PARTNERSグループ会長の原 丈人(はら じょうじ)氏をお招きしました。第1部では「21世紀の国富論-日本から新たな産業、価値観、資本主義を世界に発信せよ」と題し、原氏の提唱する新しい「公益資本主義」に基づく企業の使命、最先端技術を利用した途上国における事業の立ち上げや、社会インフラ整備への日本企業との連携など、事業を通じた社会課題の解決に対する示唆に富んだ講演をいただきました。
 また、第2部では、原氏と日立ソリューションズ常務執行役員の石井による公開ディスカッションが行われ、原氏が掲げる公益資本主義の実践を日立グループとしてどのように現実のものとしていくか、新しい基幹産業創出への必要性、またグローバルビジネス展開における具体策などが討論されました。

2010年12月10日 日立グループが2010年度CSRセミナーを開催しました。

2010年10月25日 大学・大学院生を対象に「SE大學」基礎編を開催

2010/10/15 大学・大学院生を対象に「SE大學」基礎編を開催

 日立ソリューションズでは、就職を控えた大学(院)生を対象に、IT企業におけるSEや営業の実務をリアルに体験し、正しく理解してもらうためのインターンシップ「SE大學」を2007年より開催しています。
 「SE大學」はグループワーク中心の「基礎編(半日)」とプログラミング等実践中心の「応用編(3日間)」から構成されています。「応用編」は「基礎編」参加者から希望者を選抜の上、5~6人でプロジェクトチームを結成して、仮想顧客の経営課題を解決する内容です。応用編では、プログラミングの基礎を学習した後に、設計書に従い実際にシステム構築を行います。
 今年は、10月8日から基礎編を開催し、直近に開催された10月15日には、約90名の参加がありました。
 この基礎編では、学生がグループ毎に分かれ、仮想顧客からの情報、要望等の分析を行い、納期やコスト等の制約条件を考慮し、最適なソリューションを提案するという疑似体験を行います。今年の参加者の皆さんも、それぞれに特徴あるプレゼンテーションを披露しました。


 なお、応用編は2010年12月~2011年3月まで、東京(品川シーサイド本社・港南本社)・中部支社・関西支社・九州地区にて順次開催する予定です。
 この「SE大學」には、2007~2010年で基礎編に約7,000名、応用編に約1,200名の学生が参加しています。実際のビジネスシーンをリアルに再現することで、SEや営業の仕事のやりがいや厳しさを乗り越えた時の達成感を体験させ、短期間で職業理解の深耕を促す内容となっています。

日立ソリューションズは、学生にリアルな職業観を伝え、IT業界の理解を深めてもらうことは、就職活動支援や業界振興の一助として、大変意義のあることと考えており、今後も継続してこの「SE大學」を実施していく予定です。

2010年9月28日 社会貢献活動ランチョンセミナーを実施

9月28日に、ライトダウンキャンペーン活動結果報告を兼ね、特定非営利活動法人(NPO)チャリティ・プラットフォーム代表理事の佐藤大吾氏を招き、ライトダウンクイズキャンペーンの回答者を対象としたランチョンセミナーを開催しました。チャリティ・プラットフォームは、「NPOを支援するNPO」として寄付文化の創造を目指し、NPOの支援と認知を広める活動をしている団体です。

2010/9/28 社会貢献活動ランチョンセミナーを実施

日立ソリューションズでは、環境省の「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」と「100万人のキャンドルナイト」の主旨に賛同し、6月16日~7月7日まで「ライトダウンキャンペーン」を実施し、オフィスや自宅の省エネを心がけると共に、夏至(6/21)と七夕(7/7)は広告塔の消灯も行いました。
更に、社員のエコ&ソーシャル・マインド醸成と会社の社会貢献活動を連動させた寄付プログラムとして、クイズキャンペーンを併せて実施しました。これは、省エネやライトダウンに関するクイズに回答することで、資源・エネルギー分野で活躍するNPOへ活動運用費として回答者一人あたり100円分を寄付するという仕組みになっており、今回は373件の応募があり、37300円をチャリティ・プラットフォームを通じてNPOへ寄付しました。

この度のランチョンセミナーでは、「イマドキの社会貢献活動」と題し、佐藤氏より、「なぜ企業に社会貢献の文化の醸成が必要か」をテーマにご講演いただきました。本セミナーでは、NPOの活動や、日本と海外との寄付文化の違いなどについて理解を深めることができたほか、会社と社員が一体となって社会貢献活動に取り組む意義、企業人としてソーシャル・マインドを身に付けることの大切さについて考える大変有意義な機会となりました。

企業情報

CSR報告書
(ダイジェスト版)

CSR報告書

「日立ソリューションズCSR報告書2014」をPDFファイルでご覧いただけます。


CSRレポート 社会・環境報告書 請求サービス エコほっとライン

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。