日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2010年10月18日
株式会社日立ソリューションズ

ITシステム障害分析パッケージ「RevenueMax Ecsia」に冗長化対応ソフトウェアを追加
~ ITシステムの耐障害性を高め、高い信頼性を実現 ~

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下、日立ソリューションズ)は、ITシステムの障害対応を支援する「RevenueMax Ecsia(レベニューマックス エクシア)」に冗長化対応ソフトウェアを追加したADVANCEモデルを10月21日より販売開始します。これにより、障害監視の信頼性を高め、一層のITシステムの早期復旧と継続性の確保、運用コスト削減を支援します。

 IT システムの障害がビジネスや社会に与える影響は増大しており、システム障害時には、迅速に障害原因を特定して適切に対応し、被害を最小限に食い止めることが重要です。日立ソリューションズでは、「RevenueMax Ecsia」に冗長化構成に対応したソフトウェアを追加することで、ITシステム障害の監視を強化しました。2台の「RevenueMax Ecsia」が同期をとりながら対象システムを監視するため、中断することなくイベント情報(障害発生情報)を取得でき、障害原因を類推し、障害対応の進捗状況を管理できます。
 また、これと併せて、ITIL※1 に対応したサービスサポート製品と連携するインタフェースを開発しました。これにより、金融商品取引法による内部統制報告制度に基づく内部統制監査(以下、内部統制監査)の要件を満たすITILに対応した障害対応履歴管理を実現します。

※1Information Technology Infrastructure Library、ITサービス管理を実行する上での業務プロセスと手法を体系的に標準化したもの。内部統制監査の要件を満たすため、多くの企業がITILに対応した製品を導入している。

■ 新規追加機能

図1:冗長化構成のイメージ

(1) 冗長化構成対応ソフトウェア
 同一のEcsiaサーバの2台構成とし、本ソフトウェアを利用することで、冗長化構成が可能になります。2台のサーバをそれぞれマスターサーバ、スレーブサーバに設定し、マスターサーバ故障時には、自動的にスレーブサーバへフェイルオーバすることにより、監視の中断を防止します。

(2)ITILに対応したサービスサポート製品連携機能
 今回開発したインタフェースを通じてITILに対応サービスサポート製品と「RevenueMax Ecsia」の障害対応進捗管理機能が連携することで、イベント情報を基に「RevenueMax Ecsia」が作成したインシデント(システム運用における障害対応の管理単位)情報をITILに対応したサービスサポート製品の上で管理することができます。これにより、発生した障害の原因や対応などの一連の情報をまとめた形で管理できるほか、内部統制監査の要件を満たすITILに対応した障害対応履歴管理を実現します。


図2:ITIL準拠サービスサポート製品連携イメージ

■ 「RevenueMax Ecsia」について

 「RevenueMax Ecsia」は、システム監視サーバのイベント情報を取得し、障害原因解析、障害ナレッジ検索、および障害対応進捗管理の各機能を連携させることにより、過去の障害情報から障害原因を類推し、IT障害原因究明時間の短縮を実現します。

機能 内容
障害原因解析機能
  • 過去の障害との相関をチェックし、完全に一致するものがなくても類似の障害情報を推測
  • マニュアル等のナレッジ類に対して、イベント中のキーワードとマッチングを行うことで、ナレッジ情報を参照することが可能
障害ナレッジ検索機能
  • 手順書やメール等、散在する過去の障害対応情報を収集・蓄積し、検索が可能
  • 過去の障害に紐付けられたナレッジを障害原因解析機能と連携して提供
障害対応進捗管理機能
  • 障害発生から対応内容を登録、対応状況の進捗を管理
  • 障害対応の内容は障害ナレッジ検索より検索可能となり、対応手順として蓄積
分散サーバ環境統合
運用ソフトウェア連携機能
  • ログ収集やサーバ操作のコマンド実行が可能
総合通報管理
システム連携機能
  • 進捗状況をその都度メールにて通知
冗長化構成対応ソフトウェア
  • 監視の中断を防止
ITILに対応したサービス
サポート製品連携機能
  • ITILに対応したサービスサポート製品側では、インシデント情報毎の管理が可能
  • 「RevenueMax Ecsia」側では、内部統制監査の要件を満たすITILに対応した障害対応履歴管理を実現

今回追加したサービス


■ 動作環境

項目 内容
サーバ OS Windows Server 2003 R2 SP2
前提製品 Sun Java SE Development Kit(JDK) 5.0、MySQL 5.1
クライアント OS Windows XP SP3
前提製品 nternet Explorer 7、Adobe Flash Player 10

■ 価格

製品名称 内容 標準価格(税込)
RevenueMax Ecsia Manager Adapter含む、10ノードライセンス付き \7,497,000~
RevenueMax Ecsia Manager ADVANCE 冗長化構成対応、Adapter含む、10ノードライセンス付き \9,597,000~

■ 出荷開始時期 : 2010年10月21日

■ RevenueMax Ecsia ホームページ http://www.hitachi-solutions.co.jp/ecsia/

<本件に関するお問い合わせ先>

■ 日立ソリューションズ
担当部署:日立ソリューションズ @Sales24
ホームページ:https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/  Tel:03-6718-5969

<報道機関からのお問い合わせ先>

■ 日立ソリューションズ
日立ソリューションズ CSR 統括本部 コーポレート・コミュニケーション本部
広報・宣伝部 広報グループ 担当:槇田、廣納
Tel:03-5479-5013 Fax:03-5780-6455 E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ RevenueMaxは日立ソリューションズの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。