日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2012年7月4日
株式会社日立ソリューションズ
NPO法人TABLE FOR TWO International

日立ソリューションズ社員がプロボノ活動でTABLE FOR TWOの業務効率向上に貢献
~作業時間を約1/3に短縮~

このたび、株式会社日立ソリューションズ(東京都品川区、取締役社長 林 雅博)の社員が、専門スキルを活かしたプロボノ活動として、日本発、世界の飽食問題と飢餓問題の解決に取り組むNPO法人TABLE FOR TWO International(東京都港区、代表・小暮 真久)(略称:テーブルフォーツー、またはTFT)の問い合わせや参加申し込みに関するシステム運用・管理の効率化を行いました。
 TFTでは、参加企業・団体を管理する基盤として株式会社セールスフォース・ドットコムのクラウド型営業支援・顧客管理アプリケーションSalesforceを利用しています。日立ソリューションズは、2006年よりSalesforce関連事業に取り組み、100社以上の導入実績で培ったノウハウを有しています。今回は、そのノウハウを持った社員がプロボノ活動として、Salesforceと連携した問い合わせと参加申し込みフォームをTFTのホームページ上に構築し、合わせてTFTの業務フローを見直しました。その結果、TFTでは問い合わせや参加申し込みにかかる作業時間を約1/3に短縮することができました。

改善前 改善後 効果


  • TFTのホームページに掲載したメールアドレスにて、問い合わせ内容をメールで受信
  • スタッフが質問項目によって担当者に転送し、担当者からメールや電話で回答
  • ホームページに問い合わせフォームを設置
  • 入力内容をクラウド型の営業支援・顧客管理アプリケーションSalesfoceで一元管理
  • 問い合わせの種類に応じて、担当者に自動的に通知
  • Salesfoce上で回答し、回答履歴を蓄積
  • 問い合わせの内容に応じた担当者への振り分け作業を削減
  • システム上で一元管理することで業務効率化と情報可視化を実現



  • FAXでTFTプログラム申込書を受信
  • スタッフがSalesfoceに入力
  • メールや電話で参加希望者に連絡
  • ホームページに参加申し込みフォームを設置
  • 入力内容はSalesfoceで一元管理
  • 担当者へ入力完了告知メールが自動的に送信
  • 申し込み情報の入力作業を削減
  • 参加企業・団体の活動履歴の一元管理を実現

TFTには、多くの企業やビジネスパーソンが、専門スキルを生かして、無償で社会貢献を行うプロボノ活動を提供いただいています。IT、WEBデザイン、弁護士、弁理士、税理士、栄養士、広報、コミュニケーションのプロフェッショナルなどさまざまなプロボノメンバーのサポートを受けてきました。こうした活動の後押しを受け、TFTの活動に4年半で企業や官公庁、大学、病院など約500団体が参加し、累計1,489万食の学校給食(1食あたり20円)を、アフリカの子どもたちに届けることができました。専従スタッフ3人という少ない人員でこのように急成長を遂げられたのには、プロボノの存在が大きく寄与しています。

日立ソリューションズは、2008年9月に社員食堂でTFTの取り組みに参画し、現在は、社内に設置された自動販売機のヘルシー飲料の売上の一部をTFTに寄付しています。このたび、「本業で培ったスキルを生かした貢献」を目指した社員有志の自主的な活動と職場の理解や支援により、プロボノ活動を実施しました。

【プロボノ活動を行った日立ソリューションズ社員の声】

 今回、TFTへの問合せと参加申し込み業務の効率化を支援するシステムの構築を実施しました。活動を通して、TFTの体制および業務内容を伺い、NPO法人では少人数でさまざまな業務をこなしているという実態を改めて知りました。このシステムを使うことでTFTの事務業務が減り、新しい活動に使う時間が増えるということは、システム構築者として非常に嬉しく思います。さらにその新しい活動が世界の飽食問題と飢餓問題の改善に貢献できるのであればこの上ない喜びです。

日立ソリューションズ 流通ソリューション事業部 APソリューション本部
セールスフォースソリューション部 第2グループ 中村 祥子

プロボノとは

専門的な技能を持つ人達が社会貢献のために、無償または低報酬でサービスを提供すること。もともと「公共善のために」を意味するラテン語「pro bono publico」に由来。日本では、先進的な企業が、社会貢献のためのプロボノ活動を行うようになってきています。

株式会社日立ソリューションズについて

 日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクル全般にわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。日本全国に拠点を構え、海外では中国や米国、欧州のグループ会社を核としてワールドワイドにお客様にとって価値の高い製品・サービスを提供しています。

NPO法人TABLE FOR TWO Internationalについて

 2007年10月設立。"TABLE FOR TWO"を直訳すると「二人のための食卓」。先進国の私達と開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトの下、社員食堂や店舗でTFTヘルシーメニューを購入すると、代金の内20円が寄付となり、アフリカの子どもに給食1食分をプレゼントできます。これまで企業や官公庁、大学、病院など約500団体が参加。気軽に社会貢献とメタボ予防ができるという一石二鳥な取り組みが人気を呼び、約1,489万食(約6万7,680人の1年分の給食に相当)をアフリカのウガンダ、エチオピア、ケニア、タンザニア、ルワンダ、マラウィに届けました。
 http://www.tablefor2.org

セールスフォース・ドットコム ファンデーションについて

 セールスフォース・ドットコム ファンデーションは、「1/1/1モデル」(就業時間の1%、株式の1%、製品の1%を地域社会に還元)を通じた社会貢献活動とビジネスの統合におけるグローバル・リーダーです。
 TABLE FOR TWO Internationalをはじめとする世界105カ国、150,000以上の非営利団体が、セールスフォース・ドットコムが無償提供または割引提供したクラウド型の営業支援・顧客管理アプリケーションSalesforceを活用してミッション達成に取り組んでいます。

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:CSR統括本部 ブランド・コミュニケーション本部 広報・宣伝部
担当:槇田、関口
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。