日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2012年12月17日
株式会社日立ソリューションズ

就業管理システム「リシテアJob」の多言語対応をサポート開始
外国籍従業員の就業管理の利便性を向上

株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:林 雅博/以下、日立ソリューションズ)は、就業管理システム「リシテアJob」の多言語表記への切替えをサポートする多言語テンプレートの提供を12月18日から開始します。これにより、外国籍従業員の就業管理の利便性を向上します。合わせて、各種機能を強化した最新版の「リシテアJob Ver.02-07」の提供も開始します。

近年、企業のグローバル市場への進出に伴い、外国籍従業員など多様な人財を積極的に雇用するダイバーシティを推進する企業が増加しています。その一方で、企業は就業管理システムなど業務システムの多言語化に対応できていないため、外国籍従業員は日本語の就業管理システムを利用しなければならず、就業入力の作業に負担がかかっています。

日立ソリューションズは、企業の就業管理を効率化するため、1994年から従業員の就業情報を収集し、一元管理する就業管理システム「リシテア Job」を提供しています。
 今回、日立ソリューションズは、「リシテア Job」に多言語表記への切替えを可能とする多言語テンプレートを追加しました。「リシテア Job」の画面に表示される各種ラベルやプルダウンで表示されるマスタ、アラート通知などのメッセージをそれぞれ日本語から多言語に切り替えることができます。これにより、外国籍従業員の就業管理の利便性を向上します。

また、お客様からの要望が多いきめ細やかな機能を拡張した最新版の「リシテアJob Ver.02-07」の提供を開始します。「リシテアJob Ver.02-07」では、従業員ごとに残業時間の警告閾値を設定してより細やかな残業時間の管理を可能とする社員別残業警告設定機能や、中途採用者や転籍者などの年次有給休暇の有効期間を労働基準法に基づいて厳密に管理する年休残管理機能、およびひとつの画面で一カ月分の勤務実績をまとめて登録する勤務実績入力機能の拡張などに対応しました。これにより、職場管理者や従業員の就業管理にかかる負担軽減や、時間外労働時間の管理を厳密化します。
 さらに、「リシテアJob」と従業員情報のマスタを共有し、迅速に人事系ワークフローを構築することができる「リシテアFlow」の最新版(Ver.02-07)を提供します。「リシテアFlow Ver.02-07」では、主だった人事系諸届申請の標準テンプレートを追加しており、容易に申請ワークフローを構築することができます。

今後、日立ソリューションズは、「リシテアシリーズ」を国内外に展開し、2015年度までに180億円の売上を目標としています。

■ 「リシテアシリーズ」について

従業員フロントソリューション「リシテアシリーズ」は、国内大手企業を中心に既に約900社の導入実績がある日立ソリューションズの主力パッケージ製品です。「リシテア Job(就業管理)」を中心として、「リシテア Cost(工数管理)、HealthCare(健康管理)、Travel(旅費申請)、Flow(人事系ワークフロー)、Report-i(帳票閲覧)」のシステムと、企業にとって最も重要な経営資産である人財育成をサポートする「リシテアCareer」で構成されています。

<従業員フロントソリューション「リシテアシリーズ」紹介URL : http://lysithea.jp/

■ 価格

個別見積

■ 販売開始時期

2012年12月18日

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

株式会社日立ソリューションズ
担当部署:CSR統括本部 ブランド・コミュニケーション本部 広報・宣伝部
担当:宮本、安藤
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ リシテアは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。