日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

2015年5月8日
株式会社日立ソリューションズ

ルネサス製の組込みマイコン「RL78」向けの新たなCコンパイラを販売開始
集中型静的コードチェックツールの年間無償ライセンスも併せて提供

 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:佐久間 嘉一郎/以下、日立ソリューションズ)は、ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼CEO:作田 久男/以下、ルネサス)製の新世代組込みマイコン「RL78ファミリ」向けの開発環境である「RL78ファミリ用 Cコンパイラ(CC-RL)」の販売を5月18日から開始します。
 日立ソリューションズは、ルネサス製の「RL78ファミリ用Cコンパイラパッケージ」(CC-RL)に加えて、日立ソリューションズの集中型静的コードチェックツール「anyWarp CodeDirector for C/C++」の年間無償ライセンスを同梱して提供します。これにより、開発効率とプログラム品質の向上をより強力に支援します。

ルネサス製の新世代組込みマイコン「RL78ファミリ」は、家電などの民生用電子機器や電子メーター、センサーなどさまざまな組込み機器上で数多く利用されています。また、マイコン上で動く組込みアプリケーションは複雑化・大規模化を続けており、品質を維持しながらも開発の生産性向上が求められています。

日立ソリューションズが提供する「RL78ファミリ用 Cコンパイラ(CC-RL)」は、ルネサス純正の新たなCコンパイラ「CC-RL」と統合開発環境「CS+」*1、日立ソリューションズの「anyWarp CodeDirector for C/C++」を含むパッケージ製品です。
 主な特長は以下の通りです。

*1 ルネサス統合開発環境「CubeSuite+」は、2014年10月1日から製品名を「CS+」 に変更しました。

1. 「RL78ファミリ用Cコンパイラ(CC-RL)」からの新機能

 最新のコンパイラ最適化技術を搭載し、「RL78ファミリ」の性能を最大限に引き出す高性能なコードを生成します。従来のコンパイラ「CA78K0R」に比べ、処理性能を3倍に向上し*2 、ROM*3使用サイズを1割削減※2 しています。また、「CA78K0R」にはなかった64ビット変数や関数のインライン展開機能、セクションアドレス取得機能などを新たに追加し、効率的なプログラム開発を支援します。

*2 ルネサス エレクトロニクス調べ
*3 Read Only Memory:読み出し専用の記憶装置。書き換える必要がない、または書き換えられては困る情報の記憶に用いられる。

2. ルネサス純正の統合開発環境「CS+」

 「CS+」は、エディット、ビルド、デバッグの繰り返しであるソフトウェア開発に対し、利便性や快適さを追求した統合開発環境です。簡単な操作で導入しやすく、ビルド時間の大幅な短縮や、実機がない環境における組込みアプリケーションのデバッグが可能です。

3. 日立ソリューションズ独自の開発支援ソフトウェア

 「anyWarp CodeDirector for C/C++」の年間無償ライセンスを提供し、開発効率とプログラム品質を向上させます。本製品はMISRA-C:2012ルール*4チェックにも対応しており、品質改善をより強力に支援します。

*4  非営利団体 MISRA(Motor Industry Software Reliability Association)が発行したCプログラム用ガイドライン

日立ソリューションズのルネサス製マイコン(RX、RH850、RL78、SuperH、V850、78K)用C/C++コンパイラシリーズは、今後も機能追加や性能改善を行い、高品質なプログラム開発に貢献していきます。

■「CS+」の画面イメージ

■ 集中型静的コードチェックツール「anyWarp CodeDirector for C/C++」


anyWarp CodeDirector for C/C++ のレポート画面イメージ

1. ソースコードの静的解析

 C言語、C++言語で記載されたソースファイルの品質を随時測定して評価し、プログラムを動作させてテストする前に、ソフトウェアの問題を改善します。

2. 各種ガイドラインに対応

  ソースを解析する指標はMISRA-C:2012ルールやIPA/SEC*5コーディング作法ガイドに対応しています。

3. サーバ集中型を採用したプロジェクト指向の静的コードチェック

 指摘結果を多彩な切り口で分析して集計するため、プロジェクトを多角的に分析することができます。
また、集計結果を蓄積することができるため、プロジェクトの品質の改善状況を把握することが可能です。

*5  独立行政法人 情報処理推進機構 ソフトウェア・エンジニアリング・センター

■ 提供開始日

5月18日

■ 製品紹介URL

<商品・サービスに関するお問い合わせ先>

URL: https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/   Tel:0120-571-488

<報道機関からのお問い合わせ先>

担当部署:経営企画本部 広報・宣伝部
担当:竹谷、安藤
TEL:03-5479-5013  E-mail:koho@hitachi-solutions.com

※ anyWarp CodeDirector、ハイブリッドインテグレーションは、株式会社日立ソリューションズの登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。