日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2006年2月1日
日立ソフト

日立ソフトが医療の質向上と病院経営の効率化を目指す
医療ASPサービスを開始
~第1弾として医薬品情報ASPサービスを提供~

 日立ソフト(代表執行役 執行役社長:小川 健夫、本社:東京都品川区)は、医療機関 向けに医療の質向上と病院経営の効率化を目指す医療ASPサービスを開始いたします。
第1弾として、株式会社 湯山製作所(代表取締役:湯山 裕之、本社:大阪府豊中市)の新世代 医薬品総合データベースを利用した医薬品情報提供サービスをASP*1にて医療機関向けに本年 2月1日より提供を開始いたします。

 本サービスは、約28,000以上の最新薬品情報を提供し、添付文書の検索、相互作用チェック、 病名との関連チェックなど豊富な機能によって医師や薬剤師の作業効率と作業品質を向上させ ます。また、希望する患者に「ジェネリック薬品」*2の検索ができることから患者サービスの 向上も見込めます。
 本サービスを利用する方は、インターネット接続環境とパソコンがあればすぐに開始でき、 費用は月額料金のみで初期投資が不要なので、お気軽に利用することができます。SSL(Secure Socket Layer)を用いたセキュアな通信により、往診時や出先でもモバイルパソコンを使って安全 にご利用いただけます。診療所や開業医など1ユーザ(月額利用料税込:10,395円)からご利用 が可能です。

 また本サービスでは、クライアント/サーバ型アプリケーションを簡単に、かつ安価にセンタ 集中のASP型に変更することができるASP基盤サービスを用意していますので、医療情報 サービスを行う事業者との連携により容易に医療ASPサービスを開始することができます。

 ASP基盤サービスの特長は以下の通りです。
1) 本サービス利用により、わずかな移行費用でASP化が実現可能
2) データセンタに設置したサーバでアプリケーションを動作するため、サーバ・PC環境 の維持・保守が容易
3) アプリケーションの大切なデータは全てサーバに保管されるので、情報漏洩の危険 を低減

 今後は、このASP基盤サービスを利用して、株式会社ヴァンテージ・コンサルティング (代表取締役:成毛 眞、東京都港区)と協力して診療予約、会計システム、レセプトシステム など順次サービス項目を拡大していく予定です。

 日立ソフトでは、本サービスを2006年度末までに100ライセンス導入を見込んでおります。

* 1.ASPとはApplication Service Providerの略で、インターネット回線を通じてア プリケーションプログラムを提供するサービスです。
* 2.日本で最初に発売された先発品と呼ばれる薬(新薬)の特許が切れた後に厚生 労働省の承認を得て発売される薬で、後発品と呼ばれます。新薬と同じ成分、同じ効き目ですが 先発品より安価です。

<新世代医薬品総合データベースの機能>
新世代医薬品総合データベースには膨大なデータが搭載されており、「ジェネリック薬品」の 検索や診療支援にもなるチェック機能も提供しています。

● 搭載データベース
・相互作用データベース   ・OTC薬相互作用データベース・長期投与データベース
・飲食物相互作用データベース・常用量データベース     ・妊婦授乳婦データベース
・添付文書データベース   ・要約版添付文書データベース ・指導文データベース 
・要約版指導文データベース ・医薬品画像データベース ・カロリー/イオン当量データベース
・錠剤鑑別データベース   ・注射薬配合変化データベース ・適応症データベース
・病名禁忌データベース ・副作用データベース ・副作用症状データベース

● チェック機能

相互作用選択された薬品群の中で相互作用のある組み合わせをチェック
同薬効 選択された薬品群の中で、指定された有効YJコードの桁数により同一グループをチェック
長期投与 選択された薬品群の中で、指定された日数の投与が可能かチェック
常用量 選択された薬品&量での投薬可否をチェック
配合変化 選択された薬品群で、配合変化を起こす組み合わせをチェック、時系列の変化情報を表示
病名 指定された薬品群、病名群で適応症&禁忌症の組み合わせをチェック

● 価格 月額9,900円(税込み10,395円)/1ユーザ

● 日立ソフト医療ASPサービス紹介ホームページ: http://hitachisoft.jp/products/iryo/

* 日立ソフトの正式名称は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社です。
* その他記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。