日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2006年4月26日
デル株式会社
株式会社アシスト
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社

デル、サーバ管理ツール「OpenManage」と統合管理ソリューション
「JP1」との連携によるシステム運用管理ソリューションの提供を開始
~アシストと日立ソフトとの協業により最適な体制を構築~

 デル株式会社(本社:川崎市幸区、代表取締役社長:ジム・メリット)は、本日、デルのサーバ 管理ツール「Dell OpenManage(オープンマネージ)」と株式会社日立製作所の統合管理ソリュ ーション「JP1」との連携によるシステム運用管理ソリューションの提供を開始すると発表しま した。 また、本ソリューションの提供にあたり、「JP1」の豊富な導入実績を持つ、株式会社アシスト (本社:東京都千代田区、代表取締役:ビル・トッテン、以下アシスト)、日立ソフトウェア エンジニアリング株式会社(本社:東京都品川区、代表執行役 執行役社長:小川 健夫、以下、 日立ソフト)と協業し、「JP1」の既存ユーザや、UNIXからIAサーバへのマイグレーション、 ERP、データベースシステムの導入を検討中の中規模・中堅企業から大企業に対する、 ソリューションの提案・導入における最適な体制を構築します。
本ソリューションは、デルの高性能IAサーバ「PowerEdge(パワーエッジ)」に標準添付される ハードウェア管理ソフトウェア「Dell OpenManage」およびDell|EMCのストレージ管理ソフト ウェア「Navisphere管理スィート」と「JP1」を連携し、ハードウェア/OS/アプリケーション の管理・監視プロセスを一元化による効率的なシステム統合運用管理を実現するものです。導 入にあたっては、デルの技術コンサルティング部門「デル・プロフェッショナル・サービス( DPS)」が、お客様の窓口となり、現状分析やシステム移行・導入のスケジュール管理、テスト の実施、ハードウェアの設置、運用時の保守対応を行います。「JP1」の導入にあたっては、 DPSパートナーであるアシストと日立ソフトによる技術支援とライセンス供与、製品サポート、 教育などが提供され、協業体制により、それぞれのフェーズ毎に最適なソリューションをお客様 企業に提供します。
アシストは、高い技術力によりOracle Real Application Clusters(Oracle RAC)を利用したシ ステム構築を手掛けるだけでなく、JP1によるOracleの監視ソリューションを提供します。また、 数多くの業種へのJP1の販売、サポート実績から、基幹システム、各種Webサイト、ASPなどのシス テムに対しての統合運用管理をお客様のご要件に合わせて提供します。
日立ソフトは、JP1を活用したSAP R/3を含むジョブスケジューリングシステムや稼動監視システ ムを提供します。また、ジョブスケジューリング、ネットワーク監視、リソース監視、ソフト ウェア配布、イベント監視・通報には特にフォーカスして、お客様のご要望にマッチするソリ ューションを提供します。
デルは、本ソリューションの提供を通じて、標準化技術によるシンプルな運用オペレーション を実現します。お客様企業は、OpenManageで把握されるハードウェアの障害情報と、JP1で監視 するネットワーク、OSリソース、アプリケーション等の情報を、JP1の統合コンソール画面に集 約し、時系列で見ることが可能になります。障害発生時には、障害サーバの切り分け、原因の特 定が容易になり、障害発生時の状況把握から障害復旧までのタイムロスが短縮されます。
また、きめ細かくシステム全体を監視することで、ハードウェアの障害につながる予兆を検知す ることができ、突発的な障害にも備えることが可能となります。またリモートコントローラによ る、リモート監視にも対応可能となります。
デルでは、システム運用管理ソリューションの提供を通じて、インフラやシステム構築の導入 部分だけでなく、運用フェーズでの提案が可能になり、ソリューション提供の幅を広げていき ます。

OpenManageとJP1の連携による運用管理ソリューション例

・ハードウェア監視
デルのPowerEdgeサーバのハードウェア管理・監視を行うOpenManageの各種イベントを、 JP1のイベントとしてシームレスに取り込むテンプレートを用意。様々なハードウェアイベント の中から運用・監視に必要な項目のみを抽出し、運用オペレーションを効率化します。

・Oracle RAC監視
可用性の高いOracle RACが導入されているPowerEdgeサーバやDell|EMCストレージ、 PowerConnectネットワークスイッチなどハードウェアコンポーネントの死活監視を実現。 さらに、リソース監視やプロセス死活監視、Oracleデータベースのリソース監視等、環境に 即した監視タスクを一元化。業務に密接に関わるDBサーバを監視し、障害未然防止や障害時に 即時の対応を行います。

・システム運用自動化
UNIXマイグレーションやERPなどミッションクリティカルなシステムでは、業務プロセス が分散し、システム要件として、処理の自動化が必須となります。JP1のジョブ管理製品により、 ジョブスケジュールやジョブの監視及びトラブル発生時のオペレーション自動化(再実行など) を実現します。

・クライアント管理
IT資産管理の自動化を行い、ソフトやパッチの配布を行います。クライアントPCの管理負 荷を大幅に軽減し、OSやアンチウィルスのバージョンによるセキュリティホールへの早急な 対応が可能になります。リース管理やソフトウェア管理も可能なため、バックオフィスの管 理業務の負荷も軽減されます。


OpenManageとJP1の連携イメージ

システム運用管理ソリューションの詳細は、下記URLをご参照下さい。
http://www1.jp.dell.com/content/topics/segtopic.aspx/solutions/enterprise_solutions/jp1?c=jp&l=jp&s=pad

OpenManageの特徴
OpenManageは、Dell PowerEdgeサーバに標準添付されるトータルな管理ソリューションです。 サーバのコンポーネントや状況監視にはIPMIなど業界標準をベースとしたインターフェイスを 提供し、サーバおよびストレージの管理を簡単に行うことが可能です。オプションで搭載可能 なDRAC(Dell Remote Access Controller)へのOSから独立したリモートアクセスも、統一の管理 インターフェイスに統合されます。更には、ハードウェア構成ファイル(BIOS、Firmware、 Driver)のUpdateも同一の管理コンソールからアップデートが可能です。OpenManageは、 システム運用に必要な導入、監視、変更管理のフェーズに対応し、SNMPをベースとした通信に より、デルプラットフォームの一元管理環境を実現します。

JP1の特徴
統合管理ソリューションとして、国内No.1のシェアを持ち、約8,000社以上に導入されている JP1は、様々な要素から成るシステムを、統合的に管理します。OpenManageとの連携に見られる ような統合監視機能の他に、ジョブスケジューラ機能やOracle等のアプリケーション監視機能、 統合資産管理機能、インシデント管理機能等も提供されています。JP1は、お客様の運用ニーズ に応じて個々の運用タスクに適したポイント・ソリューションはもちろんのこと、システム全体 の包括的な統合運用環境を構築すべくトータル・ソリューションを提供します。

<デル株式会社 会社概要>
デル株式会社は、米Dell Inc.の日本法人で、独自の直販方式「デル・ダイレクト・モデル」 を活かした販売/マーケティング/サービス・サポート業務を行っています。業界標準技術を 採用したサーバ/ストレージ製品およびソリューションの拡充に注力しており、エンタープライ ズ市場においても「デル・ダイレクト・モデル」による優れたバリューをお客様に提供していま す。

<株式会社アシスト 会社概要>
株式会社アシスト URL:http://www.ashisuto.co.jp/
アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッ ケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。統合システム運用管理ツール「JP1」をはじめ、 多種多様なビジネス分野向けソフトウェアの販売および教育/サポートサービス提供のほか、 顧客の課題を切り口としたコンサルティング・サービスを提供しています。顧客の「情報活用」 支援をテーマに活動を続け、優れた製品と顧客の立場に立ったきめ細かいサービスの提供に より、顧客企業における「情報活用」の実現を実践しています。

<日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社 会社概要>
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社 http://hitachisoft.jp/
日立ソフトは1970年、日立グループ最初のソフトウェア会社として発足しました。大型コン ピュータの基本ソフトの開発や官公庁、金融・保険・証券業向け大規模業務システムの開発など に取り組んでおり、1992年には東京証券取引所1部に上場。インターネット、 セキュリティ、ライフサイエンス、GIS(地図情報システム)、衛星画像、電子ボードシス テムなどの分野でも、事業拡大を目指しております。


本件に関するお客様からのお問い合わせ先:
デル株式会社 法人営業本部
電話:044-556-1628

株式会社アシスト 運用ソフトウェア事業部 矢原 朋和
電話:03-5276-5875 e-mail:tyahara@ashisuto.co.jp

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社 @Sales24
電話:03-5479-8831 e-mail:sales24@hitachi-solutions.com


株式会社アシスト 広報部 田口 恵美子
電話:03-5276-5850 e-mail:press@ashisuto.co.jp

*OpenManageはデルの商品名称です。
*JP1は(株)日立製作所の商品名称です。
*PowerEdgeはデル社の登録商標です。
*Oracleはオラクル・インターナショナル社の登録商標です。
*記載されているその他の会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本お問い合わせ先に送られる個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が個人情報を保有することはありません。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。