日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2006年12月7日
日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社

BBSと日立ソフトが内部統制後の業務改革ソリューションを提供開始
~上場前後の伸び盛りの企業群に対して経営コンサル・IT基盤構築サービスを一貫して対応~

 日立ソフト(本社:東京都品川区、代表執行役 執行役社長:小野 功)と株式会社ビジネスブレイン太田昭和(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 木村 幸弘、以下BBS)は、資本・業務提携により、経営コンサルテーションからシステム運用までを日立ソフトグループで一貫対応し、顧客の収益拡大など経営上の価値向上に貢献できる体制を確立してきました。その第一弾として、本年2月から内部統制支援コンサルテーションサービスの展開に取り組んでおり、グループ全体で30件以上の案件を受注し、うち5件に関しては両社でサービスを提供するなど、成果をあげることができました。 しかしながら、経営上の価値向上を顧客に提供するには、内部統制のみならず、業務再構築(BPR)を含めた具体的なITシステムの提供も必要となります。その為、第二弾として、まず急務と思われる上場前後の伸び盛りの企業群約500社に対して、内部統制を含む経営コンサルテーションにより抽出したビジネス上の課題をIT基盤によって解決し、顧客の利益増加に直接的に貢献する「業務改革ソリューション」の提供を開始しました。本ソリューションでは、BBSが業務の可視化及び課題の抽出とそれに基づく経営戦略の提示を担当し、日立ソフトが提示された経営戦略に基づくIT基盤の構築を、予め用意したソリューションセットを中心に行います。これまで4案件の共同受注を達成し、今後も大幅な伸びを期待していま す。

<背景>
 2009年3月期からの内部統制報告義務化に対応するための実施基準の公開草案が11月21日に金融庁から発表され、今後上場企業の内部統制対応はさらに加速してゆくことになります。日立ソフトとBBSは、2006年2月に協業の第一弾として、内部統制ビジネスの共同推進を開始してから、公認会計士が多数在籍し、財務、管理会計を得意とするBBSの強みを生かして、30件以上の内部統制支援コンサルティングサービスを受注しています。
 内部統制支援コンサルティングでは、(1)リスクコントロールマトリクス作成、(2)業務フローの作成、(3)業務記述書の作成により、監査への対応、業務フローの明確化、業務上の課題を抽出することができました。しかし、BBSの今までのコンサルティング経験から、上場前後の伸び盛りの企業では、内部統制と共に急速な業容の拡大を支えるIT基盤構築へのニーズが高いことが明確になってきています。そこで、BBSと柔軟性・信頼性を兼ね備えたIT基盤の構築実績を誇る日立ソフトが双方の強みを生かした業務改革ソリューションの提供を開始しました。

<業務改革ソリューション提供体制>
 各社の役割分担は以下の通りです。(図1)

  1. BBSは、コアコンピタンスである財務会計、管理会計のノウハウをベースに内部統制診断、戦略管理、原価管理などの経営コンサルテーションを行い、顧客企業の経営課題の抽出及び、今後、顧客企業が、安定的かつ柔軟性を持って事業を拡大するための経営戦略をご提案いたします。
  2. 日立ソフトは、高度な技術力と豊富なシステム構築実績から得たノウハウを利用して、BBSが提案した経営基盤をベースに顧客のITシステムを構築しご提供いたします。併せて企業の急速な伸びに特に有効なSaaS(Software as a Service:サース)によるソリューションもご提供いたします。

<今後の活動>
具体的活動は以下の通りです。

  1. 両社は、今まで通り内部統制の共同セミナーなどを通じて上場を目指す企業、或いは、上場間もない企業約500社を対象に共同で顧客を開拓します。
  2. BBSでは、3~5ヶ月の期間で、顧客の現行業務を分析し、タイムリーな業績管理や経営リソースを管理する根幹となるシステム全体構想計画を提案します。
  3. 日立ソフトは、BBSの経営コンサルタントが策定したシステム全体構想計画を元に日立ソフトグループ各社の得意分野を活かしてITシステム構築および運用を全面的にサポートします。
  4. グループシナジーを最大限発揮するために、当初は、会計・財務・販売管理・生産管理を中心としたソリューションを展開します。
  5. 業務改革ソリューションの早期立ち上げを図るために日立ソフトからBBSにITコンサルタント要員を派遣します。それにより、経営、ITの双方から最適なご提案が可能となります。
  6. BBSのコンサルティングメニューと日立ソフトグループのITシステム構築の連携を高める組み合わせソリューションを用意します。例えば、BBSの原価管理クイック診断と日立ソフトの原価管理システム「ECObjects/CostACC」を連携させたソリューションや、BBSの営業支援コンサルティングと日立ソフトのSaaSによる営業支援サービスを組み合わせたソリューションがあります。

業務改革ソリューションの概要は図2の通りとなります。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ビジネスブレイン太田昭和
経営企画室 担当:二宮、向田
Tel:03-3595-1581 Fax:03-3595-1690

※ 日立ソフトの正式名称は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社です。
※ salesforce.comは米国salesforce.com Inc.の登録商標です。
※ ECObjectsは、株式会社クラステクノロジーの登録商標です
※ 記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の登録もしくは登録商標です。

本お問い合わせ先に送られる個人情報は、お問い合わせに回答した時点で消去し、当社が個人情報を保有することはありません。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。