日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2008年6月11日
日立ソフト

プラズマタイプでは業界最大
日立ソフトのインタラクティブ電子ボード「StarBoard」の新モデル販売開始
~高精細CADデータや高解像度映像を活用した会議やプレゼンに最適~

日立ソフト(執行役社長:小野 功、本社:東京都品川区)は、インタラクティブホワイトボード「StarBoard(スターボード)」シリーズの新モデル、65型プラズマディスプレイを採用した「PX-DUO-65」と50型プラズマディスプレイを採用した「PX-DUO-50」を6月11日より販売開始します。
本製品はプラズマディスプレイを使用しているので、鮮明な表示が可能です。通常の会議はもちろん、高精細CADデータを使用するデザインレビューや、高画質で見たい映像鑑賞、授業などの多彩な場面で利用することができます。2人同時に手書きができ、電子ペンに加えて指や指し棒での画面操作も可能です。
これまでStarBoardは、全世界60ヶ国以上で累計80,000台以上の販売実績があります。本製品は企業・文教市場向けに全世界で販売開始し、初年度で1,000台の販売を目標にしています。

モデル サイズ 標準価格 出荷時期
PX-DUO-65 65型 オープン 6月末
PX-DUO-50 50型 オープン


インタラクティブホワイトボードは、電子教科書やデジタルコンテンツを使った授業や、パソコンの電子データを効果的に活用して会議やプレゼンテーションを行うツールとして、多くの学校や企業で普及してきました。
日立ソフトの「StarBoard」は、インタラクティブホワイトボードの機能に加え、データ共有機能を有し、テレビ会議システムとともに活用されています。日本国内だけでなく海外拠点とも遠隔会議が可能になり、特に障害時の情報伝達やデザインレビューなど正確な情報伝達が必要な場面で効果を発揮します。また、出張時間や旅費の削減のみならず、ペーパレス化の促進や意思決定のスピードアップを図ることができます。今回発売するPX-DUOシリーズの「ピクチャーインピクチャー機能」を使えば、StarBoard で共有しているパソコン画面とテレビ会議システムの画像を同時に表示することが可能です。Full HD対応のテレビ会議システムも高画質で表示可能です。




<PX-DUOシリーズの製品特徴>

(1)
指、スタイラスペン(指し棒)、電子ペンで用途によって使い分けが可能
簡単に使う時は指で、細かい字を書く時は電子ペンで、プレゼンを行う時は指し棒(付属)でと用途によって最適な物が使えます。
(2)
ジェスチャで自然な操作
手のひらでスクロールしたり、2本指で拡大/縮小したりといったジェスチャが使えます。直感的でとても自然な操作です。
(3)
使いやすい電子ペン
細くなめらかな書き心地で、小さな文字でも書きやすく、より本物のペンに近い電子ペンです。3Dシミュレーション等で要求される中クリック/右クリック/ダブルクリックなども快適に操作でき、デジタルコンテンツをフルに有効活用できます。
(4)
ファンクションパネルの充実
「StarBoard」で採用しているファンクション機能を本体の画面外に搭載しました。ソフトウェアの機能やキーボード操作を、パネルに割り当てることで、より使いやすくなります。ファンクション機能は、お客様で自由にカスタマイズしてご利用いただけるのも特長です。

本製品は、2008年6月25日~27日に開催される「第19回設計・製造ソリューション展」
(於:東京国際展示場)で展示されます。

<StarBoardホームページ>:/starboard/

<本件に関するお問い合わせ>
日立ソフト @Sales24
Tel: 03-5479-8831 URL:http://sales24.hitachisoft.jp

StarBoardは日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社の登録商標です。
その他記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
日立ソフトの正式名称は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社です。
StarBoardの画面はハメコミ合成です。ラティス・テクノロジー(株)の3Dデータ編集ツール「XVL Studio」の画面です。


<製品仕様>


■ 主な製品仕様

モデル名 StarBoard PX-DUO-50
(ハイビジョンPDPモデル)
StarBoard PX-DUO-50
(フルハイビジョンPDPモデル)
StarBoard PX-DUO-65
(フルハイビジョンPDPモデル)
検出方式 赤外線イメージセンサー方式
インターフェース USB 1.1 (3.0m)
デジタイザトラッキング速度 約100点/秒 (USB1.1 Full Speed 時)
入力方法 電子ペン、指、スタイラスペン
電子ペン 赤外線通信・4ボタン式:ペン先ボタン×1、サイドボタン×3(単4アルカリ乾電池×1)・
サイズ:149mm×φ17mm、質量:約20g(電池除く)
画面有効サイズ (W×H)/アスペクト費 50型(1,106×622 mm)/16:10 65型(1,434×807 mm)/16:10
電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力 485 W
本体電源「切」時 約 0.1 W
リモコンで電源「切」時 
約 0.6 W
(待機電力低減設定「オフ」)
約 0.4 W
(待機電力低減設定「オン」)
620 W
本体電源「切」時 約 0.1 W
リモコンで電源「切」時 
約 0.6 W
(待機電力低減設定「オフ」)
約 0.4 W
(待機電力低減設定「オン」)
755 W
本体電源「切」時 約 0.1 W
リモコンで電源「切」時 
約 0.6 W
(待機電力低減設定「オフ」)
約 0.4 W
(待機電力低減設定「オン」)
外形寸法 (W×H×D) 1,220×845×116 mm
(突起部を除く)
1,220×845×116 mm
(突起部を除く)
1,556×1,041×119 mm
(突起部を除く)
スタンド使用時の高さ 4段階
(2,070 、1,990、 1,910、 1,830mm)
4段階
(2,070、1,990、1,910、1,830mm)
4段階
(1,755、1,855、1,955、2,055mm)
質量
プラズマ
ディスプレイ
約 36kg 約 41kg 約 72kg
デジタイザ 約 8kg 約 8kg 約 13kg
スタンド 約 38kg 約 38kg 約 58kg
対応規格・規制 VCCI クラスB


■ 動作環境

パソコン仕様 CPU 推奨 Pentium4 2GHz以上
ハードディスク 空き容量 300MB以上
メモリ 推奨 512MB以上
表示色 High Color (16ビット)
適用OS Windows2000/XP/Vista
前提ソフト Internet Explorer 6/7
AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。