日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2008年8月28日
日立ソフト

既存のシステム構成を変更することなく本番システムをSecureOnlineに移転
―10台のPCサーバをSecureOnlineの2ブレードで集約しグリーンIT化を促進―

 日立ソフト(本社:東京都品川区、執行役社長:小野 功)は、10台のPCサーバで稼動していた保守サポートサイト「@Service24(アットサービス24)」を既存のシステム構成を変更することなく、当社が提供する仮想化環境「SecureOnline(セキュアオンライン)」の2ブレード(10個のVM)に移転いたしました。これにより、設備購入費および運用コスト削減が2割削減できた一方、物理サーバの台数が5分の1に減り、さらにサーバを繋ぐネットワーク機器やケーブルが不要になったため、これまで格納していた1ラック(42U の容量)の占有スペースが、実質6分の1のスペース(「SecureOnline」の一部)になりました。また、総消費電力量も5割強削減され、グリーンIT化に貢献しています。

 近年、ITにおいても環境への取り組みが求められており、物理サーバを仮想化環境に移転することが注目されています。多くの本番システムは、増大するリクエストを振り分けるためのロードバランシング機能と、信頼性を確保するためのクラスタリング機能を備えています。
 しかし、「SecureOnline」ではこれまで開発環境を主として販売していたため、ロードバランシング機能をサービスとして提供していませんでした。一方、クラスタリング機能を実現するミドルウェアは、複数のサーバが物理ストレージを共有する必要があったため、完全な仮想化環境ではクラスタリング機能を実現できませんでした。
「SecureOnline」では今般、本番システムを稼動させるため、F5ネットワークスジャパン株式会社(以下、F5ネットワークス)の「BIG-IP」を採用し、ロードバランシング機能をサービスとして提供を始めました。一方、本番システムをクラスタ構成にするために、仮想化環境でのクラスタリング機能を正式にサポートするサイオステクノロジー株式会社(以下、サイオステクノロジー)の「LifeKeeper」を採用し、データベースのミラーリングによりクラスタ構成を実現しました。

 このたびの発表に際し、F5ネットワークス、サイオステクノロジーより、それぞれ以下のコメントを頂いております。

F5ネットワークスジャパン株式会社
長崎 忠雄 代表取締役社長

 F5ネットワークスは、日立ソフトの「SecureOnline」を利用した導入事例の発表を歓迎いたします。近年、日本国内でも仮想化環境を利用したサーバ統合への関心が高まっておりますが、VMwareを利用している「SecureOnline」での導入成功事例をはじめとして、本市場が今後ますます活性化されることを大いに期待しております。F5ネットワークスではアプリケーション・システムの可用性を高める先進機能の提供に加えて、VMWare仮想化環境を最適化させる高機能かつ自動化された負荷分散機能を提供しており、今後日立ソフトの更なる生産性向上に寄与していきたいと考えております。

サイオステクノロジー株式会社
喜多 伸夫 代表取締役社長

 サイオステクノロジーは、日立ソフトの「@Service24(アットサービス24)」が仮想化環境「SecureOnline」へ移転されたことを心より歓迎致します。「SecureOnline」では、当社のソフトウェアである「LifeKeeper」が採用され、クラスタリング機能が実現されたことにより、仮想化環境での信頼性がより高まったと確信しております。今後も当社は日立ソフトと協業し、仮想化における可能性を高めるソリューションを提供してまいります。

 お客様の本番システムを「SecureOnline」に移転して頂くことにより、お客様は、本番システムの運用コストや設置スペース、総消費電力量を削減でき、グリーンIT化を促進することができます。日立ソフトは、今回の移転の成果を踏まえ、今後も環境に配慮したサービスの提供に努めてまいります。

<@Service24のシステム構成>

@Service24のシステム構成

<SecureOnlineホームページ> http://hitachisoft.jp/products/so/

<本件に関するお問い合わせ先>
担当部署:@Sales24
Tel: 03-5479-8831   ホームページ http://sales24.hitachisoft.jp/

※ SecureOnlineは、日立ソフトの登録商標です。
※ その他記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
※ 日立ソフトの正式名称は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。