日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2008年9月11日
日立ソフト

日立ソフトの「在宅勤務用シンクライアントソリューション」がCitrix XenAppに対応
─シンクライアントユーザが自宅から社内システムへ安全にアクセス─

日立ソフト(本社:東京都品川区、執行役社長:小野 功)は、「鍵(USBキー)」を使って、自宅PCをシンクライアント化し、社内システムへ安全にアクセスできる「在宅勤務向けシンクライアントソリューション」を販売していますが、今回、アクセスできる社内システムがWindows XPとWindows Vistaに加え、Citrix XenAppTM(旧名称MetaFrame / Presentation Server)に対応致しました。利用料は、これまでの一人あたり月額1,800円(税込み1,890円)(※1)で変更なく、追加費用は発生しません。

 近年、情報漏えいの防止のため、社内システムでシンクライアントの導入が進んでいます。この場合、それぞれの従業員のデスクトップ環境をサーバ側に用意する必要があります。従ってこうしたシンクライアントを利用しているユーザが自宅で勤務する場合は、社内で利用しているシンクライアントを自宅に持ち帰って社内システムにアクセスする必要がありました。しかし日立ソフトが提供する本サービスでは、必要なときに必要なだけIT環境を提供する「SecureOnline(セキュアオンライン)統制IT基盤提供サービス(※2)」をご利用いただくことにより、お客様は新たな設備投資を必要とせず、シンクライアント環境を実現できます。在宅勤務者は、USBキー1本を自宅のPCに差し込むだけで、インターネット回線を通じて、「SecureOnline」を経由し、社内システムのXenApp上のご自身のデスクトップ環境にアクセスすることができます。また、これまで同様、データのアップロード、ダウンロードができないため、社内データの外部への流出を防ぐことができます。

(※1)
1社あたり月額基本料金15,000円(税込み15,750円)、1人あたり月額利用料金1,800円(税込み1,890円)。
(※2)
仮想マシン、OS、各種ミドルウェア、各種ツールからなるIT基盤と付帯する運用を提供するサービス

今回の発表に際し、シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社より、以下のコメントを頂いております。

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
大古 俊輔 代表取締役社長
シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社は、日立ソフトが提供する在宅勤務向けシンクライアントソリューションにおいて、新たにCitrix XenAppTMへ対応したことについて歓迎いたします。Citrix XenAppの提供するアプリケーションの仮想化技術と日立ソフトの「SecureOnline統制IT基盤提供サービス」を組み合わせることで、簡単に自宅のPCをシンクライアント化し、社内システムへの安全なアクセス環境についてより幅広いお客様にとって導入しやすいものとなりました。当社は、日立ソフト様との協業をより一層推進し、企業のセキュアなアプリケーションデリバリーインフラストラクチャーの拡大を目指して活動して参ります。

<SecureOnlineホームページ> http://hitachisoft.jp/products/so/

在宅勤務シンクライアントの利用イメージ

<本件に関するお問い合わせ先>
担当部署:@Sales24
Tel: 03-5479-8831   ホームページ http://sales24.hitachisoft.jp/

SecureOnlineは、日立ソフトの登録商標です。
Citrix XenAppTMは、Citrix Systems, Inc. の米国あるいはその他の国における商標です。
その他記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
日立ソフトの正式名称は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。