日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2008年9月25日
日立ソフト

農業情報管理システムが「グリーンIT推進協議会会長賞」を受賞
~IT利用により農業や環境問題を改善するアプローチを評価~

日立ソフト(執行役社長:小野 功、本社:東京都品川区)が提供する「農業情報管理システム(生育予測・食味解析システム)、製品名:GeoMation Farm(ジオメーションファーム)」は、グリーンIT推進協議会が主催する「グリーンITアワード2008」にて、「グリーンIT推進協議会会長賞」を受賞しました。これは、本システムのIT利用によって農業あるいは環境問題を改善するというアプローチが、今後の様々な技術開発の方向性に少なからぬ影響を与えることを評価いただいたものです。なお、「GeoMation Farm」は、本年6月発表の総務省主催「u-Japan大賞 環境部門賞」に続いての受賞となります。

農業情報管理システム(生育予測・食味解析システム)は、衛星画像を利用して小麦の生育状況を解析し、解析結果を圃場(ほじょう)ごとに色分けして表示することができます。この情報をもとに、刈り取り時期と刈り取る圃場の順番を最適化することにより、刈り取り作業の効率向上を図ることができます。さらに、小麦をタイミング良く収穫できるため、適期前に刈り取った水分含有量の多い小麦が減少し、乾燥処理に必要なエネルギーの削減が可能となり、環境負荷の低減に役立っています。本システムは、2005年以降、北海道にある複数の農業協同組合にて利用されています。

 「グリーンITアワード」は、グリーンIT推進協議会が、優れた省エネ効果を持つIT機器、ソフトウエア、サービス、ソリューション等、並びにそれらを活用して優れた省エネ効果を実現した提案等を表彰し、「ITの省エネ」及び「ITによる社会の省エネ」を両輪とする「グリーンIT」の取り組みをより一層加速するため、創設されたものです。

 本システムは、CEATEC Japan 2008会場内のグリーンITパビリオンにて展示いたします。
■グリーンITパビリオン
日 時:2008年9月30日(火)~10月4日(土) 午前10時~午後5時 (但し30日は正午開始)
会 場:幕張メッセ・イベントホール (CEATEC JAPAN 2008 会場内)
主 催:グリーンIT推進協議会

今後も、当社では情報通信技術を活用できるさまざまな適用分野を開拓し、お客様に喜ばれ、地球環境への負荷を低減できる情報システム・サービスの提供をめざしてまいります。

■農業情報管理システム(GeoMation Farm)の紹介ホームページ
http://www.hitachi-solutions.co.jp/geomation_farm/

GeoMationは日立ソフトの登録商標です。
日立ソフトの正式名称は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。