日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2008年9月29日
日立ソフト

回帰テスト自動実行ツール「anyWarp Capture/Replay」を発売開始
~日立ソフトのテストツール群「anyWarp TestSuite」の新製品として
テスト工数削減と品質向上を実現~

 日立ソフト(執行役社長:小野 功、本社:東京都品川区)は、総合テスト段階における回帰テストを自動化するツール「anyWarp Capture/Replay (エニーワープ・キャプチャーリプレイ)」を2008年10月1日より販売いたします。
 大規模なシステムにおいては、様々なプログラムが複雑に関りあっており、プログラムに変更を加えた際に他のプログラム部分に予想外の影響を与え、誤作動を起こしてしまう恐れがあります。そこで、総合テストの段階では、プログラム修正が何らかの影響を与えていないかをチェックする「回帰テスト」を行います。従来の回帰テストは手作業で行われており、工数の増加や人為的なミスの発生が問題となっていました。
 「anyWarp Capture/Replay」は、この回帰テストを自動化することにより、工数の削減が図れ、かつテスト品質の向上が実現できます。本製品は、アプリケーションに対する操作の記録や自動で実行を行う「記録・再生機能」をはじめ、記録した操作内容を変更・拡張するための「編集機能」、また、テスト結果を自動的に検証する「テスト結果自動検証機能」を装備しています。これらの機能で回帰テストを効率的に行い、総合テストをサポートします。
 さらに日立ソフトでは、ソフトウェア・テストのツール群に、このたびの新製品「anyWarp Capture/Replay」を追加し、「anyWarp TestSuite(エニーワープ・テストスイート)」として提供いたします。集中型Javaコード診断ツール「anyWarp CodeDirector」、Webシステム性能測定ツール「Assam WebBench」の2製品に、「anyWarp Capture/Replay」を加え、3製品で構成されるスイート製品として販売します。
 「anyWarp TestSuite」では、「anyWarp CodeDirector」でコーディング段階のテストにおける品質の維持とリスク低減を実現し、「Assam WebBench」で総合テストから運用段階での性能テストをカバーし、「anyWarp Capture/Replay」で回帰テストを支援します。このように本テストスイート製品は、テストの観点から開発工程全般をサポートできます。  各ツールは、それぞれ個別でも販売しておりますが、スイート製品としてご購入いただくことで、価格面においてもお客様の希望に沿える製品となっています。「anyWarp Capture/Replay」は、年間500ライセンス、「anyWarp TestSuite」 は、年間30セットの販売を目標としています。

<紹介ホームページ>

anyWarp TestSuite :http://www.hitachi-solutions.co.jp/testsuite/
anyWarp CodeDirector :http://www.hitachi-solutions.co.jp/anywarp_codedirector/
anyWarp Capture/Replay :http://www.hitachi-solutions.co.jp/anywarp_capturereplay/
Assam WebBench :http://www.hitachi-solutions.co.jp/a_webbench/

<anyWarp Capture/Replayの主な機能>
■ テスト対象アプリケーションの入力操作の記録と再現を自動で行います。
■ 画面イメージ上でのマウス操作により、入力操作のカスタマイズが容易に行えます。

■ テスト結果自動検証機能により、実行結果画面を以前の画面と比較し、デグレード確認を行います。

<出荷開始時期> 2008年10月1日

<稼動環境>
仕様 OS WindowsXP(SP2),WindowsVista(32ビット)
システム IBM互換PC,PentiumⅢ 1.0GHz以上のプロセッサを推奨
テスト対象 Windows Microsoft Visual Basic5.0,6.0,
Microsoft Visual C++6.0,
BorlandC++Builder6.0
Web Internet Explorer6.0,7.0

<「anyWarp Capture/Replay」製品価格>
anyWarp Capture/Replay 1ライセンス ライセンス 300,000円
anyWarp Capture/Replay 5ライセンス ライセンス 1,455,000円
anyWarp Capture/Replay 10ライセンス ライセンス 2,850,000円
anyWarp Capture/Replay 30ライセンス ライセンス 8,100,000円
anyWarp Capture/Replay 50ライセンス ライセンス 12,750,000円
anyWarp Capture/Replay 100ライセンス ライセンス 22,500,000円
anyWarp Capture/Replay メディアキット CD 3,000円
※ 1ライセンスは、クライアントPC1台あたりの価格です。
※ 複数ライセンスを購入した場合、ボリュームディスカウント割引を適用しています。

<「anyWarp Capture/Replay」サービス体系>
サービス名 サービス内容 標準価格
年間保守サービス
(@Service24)
サービス内容については、
以下をご覧下さい。
http://service24.hitachisoft.jp
製品標準価格の15%/年

<「anyWarp TestSuite」製品価格>
製品名 製品内容 標準価格(税別)
anyWarp TestSuite 5 Standard anyWarp Capture/Replay 5ライセンス
anyWarp CodeDirector 10ユーザライセンス
Assam WebBench Standard Edition
3,400,000円
anyWarp TestSuite 5 Enterprise anyWarp Capture/Replay 5ライセンス
anyWarp CodeDirector 10ユーザライセンス
Assam WebBench Enterprise Edition
4,300,000円
※ その他の価格帯についてはお問い合わせ下さい。

<本件に関するお問い合わせ先>
担当部署:@Sales24
Tel: 03-5479-8831  ホームページ: http://sales24.hitachisoft.jp/

Microsoft 、Visual Basic、Visual C++、InternetExplorerは、米国およびその他の国における米国Microsoft Corp.の登録商標です。
Borlandは、米国Borland Software Corp.の登録商標です。
anyWarp、Assam WebBench、anyWarp Capture/Replayは日立ソフトの登録商標または商標です。
その他記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
日立ソフトの正式名称は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。