日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2008年11月19日
日立ソフト

日立ソフトの仮想化ノウハウを凝縮した「SecureOnline 1ラックソリューション」を販売開始
─発注後3ヶ月で社内にクラウドセンタの開設が可能─

 日立ソフト(本社:東京都品川区、執行役社長:小野 功)は、社内にクラウド・コンピューティング・センタ(*1)(以下、クラウドセンタと呼ぶ)を設置し、最新の仮想化技術を活用して社内のサーバ統合やクライアント集約を実現したいお客様に、「SecureOnline(セキュアオンライン)」(*2)の構築ノウハウを凝縮した「1ラックソリューション」を本日より販売致します。本ソリューションでは、クラウドセンタに必要なブレードサーバ、SANストレージ(*3)、ネットワーク機器、および管理コンソールをすべて1つのラックに集約し、さらに仮想化ソフトの設定まで完了してお納めするため、お客様は当社に発注後3ヶ月で本格的なクラウドセンタを開設し、社内のプロジェクトに仮想マシン(VM)を提供することができます。
(*1)「クラウド・コンピューティング・センタ」は、ネットワークの向こう側にいる利用者が利用するIT基盤を提供する新しい形態のデータセンタです。
(*2)「SecureOnline」は、必要なときに必要なだけIT基盤を利用することができる、当社が提供するオンデマンド型のサービスです。
(*3)SAN(Storage Area Network) : FibreChannelなどの高速な専用線でストレージ機器間を結ぶ、高可用性、高スケーラビリティかつ高性能なストレージ専用ネットワーク

 近年、企業では仮想マシンの利用を目的とした社内クラウドセンタを開設したいという要望が高まっていますが、その構築には提供ベンダへのヒアリングから始まり、セッティングと動作検証に至るまで多くの期間を要していました。こうした中、日立ソフトでは2年以上の運用実績のある「SecureOnline」のノウハウを活かすことで、仮想化環境構築に要する期間の大幅な削減を実現しました。

イメージ
図.通常の仮想化環境構築とSecureOnline1ラックソリューションの構築方法の違い

 お客様が社内にクラウドセンタを開設し百数十個のVMを安定して稼動させるためには、ブレードサーバ、SANストレージおよびネットワーク機器の構成決定に加え、仮想化ソフト「VMware」のインストールやすべてのパラメータの最適な設定を行う必要があります。また、各ハードウェアの不具合を解消する修正ソフトウェア(パッチ)の適用やVMwareのバージョンアップに対応するためには、お客様自身がそれらの内容を理解し、それらを行うか、もしくは保留するかを判断する必要があります。しかし、そのシステム変更に関係する各種パラメータは200個以上にもなるため、システム変更作業の検証はお客様にとって大きな負担となります。

 「SecureOnline 1ラックソリューション」では、SecureOnlineとして使用しているシステムと同等のブレードサーバ、SANストレージおよびネットワーク機器を提供し、これらの各種パラメータも日立ソフトが社内で2年以上の運用実績(常時700VM以上の稼動実績)のあるSecureOnlineと同様のセッティングを行うことにより、お客様の運用上のトラブルを大幅に削減することができます。(※4)さらに、修正パッチの適用やバージョンアップについては、SecureOnlineであらかじめ適用し、その実績に基づきお客様に報告するため、システム変更作業の検証はお客様側では不要となります。さらに、ご導入頂いたハードやVMwareの稼動を監視するソフトも提供しており、運用管理者のストレスも大幅に軽減されます。
(*4) 運用に当たり、お客様は日立ソフトと1ラックのシステム保守契約を締結して頂く必要があります。

 日立ソフトでは、「SecureOnline 1ラックソリューション」を初年度で10社への導入を目指しています。日立ソフトは今後も、SecureOnlineのサービス提供、並びに「SecureOnline 1ラックソリューション」の販売を通して、お客様に最適なIT基盤をご提供していきます。

<参考価格>基本モデルの場合
         設備および設定費用(1ラック)7,000万円(税抜き)
         システム保守費用 設備および設定費用の18%/年(税抜き)
             *但し、システム構成により若干変動いたします。

<SecureOnlineホームページ> http://hitachisoft.jp/products/so/

<本件に関するお問い合わせ先>
担当部署:@Sales24
Tel: 03-5479-8831   ホームページ http://sales24.hitachisoft.jp/

※VMwareはVMware Inc.の登録商標です。
※SecureOnlineは日立ソフトの登録商標です。
※その他記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
※日立ソフトの正式名称は、日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社です。

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。