日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2009年4月16日
日立ソフト

日立ソフトがSenSageとJP1のログ管理自動化連携製品を提供

 日立ソフト(本社:東京都品川区、執行役社長:小野 功)は、大規模向けログ管理ソフト「SenSage Enterprise Security Analytics」 (以下SenSage、センセージ)(※1)と株式会社日立製作所(執行役会長兼執行役社長:川村 隆、以下日立) の統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」を利用した業務システムの監査証跡管理製品「JP1/NETM/Audit-Manager」 (以下JP1/NETM/Audit)を連携する製品「SenSage Connector for JP1」を5月11日より提供開始します。
 「SenSage Connector for JP1」はJP1管理対象の各システムから収集した監査証跡ログを、簡単にSenSage側に渡す機能を提供し、 SenSage導入時の構築作業と日々のログ管理作業の軽減を図ります。

(※1)SenSage:米国SenSage, Inc.が開発し、東京エレクトロンデバイス株式会社 (本社:神奈川県横浜市、取締役社長:砂川 俊昭)が国内総販売代理店を務めるログ管理ソフトウェア

 SenSageは、各種セキュリティ機器、ネットワーク機器、サーバ、アプリケーションなど広範囲に多種多様のログ収集を行い、 圧縮により数年分の蓄積ができると共に、分析やレポートが可能なログ管理のためのプラットフォームです。 一方で、お客様の運用形態によっては各種ログを収集するための定義ファイルPTL(Parse Transform Load)の作成が必要であり、 ログ管理対象システムが増えるにつれて、これら作業を効率化することが求められています。

 JP1/NETM/Auditは、GUIを利用した簡単な定義で、JP1配下の各製品や業務システムから出力される監査証跡ログを収集することができます。

 SenSage Connector for JP1は、JP1/NETM/Auditに収集された監査証跡ログを、その個々のログフォーマットを意識することなく、 スムーズにSenSageに連携するための製品であり、ジョブ管理製品「JP1/Automatic Job Management System 2」(以下JP1/AJS2) のカスタムジョブとして提供されます。本製品により、SenSage導入時の構築作業の大幅な軽減と日々の運用の自動化を実現し、 SenSageを用いた企業システムの多種多様なログの一元管理を支援します。

今回の発表にあたり、以下のコメントをいただいています。

■ 東京エレクトロン デバイス株式会社 CN事業統括本部 CNプロダクト本部
本部長 林 英樹 様

 内部統制監査対応が本格化する中、今後、益々企業内でのログ統合管理製品の需要が高まると考えております。 日立ソフトが提供するSenSage Connector for JP1は、SenSage導入工数を大幅に軽減し、ログ収集業務の大幅な効率化を行い、 ログ統合管理製品であるSenSageをよりお客様にお使いいただきやすい形にする画期的なソリューションと考えております。

■ 製品概要
 JP1/AJS2のカスタムジョブで定義した内容に従い、JP1/NETM/Auditからログを取得し、SenSageサーバに渡します。SenSageでは、JP1専用のPTLファイルに従い、JP1配下のログを取り込みます。

SenSage Connector for JP1

(1)連携前イメージ

SenSage Connector for JP1

(2)連携後イメージ

SenSage Connector for JP1

<稼働環境>
・連携実行環境

OS ・Microsoft Windows Server 2003 または
 Microsoft Windows Server 2008
前提製品 ・JP1/NETM/Audit - Manager 08-50以降
・JP1/File Transmission Server/FTP 08-50以降
・JP1/Automatic Job Management System 2 - Manager 08-50以降 または
 JP1/Automatic Job Management System 2 - Agent 08-50以降


・連携定義環境

OS ・Microsoft Windows XP Professional または
 Microsoft Windows Vista または
 Microsoft Windows Server 2003 または
 Microsoft Windows Server 2008
前提製品 ・JP1/Automatic Job Management System 2 - View 08-50以降


<価格> SenSage Connector for JP1 714,000円(税込み)


<製品紹介ホームページ>
SenSage Connector for JP1 :
 http://hitachisoft.jp/products/hitachi-middle/solution/sensage-jp1/
SenSage :
 http://www.hitachi-solutions.co.jp/sensage/

■本件に関するお問い合わせ
 担当部署:@Sales24
 Tel: 03-5479-8831  ホームページ: http://sales24.hitachisoft.jp/

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。