日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2009年8月11日
日立ソフト

日立ソフトが「コンテンツ運用支援ソリューションMEANS」を販売開始
~ファイルサーバのコンテンツを用途・目的に応じて自動分類~

 日立ソフト(本社:東京都品川区、執行役社長:小野 功)は、企業内のコンテンツ(電子文書)の属性情報を管理し、 属性に基づく仮想分類表示とコンテンツに対する操作を提供するコンテンツ運用基盤ソフトウェア「MEANS/Base」(ミーンズ/ベース)を開発し、 証憑書類等の電子管理を支援する「MEANS紙文書電子化ソリューション」と、ファイルサーバの不要ファイルを廃棄し運用活性化を支援する 「MEANSファイルサーバスリム化ソリューション」として、8月11日より販売開始します。

  • コンテンツ運用とは、企業においてコンテンツをファイルサーバに保管し、ユーザに共有・活用を促し、そのコンテンツをバックアップあるいは廃棄することです。
  • MEANSとは、 Metadata Extraction And Navigation Systemの略称です。
  • コンテンツ運用支援ソリューションMEANSとは、コンテンツ運用基盤ソフトウェア「MEANS/Base」をコアとしたソリューションの総称です。

 「MEANS/Base」は、ファイルサーバを監視し、コンテンツから属性情報を自動抽出して、コンテンツをファイルサーバにおいたまま、 属性のみをインデックスとして管理します。属性情報とは、コンテンツに含まれるタイトル・日付・顧客名・管理番号等の情報の他、 ファイルシステムのプロパティ情報を指します。「MEANS/Base」は、属性を使ってコンテンツを分類し、仮想的なフォルダを設けてツリー表示することで、 格納サーバやフォルダに依らずコンテンツを仮想的に一元管理するとともに、仮想表示結果から実コンテンツの物理操作(移動、コピー、削除)を提供します。

 従来、個人のPCに置かれていたコンテンツはセキュリティやバックアップの観点からファイルサーバで集中管理されるようになりました。 また、グリーンITや業務効率化を背景として、ペーパレス化やサーバ集約が進み、ファイルサーバ上のコンテンツはますます増加しています。
 このような状況の下、増え続けるコンテンツをいかに管理し、効果的に運用していくのかが企業にとって重要な課題となっています。

 これらの課題を解決する為に、「MEANS紙文書電子化ソリューション」では、企業内の紙文書を、 複合機でイメージデータ化してファイルサーバに格納するだけで、コンテンツを自動的に整理し、手軽な紙文書の電子化及び簡易管理を提供します。
 また、「MEANSファイルサーバスリム化ソリューション」では、企業内のファイルサーバから不要ファイル候補を自動検索し、 サーバの利用状況をグラフ表示するとともに、日々ファイルを共有・活用するなかで不要ファイル候補を逐次推奨表示して削除を促し、 ファイルサーバの使用容量の節約と活性化を支援します。

 今後は、「MEANS/Base」の機能を基に、「情報共有・情報活用」「セキュリティ」「運用・管理」の各市場に向け、 具体的業務に適合したソリューションを提供していきます。

<MEANS紙文書電子化ソリューション>

企業内の紙文書を、既存の複合機でイメージデータ化してファイルサーバに格納するだけで、コンテンツを自動的に分類・整理し、 共有・活用を促進するソリューションです。


MEANS紙文書電子化ソリューション


<導入メリット>

1

紙文書のスキャン運用の作業時間を
大幅に省力化できます
  • スキャン時の登録シート作成、スキャン位置指定が要りません。
  • スキャンデータのファイル名の変更や、物理フォルダへの仕分けが要りません。
  • 簡単属性編集ユーティリティで、Excelシートを使用して容易に属性を編集できます。

2

従来の運用手順を変更する
必要がありません
  • 既存の複合機でファイルサーバにイメージデータを格納するだけで、利用できます。
  • MEANSからファイルサーバを参照しに行くため、システムへの登録処理が要りません。

3

システム運用・保守工数が増えません
  • ファイルサーバのフォルダのアクセス権に従い制御するので、新たなアクセス権設定は要りません。
  • ブラウザを使用して閲覧するので、クライアントPCの設定・保守が要りません。


<MEANSファイルサーバスリム化ソリューション>

企業内のファイルサーバから、不要ファイル候補を自動検索してダッシュボード表示するとともに、 コンテンツを共有・活用するなかで不要ファイル候補を逐次通知して削除を促し、 ファイルサーバの使用容量の節約と運用活性化を支援するソリューションです。

MEANSファイルサーバスリム化ソリューション

<導入メリット>

1

日々の業務の中で、少ない負担で不要ファイルの削除を促進できます
  • コンテンツの内容から不要ファイル候補を自動判別します。
  • 日々のファイルの共有・活用の際に、不要ファイル候補を逐次リコメンド表示、不要ファイルの削除を促します。
  • 削除したファイルはゴミ箱エリアに移動。簡単に戻せるので、気軽に削除できます。

2

情報システム部門のファルサーバ運用コストを削減できます
  • ディスク増設費用を削減できます。
  • ディスク使用量の削減により、バックアップ作業時間やバックアップメディア費用を削減できます。

3

企業内利用部門からのディスク容量拡張申請の妥当性判断ができます
  • 全社のディスク無駄遣い状況を簡単に把握できます。
  • 分析レポート(ダッシュボード)により、利用者に削除を促す客観的事実を提示できます。


<動作環境>

■MEANS / Base

OS Red Hat Enterprise Linux
Windows Server 2008 (次期バージョンにて対応予定)
(詳細の対応Edition等は別途お問合せください)
CPU Intel Xeon 2.0GHz以上
メモリ 8GB以上
HDD インデックス格納用250GBより


<価格>

  • MEANS紙文書電子化ソリューション
    1サーバライセンス(500ユーザ、100万文書対応) 3,150,000円(税込み)~
  • MEANSファイルサーバスリム化ソリューション
    1サーバライセンス(500ユーザ、100万文書対応) 3,150,000円(税込み)~

<出荷開始時期>: 2009年10月1日

<製品紹介Webサイト>: /means/

■本件に関するお問い合わせ
 担当部署:@Sales24
 Tel: 03-5479-8831  ホームページ: http://sales24.hitachisoft.jp/

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。