日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2009年11月27日
日立ソフト

日立ソフト、Rubyシステム開発に対応する専門組織「Rubyセンタ」を設立
~ 中小規模案件を中心に、Rubyの普及を促進 ~

 日立ソフト(本社:東京都品川区、執行役社長:小野 功)は、Ruby(ルビー)を活用したシステム開発案件に対応する専門組織として 「Rubyセンタ」を2009年12月1日に設立します。本センタはRuby開発案件を集中対応するために設置された組織で、全社を横断する組織として窓口を一本化し、 おもに中小規模のシステム開発案件を中心にビジネス展開を進め、関連団体との連携を強化しRubyの普及を促進します。

 Rubyは高い生産性や拡張性などから注目を集めている「まつもとゆきひろ」氏が開発した日本発のオブジェクト指向スクリプト言語です。近年では、 Webアプリケーションフレームワーク(*1)であるRuby on Railsの流行に伴い、Webアプリケーションの分野で普及が 始まっています。
 日立ソフトではRubyセンタを設置することでRubyによるシステム開発への対応を一本化、Rubyを使用したシステム開発の拡大をめざします。Rubyセンタのもと、 Ruby認定技術者(*2)中心にRuby言語に精通したエンジニア約100名で活動します。業種別の各事業部門と共同で、 Rubyを使った新規システム開発に対応するほか、運用・保守サービスや教育サービス、コンサルテーションなどを展開していきます。
 また、今回のRubyセンタ設立に併せて松江事務所(2008年10月設立)内にRubyラボを設置し、地元IT企業および関連団体との連携を強化します。
 なお、日立ソフトは、Rubyアソシエーション認定システムインテグレータ(*3)として登録されています。

(*1) Webシステムを構築するための基盤となるソフトウェア
(*2) Rubyアソシエーションが認定する高い水準のRubyシステム開発能力を持つ技術者
(*3) Rubyアソシエーションが認定するRubyの高い技術を持った企業

■「日立ソフトのRubyセンタ」ホームページ :/ruby/

■本件に関するお問い合わせ
 担当部署:@Sales24
 Tel: 03-5479-8831  ホームページ: http://sales24.hitachisoft.jp/

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。