日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2010年1月12日
日立ソフト

日立ソフトの情報漏洩防止ソリューション「秘文」の新シリーズを提供開始
~使いたい機能単体での導入が可能になり、低コストかつ容易に高セキュリティを実現 ~

 日立ソフト (本社:東京都品川区、執行役社長:小野 功) は、これまでの秘文製品との連携に加え、 PC一台からでも簡単に導入・運用できる新たな秘文シリーズ「秘文LE (Light Edition:ライトエディション)シリーズ」の提供を開始します。 本シリーズ最初の新製品として、社外でのデータの安全な利用を実現する「秘文LE Personal Office(ヒブン エルイー パーソナル オフィス)」 を2010年2月26日から販売します。
 本シリーズは、必要な機能に絞り込むことで、エンタープライズレベルのセキュリティ対策でなく クライアントレベルで簡単かつ低コストに対策が実現できるため、中堅・中小規模の企業にも導入が容易となりました。

 日立ソフトの「秘文」はオフィスのIT環境において、情報の持ち出しのコントロール、また持ち出した情報を保護することで安全な情報の活用を実現する 「秘文AEシリーズ」、セキュリティ運用状況の把握と可視化により、マネージメントを実現する 「秘文MEシリーズ」の2つのシリーズにより、情報漏洩防止のトータルソリューションを提供してきました。従来「秘文」 は高セキュリティを強固に実現したい大規模のお客様を中心に広く導入されてきましたが、中堅・中小規模の企業のお客様から、 使用したい機能単体でも簡便に導入でき、かつ高いセキュリティを確保したいという要望がありました。そのニーズに対応するため、このたび、 システム管理者が不在でも、「ファイル持ち出し」や「暗号化」など機能をPC一台から低コストで導入・運用できる「秘文LEシリーズ」 を新設しました。
 この新シリーズ提供と併せ、「秘文AEシリーズ」の強化製品として、サーバからの不正な持ち出しを制限する新製品 「秘文AE ServerDefender(ヒブン エーイー サーバ ディフェンダー)」を2010年1月29日から販売します。

秘文LEシリーズを追加し多様化するセキュリティニーズに包括的に対応

■ 新製品の機能紹介

1.「秘文LE Personal Office」の特長

「秘文LE Personal Office」は、専用USBメモリで出張先や自宅を携帯オフィス環境に変える、 「社内データを社外に持ち出し、編集・参照したいが、情報の流出を簡単に防ぎたい」という要望に応える製品です。 本製品を使用していることを意識せずに携帯オフィス環境を実現できるのが特徴です。

1)携帯オフィス環境を専用USBメモリで実現

出張先や自宅のパソコンに専用USBメモリを挿すだけでその中のデータが編集・参照できる「携帯オフィス環境」が実現できます。 携帯オフィス環境では、Microsoft Office、一太郎等の使い慣れたアプリケーション*1でデータを編集・参照することができます。 携帯オフィス環境を利用する社外のパソコンに「秘文LE Personal Office」のインストールは不要です。
*1:アプリケーションは事前にパソコンにインストールされている必要有り

2)携帯オフィス環境でのデータ保存

携帯オフィス環境で編集・参照したデータは専用USBメモリにのみ保存可能なため、社外のPCにデータを残さずに安全な運用が可能になります。

3)専用USBメモリデータの自動暗号

専用USBメモリでデータを持ち出す際は、データを自動的に暗号化します。社外で専用USBメモリを紛失しても、データは暗号化されているため第三者への情報漏洩を防止できます。

<価格> オープン価格
 ※本ソフトウェア1ライセンスで専用USBメモリ1本が利用可能です。

日立ソフトは、2011年度までに本製品の100,000ライセンス導入を目標としています。

2.「秘文AE ServerDefender」の特長

「秘文AE ServerDefender」は、サーバからの情報持ち出しを制御する製品です。

1)サーバからの持ち出し制御

グループ/ユーザ単位に設定されたポリシーにより サーバからデータをリムーバブルメディアや外付けハードディスク等に持ち出すことを禁止できます。

2)サーバへのデバイス接続制御

シリアル/パラレルポート、データリンクケーブル、PDA、スマートフォン、 無線LAN(Wi-Fi)等のデバイスをサーバに接続することを禁止できます。

3)持ち出し、デバイス接続ログの取得

「秘文AE Server」(*2)と連携して、データの持ち出し履歴やデバイスの接続履歴をログに取得し、 不正な持ち出し操作を記録できます。さらにログの監査やレポート出力などを実施する場合は、「秘文ME LogManager」(*3)との連携が可能です。
*2:ユーザ管理、ポリシー設定、アクセスログの取得、ファイルサーバの暗号化、アクセス制御を行う製品
*3:分散するログを一元管理し、ログの監視や監査、レポート出力などの運用をサポートする製品

<価格表>

製 品

標準価格(税込)

備 考

秘文AE ServerDefender
(Basicモデル)
105、000円 サーバ1台あたりの価格です。同マシンに対する仮想インスタンス2つまでのインストールライセンスが含まれます。
秘文AE ServerDefender
(Unlimitedモデル)
210、000円 サーバ1台あたりの価格です。同マシンに対する仮想インスタンスに対して、無制限のインストールライセンスが含まれます。

本製品は2010年度に5,000ライセンス導入を目標としています。

3.日立ソフト「秘文」について

 日立ソフトの「秘文」シリーズは、2009年3月末時点で官公庁自治体・製造業・金融業をはじめ 5,200社530万ライセンスの導入実績があり、 持出制御分野では55.9%、 ファイル暗号化分野では48.1%と双方の分野において国内トップシェア(株式会社 富士キメラ総研 2009年7月21日発刊 「2009 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧<上巻:市場編>)を獲得しています。

■ 秘文セキュリティセミナーの案内
 http://hitachisoft.jp/events/seminars/hi_security/

■ ソリューション紹介
  秘文LE Personal Office:/hibun/sp/product/le_po.html
  秘文AE ServerDefender:/hibun/sp/product/ae_sd.html

■本件に関するお問い合わせ
 担当部署:@Sales24
 Tel: 03-5479-8831  ホームページ: http://sales24.hitachisoft.jp/

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。