日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2010年3月10日
日立ソフト

日立ソフトがクラウド環境でのCPU性能を保証するサービスを開始

 日立ソフト(本社:東京都品川区、執行役社長:小野 功)は、日立のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」 のラインアップのひとつである統制IT基盤提供サービス「SecureOnline(セキュアオンライン)」(*1) において、 仮想マシンに割り当てるCPUあたりのクロック数を最大3GHzまで保証する「仮想マシンCPUリソース保証サービス」を3月10日より提供開始します。 これにより、バッチプログラムなど既定時間内に処理を完了させる必要がある業務システムや、常に高いCPUパワーを必要とする数値計算処理システムに対して、 安定した仮想環境を提供します。
*1「SecureOnline」は、必要なときに必要なだけIT基盤を利用することができる、当社が提供するオンデマンド型のサービスです。

 SecureOnlineでは、従来から仮想マシンに割り当てるCPUリソースを、ベストエフォート型で提供しています。ベストエフォート型では、 複数の仮想マシンの稼動状況に応じて最適なCPUリソース割り当てを実現しますが、CPU性能を保証するものではありません。このため、 高いCPUパワーが長時間必要になるシステムをSecureOnlineの仮想環境で稼動させる場合、処理が完了するまでの時間を予測することが困難でした。
 このようなニーズに対応して「仮想マシンCPUリソース保証サービス」は、CPU1コアあたり最大3GHzのCPUリソースが保証された仮想マシンを提供致します。 お客様が利用する仮想マシンは、一定のCPUリソースを占有できるため、プログラム実行時間を予測することが可能になります。 既定時間内に処理を完了しなければならないバッチプログラムを持つ業務システムに対して、仮想環境を適用することができるようになりました。

仮想マシンに割り当てられるCPUリソース(イメージ図)

 また近年、産業や金融工学などの分野において、大規模な数値分析やシミュレーション計算を高速に処理するため、 多数のコンピュータに並行処理を行わせるグリッド技術が利用されています。従来このような技術を用いて大規模数値計算を行うには、 物理マシンを大量に確保しなければならず、システム構築に時間を要するといった問題や、システムの維持・運用・ 計算終了後に不要となった物理マシンの処分に余計なコストが掛かるといった問題がありました。
 この問題に対して、必要なとき必要なだけ利用できるというSecureOnline 統制IT基盤提供サービスのメリットと、「仮想マシンCPUリソース保証サービス」 によるCPU性能保証を組み合わせることにより、 例えば100台のパソコンを必要とする大規模数値計算等の環境を構築するのにこれまでは1ヶ月以上要していた構築期間を、 100台のパソコンに必要なネットワーク情報の複製を自動設定することで最短1日まで短縮することができるため、 クラウド環境での大規模数値計算等の環境構築に必要な人員や工数の削減が可能になります。
 日立ソフトでは、すでに本サービスを適用し、金融機関で使用されているリスク計算シミュレーションソフト「MOSES」や、 研究機関で採用されている数値解析ソフト「MATLAB」を用いた数値計算処理システムを、SecureOnline上で稼動させています。

 今後は、大規模数値計算が必要な幅広い業界向けに本サービスを展開していきます。本サービスは、初年度で1億円の販売を目標としています。

<製品紹介のホームページ>
 SecureOnline:http://hitachisoft.jp/products/so/

<本件に関するお問い合わせ先>
 担当部署:@Sales24
 Tel: 03-5479-8831  ホームページ: http://sales24.hitachisoft.jp/

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。