日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2010年3月29日
日立ソフト

コールセンターソリューションをテキストマイニングツールと連携
~ コールセンターに蓄積された“お客様の声”の活用を支援 ~

 日立ソフト(本社:東京都品川区、執行役社長:小野 功)は、コールセンターソリューション「CallFrontierX(コールフロンティア)」を機能強化し、 4月1日より提供開始します。
「CallFrontierX」は、お客様のコールセンター業務における多岐にわたるニーズに応えるソリューションです。このたび、 テキストマイニング*1ツールとの連携コネクタを新たに追加し、“お客様の声”の効率的な分析、分析結果の活用を可能にしました。

 お客様と企業の接点となるコールセンターには、“お客様の声”が蓄積され、蓄積したデータを活用することがビジネスを成功させる大きな要素となります。 昨今の厳しい経営環境では、効率的、効果的な“お客様の声”の分析、活用に対する要望は一層大きくなると考えられます。
 日立ソフトでは、「CallFrontierX」と株式会社日立東日本ソリューションズ(本社:宮城県仙台市青葉区、代表取締役社長:菱沼 茂樹) のテキストマイニングツール「CoreExplorer(コアエクスプローラー)」を連携させる「CallFrontierX テキストマイニングコネクタ」を新たに開発しました。 この新しい拡張コネクタと「CoreExplorer」を併せて利用することで、「CallFrontierX」に蓄積された顧客応対履歴データを効率よく抽出・ 分析することができ、“お客様の声”のより効果的な把握・活用を支援します。
 新たに機能を追加した「CallFrontierX」の活用により、従来からの機動力ならびに情報力に加えて、分析力を駆使した高い付加価値を持つ、 ワンランク上のコールセンターの実現が可能になります。

■ 新機能:CallFrontierX テキストマイニングコネクタ

(1)効率良い分析のための準備を自動的に実行
「CallFrontierX」に蓄積された膨大なテキスト形式データから、テキストマイニング対象となる顧客応対履歴に絞って、 更新されたデータを定期的に収集し、専用のデータ形式に加工してデータベースに格納します。
「CoreExplorer」のデータ自動更新機能と組み合わせて利用することで、分析に必要なデータ収集からテキストマイニングツールへのデータ取込みまでの作業を 効率良く実施します。

(2)分析結果の周知をサポート
「CallFrontierX」の画面上で「CoreExplorer」のHTML形式の簡易レポートを閲覧できるため、オペレータの通常業務を妨げることなく、 “お客様の声”の分析結果を周知させることができます。グラフで表示された顕著に現れる“お客様の声”の傾向や、キーワード、 増加しているクレーム内容をオペレータに把握させることで、応対品質の向上や、“お客様の声”の収集力の向上を促します。

■ 「CallFrontierX」について
「CallFrontierX」は、バーチャレクス・コンサルティング株式会社(本社:東京都港区六本木、代表取締役社長:丸山 栄樹)の顧客管理ソフト 「inspirX Communication(インスピーリ・コミュニケーション、以下、inspirX-C)」に、日立ソフトおよび、日立グループの製品・サービスを連携させ、 コールセンターにおける基本業務機能の他に、下記の5つの拡張機能を提供します。

  • モバイルアクセス機能
  • 地図情報活用機能
  • 静紋によるセキュリティ強化機能
  • マイグレーションサービス
  • テキストマイニング機能(今回の追加機能)

■ テキストマイニングツール「CoreExplorer」
 「CoreExplorer」は、日立東日本ソリューションズが開発したテキストマイニングツールです。 マウスクリックの簡単操作でテキスト分析ができるテキストマイニングツールとして、分析者の思考を妨げずに操作・分析が可能です。 また、独自の画面表示により、多角的かつ直観的な分析結果の把握が可能です。

分析機能

・ 特徴ある3画面連動型の画面により、キーワードの関連性を一目で把握
・ クラスタリングやクロス集計、比較分析などで顧客応対履歴の分析が可能

データ
出力機能

・ 分析結果をExcelやレポートに出力可能(数値情報も出力)

運用
管理機能

・ ユーザ別のデータ参照権限設定により、情報の機密性を確保

辞書機能

・ ツール上で原文の表記ゆれ統一により、原文の修正が不要

■ 動作環境
(1)inspirX-C

項目

内容

APサーバ ソフトウェア RedHat Enterprise Linux 5、Windows Server 2003 R2
Windows Server 2008、Tomcat 5.5、JVM(JRE 5.0以降)
InspirX V3.5、Apache AXIS2
CPU Xeon 以上
メモリ 2GB以上
ハードディスク容量 40GB以上(RAID1)
DBサーバ ソフトウェア RedHat Enterprise Linux 5、Windows Server 2003 R2
Windows Server 2008、PowerGres 5.2(標準バンドル)
DB2 V9.0、Oracle10g、Oracle11g
CPU Xeon 以上
メモリ 4GB以上
ハードディスク容量 80GB以上(RAID5推奨)
クライアント ソフトウェア Windows XP、Windows Vista
Microsoft Internet Explorer6 SP2 以降
CPU PentiumⅢ 500MHz以上
メモリ 256MB以上
ハードディスク容量 20GB以上

(2)CoreExplorer

項目

内容

CoreExplorerサーバ ソフトウェア Windows Server 2003、IIS 6.0
Tomcat 6.0、JVM(JRE 6.0以降)
CPU Pentium4 3GHz以上
メモリ 4GB以上
ハードディスク容量 30GB以上

■ 価格

製品名

製品内容

標準価格(税込み)

inspirX-C 1ユーザライセンス 315,000円
CallFrontierXテキストマイニングコネクタ 1サーバライセンス 525,000円
CoreExplorer 5ユーザライセンス 3,150,000円

■ 出荷開始時期: 2010年4月1日

■ 「CallFrontierX」 ホームページ :http://www.hitachi-solutions.co.jp/callfrontierx/

■ 「CoreExplorer」 ホームページ :http://www.hitachi-to.co.jp/products/coreexplorer/

<本件に関するお問い合わせ先>
 担当部署:@Sales24
 Tel: 03-5479-8831  ホームページ: http://sales24.hitachisoft.jp/

*1:テキストマイニング
蓄積された顧客の生の声、膨大なテキストデータ中のキーワードの出現頻度や関連性などから、この傾向と変化を把握し、 客観的・多角的に分析するための技術

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。