日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2010年5月17日
日立ソフト

学校向けに電子黒板「StarBoard」シリーズの新製品
~デジタルテレビを電子黒板にできる後付け電子黒板フレームと
ワイヤレスタブレットを販売開始~

 日立ソフト(本社:東京都品川区、取締役社長 諸島 伸治)は、同社の電子黒板「StarBoard(スターボード)」シリーズとして、 デジタルテレビを電子黒板にすることができる、後付け電子黒板フレーム「PX-DUO-50V(F)」と、 離れた場所からパソコンの操作や電子黒板機能を使用できるワイヤレスタブレット「StarBoard WT-1」の販売を2010年5月18日より開始します。
 この度の後付け電子黒板フレームにより、学校に導入されたデジタルテレビを電子黒板として使用できるため、既存のテレビを有効活用できます。 また、教室全体を活用した授業をする場合には、教室の前方でプラズマタイプやプロジェクタ一体型など大画面の「StarBoard」を利用し、 生徒の机の間を移動しながら授業を行う場合は、ワイヤレスの「StarBoard WT-1」を活用するなど、 様々な授業パターンに電子黒板を使うことが可能になります。

<新製品について>
1.後付け電子黒板フレーム「PX-DUO-50V(F)」

  • 既存の地デジテレビを電子黒板化
    パナソニック製プラズマテレビTH-P50G1EH/TH-P50G1Eを電子黒板にすることが可能
  • 左右にファンクションボタンを設置
    画面の両側にファンクションボタン(ショートカットボタン)がつき、どちら側からもワンタッチで操作可能
  • 指示棒や指で操作可能
    パソコン操作を指示棒や指で拡大・縮小を行うことが可能。フリーハンドで描いた絵を、 自動的に綺麗に整形する「インテリペン」や手のひらでスクロール操作が可能な「マジカルタッチ」なども

2.ワイヤレスタブレット「StarBoard WT-1」

  • ワイヤレスで10mまで操作可能
    2.4GHz RF無線方式により、パソコンから10m離れた場所からでも操作が可能で、机の間を移動しながらの授業を実現
  • 16個のファンクションボタンを搭載
    「StarBoard」のソフトウェアのショートカットボタンを16個搭載
  • 長時間使用可能
    充電式のバッテリで最大17時間まで使用可能。充電は、USB、ACアダプタいずれからも可能

<ラインアップの拡充について>

 さらに、WXGA+対応19型大画面タブレットタイプ、短焦点プロジェクタとスタンドを組み合わせたプロジェクタ一体型モデルを提供開始し、 「StarBoard」ラインアップを拡充します。

1.タブレットタイプ「StarBoard T-19WX」

  • WXGA+対応19型大画面
    WXGA+(1,440×900ピクセル)対応1,670万色表示のTFT(薄膜トランジスタ)液晶ディスプレイを搭載
  • プラズマテレビやプロジェクタへの表示も可能
    RGB(D-SUB 15ピン)の出力を標準装備し、より大画面への表示も可能

2.FX-TRIO-77プロジェクタ一体型ソリューション
ホワイトボード型電子黒板「FX-TRIO-77(77型)」と短焦点プロジェクタ(日立製作所製超短焦点プロジェクタ CP-A200J) 及びスタンドを組み合わせたモデルを提供します。

  • スタンドの変更
    約1,800~2,320mmの高さ調整ができ、移動時のドアの高さや利用者の身長を考慮にした高さ調整も可能・転倒防止も強化
  • 多彩なオプションを追加
    パソコン用棚板やDVDデッキなどを置く背面台を用意

<StarBoardホームページ> :/starboard/campaign/

■ 価格

#

モデル名

価格

提供時期

後付け型電子黒板フレーム 個別見積 2010年5月18日
ワイヤレスタブレット「StarBoard WT-1」
タブレットタイプ「StarBoard T-19WX」
FX-TRIO-77プロジェクタ一体型ソリューション

※パソコンは別売


 日立ソフトでは、昨年度の学校ICT環境整備事業(デジタルテレビ、コンピュータの整備など学校等のICT環境整備事業)の目標である 「各小中学校に1台の電子黒板の導入」を目指して販売活動を行ってきました。現在は、全国の学校で約13,000台以上の電子黒板「StarBoard」 が導入されています。今後も、学校の先生や教育機関からの要望を反映しながら教育現場のICT化を目指し、「StarBoard」を日本国内のみならず、 ワールドワイドにも展開していきます。

<本件に関するお問い合わせ先>
 担当部署:@Sales24
 Tel: 03-5479-8831  ホームページ: http://sales24.hitachisoft.jp/

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。