日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2010年7月30日
日立ソフト

クラウドサービス「SecureOnline」に大容量ストレージのメニューを追加
~ 1GB あたり月額84円で提供 ~

 日立ソフト(本社:東京都品川区、取締役社長:諸島 伸治)は、日立のクラウドソリューション 「Harmonious Cloud」のラインアップのひとつであるクラウドサービス「SecureOnline(セキュアオンライン)」 (※1) において、8 月2 日より1GB あたり月額84 円(税込み)の大容量ストレージメニューを追加します。 これにより、お客様はPB(ペタバイト)級のファイルサーバやバックアップサーバを安価で利用することが可能です。
※1必要なときに必要なだけIT 基盤を利用することができる、日立ソフトが提供するオンデマンド型のサービス。

 2009 年以降、お客様のクラウドに対する信頼感が増し、「SecureOnline」でも全体の44%が本番システムで利用されるまでになり、 その増加傾向は現在も続いています。そして、本番システムで使用する大容量ストレージでは、高い信頼性が求められると同時に、 安い提供価格も求められています。

 「SecureOnline」では、これまで長期間に亘り高性能・高信頼のストレージを利用する場合、1GBあたり月額210円(税込み)で提供してきました。 今回、回転速度が従来の高性能ストレージ(15,000rpm)に加え、普及型ストレージ(7,200rpm)を採用することにより、1GB あたり月額84 円(税込み) の新メニューを追加します。さらに、株式会社日立製作所と連携し、数百TB(テラバイト)からPB(ペタバイト)単位といった大容量の要望にも応えます。

 これにより、お客様は自身の資産としてストレージを所有する必要がなくなり、必要な時に必要な分だけ「SecureOnline」 のストレージを利用できます。さらに、大容量データのバックアップ作業も「SecureOnline」にアウトソースすることで、日々の運用コストを削減することが可能です。 日立ソフトは、今回の大容量ストレージメニューの提供により2010年度に100社の利用を見込んでいます。

<製品紹介ページ>
URL:http://hitachisoft.jp/products/so/

<日立のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」のページ>
URL:http://www.hitachi.co.jp/products/it/harmonious/cloud/

<本件に関するお問い合わせ先>
 担当部署:@Sales24
 Tel: 03-5479-8831  ホームページ: http://sales24.hitachisoft.jp/

AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。