日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立ソフト)は当時のものとなっております。

2010年8月9日
日立ソフト

会社と社員の家族がコミュニケーションを図る楽しいイベント
日立ソフトが「日立ソフトファミリーデイ」2010年を開催

 日立ソフト(本社:東京都品川区、取締役社長:諸島伸治)は、当社社員とその家族を対象に「日立ソフトファミリーデイ」を、東品川の本社、東戸塚別館、および九州・北海道・北陸の各拠点にて開催しました。合計6日間で84組、総勢268名の家族が日立ソフトの社屋を訪れ、楽しい時間を過ごしました。本イベントの開催は今年で3年目となります。

 東品川本社では、まず講堂で来社した家族に向けて各事業部の役員挨拶があり、続いて会社紹介を行いました。当社の事業である情報システム開発事例についての簡単な紹介の後、家族の皆様が各フロアの職場やショールーム、食堂などを見学しました。今回は、各職場にいる人から職印を貰ってスタンプラリーをしたり、子ども向けに特別に作った名刺で名刺交換をしたりとオフィス体験で大いに盛り上がりました。ランチタイムには社員食堂にて日立ソフト社員と一緒に食事を楽しんでいただきました。東戸塚の別館では、ブルーレイ、デジタルサイネージ、「静紋」等自社製品の紹介と、日立ソフト吹奏楽団の演奏や屋上での縁日体験など盛りだくさんで、家族で楽しい1日となりました。九州・北海道・北陸の各拠点は今年が初めての開催であり、テレビ会議システムを使って本社と各拠点を結ぶクイズなども行いました。

 日立ソフトでは、社員が個々の能力を最大限に発揮でき、かつ仕事と私生活との調和のとれた働きやすい職場を作るため、ワーク・ライフ・バランスの推進に取り組んでいます。「日立ソフトファミリーデイ」は、当社の社員とその家族に、会社見学やその他アトラクションを通じて日立ソフトへの理解を深めてもらい、家族と会社とのコミュニケーション強化を図ることを目的にしたイベントです。
日立ソフトは社員がそれぞれの個性・能力・価値観・ワークスタイルを尊重し、いきいきと働くことのできる環境を提供しながら、今後も、社員と家族共に喜んでもらえるワーク・ライフ・バランス施策の改善に取り組んでいきます。

<日立ソフトファミリーデイについて>

開催日時
: 2010年7月26日(月) 10:30~13:00(東戸塚別館)
 2010年8月3日(火) 10:30~13:00(九州・北海道・北陸の各拠点)
 2010年8月2日(月)~6日(金)10:30~13:00(東品川本社)
参加対象者
: 日立ソフト社員とその家族
実施内容
: 日立ソフト会社紹介/各職場・ショールーム見学/写真撮影/
 社員食堂で食事など
AdobeReader

PDFファイルをご覧いただくには "Adobe Reader"が必要です。
最新版はAdobe社のWebサイトよりダウンロードできます。(無償)

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。