日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立システム)は当時のものとなっております。

2006年5月17日
株式会社日立システムアンドサービス

ICタグを利用した図書管理システムを
西村ときわ法律事務所で稼動開始

 株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、執行役社長 中村博行、以下「日立システム」)は、西村ときわ法律事務所殿(所在地:東京都港区、執行パートナー 小杉晃)にICタグを利用した図書管理システムを納入し、2006年5月よりシステムを稼動します。

 一般的な図書館、図書室は、不特定多数の利用者がいるため、利用者の利便性よりも管理を優先しがちです。一方、法律事務所の図書室は、プロフェッショナルである利用者の利便性を管理よりも優先します。特に、図書を手元に留め置く必要のある利用者には、その行為を許しつつ、他の利用者が同じ図書を必要とするときには、即座にその図書の所在を把握できるようにする、というような各種の矛盾する要求に、応えなければなりません。

 西村ときわ法律事務所では、日立システムとの協議を重ね、所有する約3万冊の蔵書すべてにICタグを貼付し、図書管理システムと連携させたシステムを導入することにより、本を自動貸出機(リーダ)へかざすだけの簡単な貸出返却処理、リアルタイムな貸出状況の把握、さらにICタグとPDAによる図書のロケーティング(物理的な所在の把握)を実現しました。
 貸出処理には、図書館の利用券として事務所への入退出に使用するセキュリティーカードを利用することを可能にし、処理時の手間の軽減、処理のスピード化を実現しました。
 また、Webブラウザから登録することによって、自分の読みたい雑誌の新着情報を自動的にメールで通知する機能を新たに追加し、日々の法改正を含む最新情報へのよりタイムリーなアクセスが可能となりました。

 図書管理システムは、主要な公立図書館を含む130ユーザ以上の導入実績をもつ、日立製作所製のパッケージ「LOOKS21/Pシリーズ」*1を導入しました。

 今後は、図書のみでなく、ICタグを利用したファイルの所在管理も視野に入れ、更にシステムの利便性を向上させ、毎日膨大な情報を扱う大規模法律事務所の効率的な弁護士業務をサポートしていきます。

*1:LOOKS21/P概要
企業・官公庁の図書館から、市区町村立図書館・県立図書館まで多様な規模に対応可能な図書管理システムです。ICタグ連携など先進機能を随時取り込み、便利で使い易いシステムを提供します。

図書の貸出返却処理
図書の貸出返却処理
PDAによる図書のロケーティング
PDAによる図書のロケーティング

西村ときわ法律事務所について(http://www.jurists.co.jp)

 西村ときわ法律事務所は、企業買収、企業防衛、組織再編を中心とした企業活動、ファイナンス取引、争訟、事業再生・破綻処理、知的財産法関連等の業務分野において、豊富な経験と実績を有する日本を代表する総合法律事務所です。212名の弁護士をはじめ、フォーリンカウンセル、税理士、パラリーガル、秘書など総勢約550名の人員が在籍(2006年4月現在)しており、近年の法律業務の多様化、複雑化、大型化に対応した総合的で、質の高いリーガルサービスを提供しています。

製品に関するお問い合わせ先

株式会社日立システムアンドサービス
ソリューション営業統括本部
 担当 : 豊國(とよくに)、久米川(くめかわ)
 TEL : 03-6718-5803
 E-mail : lysithea-project@hitachi-system.co.jp

商品名称等に関する表示

その他本文中の会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。