日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立システム)は当時のものとなっております。

2006年9月5日
株式会社日立システムアンドサービス

日立システムスキー部の選手、監督によるブログがスタート
~ 障害者ノルディックスキーの認知度向上を目指す ~

 株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、執行役社長 中村博行、以下「日立システム」)は、2006年9月5日から日立システムスキー部ブログを開設します。

 日立システムは2004年11月に、日本の民間企業としては初めての、障害者スポーツ選手によるノルディックスキーチームである日立システムスキー部を設立しましたが、この度、そのブログを開設することにより、選手や監督の素顔に身近に触れながら日立システムスキー部の活動を広く知ってもらうことにいたしました。このブログは、障害者の方も利用しやすいように、安易に文字のサイズの拡大できる機能を設けるなど、アクセシビリティにも配慮しています。

 ブログサイトの内容は、43歳にして現役で活躍する長田弘幸選手を編集長に、今春のトリノパラリンピックのバイアスロン 12.5Km ブラインド部門で金メダルを獲得した小林深雪選手、バイアスロン 12.5Km 立位部門で銅メダルを獲得した太田渉子選手、2006年4月に同社に入社した新人の近藤さつき選手(シットスキー)、そして荒井秀樹監督が、2010年バンクーバー大会をめざして励んでいるトレーニングや、スキー部の強化合宿や大会のレポートをはじめ、日常生活も交えてコメントを綴っていきます。

 昨今"バリアフリー"の発想により、障害をもった方でも不自由なく暮らして行けるよう社会全体が変りつつありますが、障害者スポーツに関しては未だ社会の関心も低く、また、競技人口やそれをサポートする関係者の数及び活動を運営する資金が少ない状況にあるため、十分な活動ができない傾向にあります。
 日立システムでは、才能があり高い志を持った選手が、競技に専念できる環境を提供すべく支援すると共に、ブログサイトの開設により、日立システムスキー部の活動をはじめ障害者スポーツに対する理解を深める努力も継続して行っていきます。

日立システムスキー部ブログ
日立システムスキー部ブログ
URL:http://www.skiblog.jp


選手・監督プロフィール

◇選手:長田 弘幸(ながた・ひろゆき)
 1963年生、1998年長野パラリンピック大会より競技を開始。以降、国際大会に出場し、2000年スイス世界選手権大会ではシットスキーで銀メダルを獲得、2002年ソルトレイクパラリンピックに出場、2004年ワールドカップカナダ大会ではシットスキーで金メダルを獲得した。2006年トリノパラリンピックにも出場。惜しくも入賞はならなかったが、バイアスロンの射撃で好成績をおさめた。

◇選手:小林 深雪(こばやし・みゆき)
 1973年生、1998年長野パラリンピック大会より競技を開始し、バイアスロンで金メダルを獲得。以降も国際大会に出場、2002年ソルトレイクパラリンピックでは、開会式で日本選手団の旗手をつとめ、バイアスロンで6位入賞。2006年トリノパラリンピックではバイアスロンロングで金メダル、バイアスロンショートで銀メダルを獲得するなど、出場全種目で入賞以上を果たした。

◇選手:太田 渉子(おおた・しょうこ)
 1989年生、山形県立北村山高校に在学中。2003年度国内各種大会で頭角を現し、2004年ワールドカップカナダ大会より競技を開始。以降、国際大会に出場し、2005年アメリカ世界選手権ではリレーで銅メダルを獲得、同年ワールドカップイタリア大会でも銅メダルを獲得した。2006年トリノパラリンピックではバイアスロンロングで銅メダルを獲得。バンクーバーパラリンピックでの活躍も期待される。

◇選手:近藤 さつき(こんどう・さつき)
 1982年生、2006年4月入社。当社入社前は障害者の水泳で活躍、国体での優勝など実績あり。2005年11月に荒井監督と出会いスキーを開始。本年1月の日本障害者クロスカントリースキー競技会では、初出場ながら優秀なタイムで優勝した。

◇監督:荒井 秀樹(あらい・ひでき)
 1955年生、1998年の長野パラリンピック開催に先立ち、当時の厚生省の要請により障害者スキーの組織化、選手強化、指導、育成に取り組み「ゼロから始めた」草分け的存在。現在日本パラリンピックスキーチーム監督をはじめとする障害者スポーツの要職に就き第一線で活躍中。長野、ソルトレイク、トリノと3大会連続でメダリストを輩出。

お問い合わせ先

株式会社日立システムアンドサービス
営業統括本部 マーケティングプロモーションセンタ
 担当 : 藤井(ふじい)、安藤(あんどう)
 TEL : 03-6718-5821
 FAX : 03-6718-5828
 E-mail : press@hitachi-system.co.jp

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。