日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立システム)は当時のものとなっております。

2009年4月9日
株式会社日立システムアンドサービス

日立システム、レッドハットとビジネスパートナー契約を締結
企業規模のシステム統合を実現するオープンソースを利用したソリューションの強化

 株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、執行役社長 :林 雅博/以下、日立システム)は、レッドハット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:廣川裕司/以下、レッドハット)とパートナー契約を締結し、レッドハットが提供する企業規模でのシステム統合を実現する「JBoss Enterprise Middleware」などのオープンソース製品をラインアップに追加することで、日立システムの「オープンソース・トータルソリューション」を強化します。

 日立システムは、これまでもオープンソース・ソフトウェアの技術力やノウハウを活用した「オープンソース・トータルソリューション」を提供してきました。今回、レッドハットとのパートナー契約締結により顧客企業は、日立システムの実績あるコンサルティングからシステムの企画・設計、開発、保守・運用に至るトータルソリューション力に加えて、開発元であるレッドハットの技術知識や最新技術情報、および全世界で展開している保守サポートが提供されることになり、オープンソース・ソフトウェア製品の高品質なサービス&コンサルティングをワンストップで受けることができます。

 日立システムは、オープンソース・ソフトウェアを柔軟に組み合わせた低価格で高品質なシステムを構築する「オープンソース・トータルソリューション」をJBoss製品などを活用したシステム導入を予定している中小企業や大学など向けに、2009年度までに約10社への販売を目標にしています。

 日立システムは、今後もレッドハットとの技術共有や共同マーケティング活動を一層強化し、Red Hat Enterprise Linux製品、JBoss製品の更なる利用拡大を目指します。

 今回のパートナー契約締結に関して、レッドハット株式会社 代表取締役社長 廣川裕司氏から以下のコメントをいただいております。

 「国内においてたいへん実績のある日立システムアンドサービスとパートナー契約にいたりましたことを、レッドハットとしても心から歓迎いたします。弊社のLinux OSやJBossミドルウエア、SOAソリューションなどによるコスト削減と、日立システムの強力なサポート・コンサルティングの組合せによって、今まで以上に大きな価値と企業競争力をお届けできると確信しております。レッドハットはこれからも日立システムと技術的・マーケティング的に協業し、さらなるエンタープライズ向けソリューションの導入を推進して参ります。」

「JBoss Enterprise Middleware」について

 URL: http://www.jp.redhat.com/jboss/

「オープンソース・トータルソリューション」について

 URL: /linux/

商標名称等に関する表示

  • Linuxは、Linus Torvaldsの商標です。
  • Red HatとJBossは、米国Red Hat, Inc.ならびにその子会社の登録商標です。
  • その他、記載している会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

商品、ソリューションに関するお問い合わせ先

株式会社日立システムアンドサービス
東京第1営業本部 第1営業部 横山(よこやま)
TEL : 03-6718-5801
E-mail : linux-group@hitachi-system.co.jp

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。