日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立システム)は当時のものとなっております。

2010年6月9日
株式会社日立システムアンドサービス

日立システムが「日立ID特権パスワードマネージャー」の販売を開始
特権ユーザアカウントのパスワードを効率的に、高いセキュリティで一元管理

 株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、取締役社長:林 雅博/以下、日立システム)は、Hitachi ID Systems,Inc.(本社:カナダ カルガリー、CEO:Gideon Shoham/以下、日立IDシステムズ)と「Hitachi ID Management Suite」の販売代理店契約を締結し、その中核製品である「日立ID 特権パスワードマネージャー」の販売を6月10日から開始します。
 これにより、日立システムは、「日立ID 特権パスワードマネージャー」を「アイデンティティ管理ソリューション」のラインアップに追加し更なる強化を図ります。また、その他の「Hitachi ID Management Suite」製品に関しても、順次販売を予定しています。
 昨今、企業において、内部統制強化とユーザーの生産性向上、効率向上などを目的としてWebシステムのIDやパスワードを一元管理できるアイデンティティ管理システムを導入する企業が年々増加しています。しかし、各システムの保守作業などで使用される共用の特権ユーザアカウント(*1)のパスワードは、多くのお客様で同じものが日常的に共有され、使い回されていたり、また、変更、開示などの管理を手作業で行なわれているケースがあり、不正アクセスによる情報漏洩の原因となったり、対策に当たるIT部門に煩雑な管理作業の維持を余儀なくされています。
*1: 特権ユーザアカウントは、システム上の管理作業を行うための高い権限をもったユーザアカウントです。
  UNIX系OSであればrootアカウント、WindowsであればAdministratorsアカウントをはじめとするITシステム運用管理に用いる共有IDを指します。以下、特権ユーザアカウントのパスワードを特権パスワードといいます。
今回、提供を開始する「日立ID 特権パスワードマネージャー」は、以下の機能を提供しています。
  • 管理対象システムの特権パスワードを定期的に自動更新(*2)する機能
  • 貸出した特権パスワードを返却時に自動更新(*2)する機能
  • 特権パスワードの開示先を必要な人やプログラムのみに限定する機能
  • 利用申請/開示/返却を管理するシンプルなワークフロー機能
  • 誰がいつ特権パスワードを入手したかを記録するロギング機能
*2: 特権パスワードマネージャは予め設定したポリシー(タイミング、強度、複雑度)に基づき、ランダムに生成した文字列をパスワードとして設定します。
 また、システム障害に対処できるアーキテクチャを採用しており、重要な特権パスワード情報を確実に安全に運用することができます。これらの機能により、不正利用の防止、セキュリティ強化、運用の自動化、効率化、運用コスト削減を図ることができます。
 さらに、管理対象となるWindows/UNIXサーバーに、新たにソフトウェアをインストールすることなく、特権パスワードを管理し運用を開始することができます。これにより、既に運用中、使用中のシステムに対しても、大きな変更を加えることなく特権パスワードのセキュリティ強化を図ることが可能になります。
 日立システムは、「日立ID特権パスワードマネージャー」により、「アイデンティティ管理ソリューション」のセキュリティ強化を図り、「アイデンティティ管理ソリューション」全体で、今後3年間で約10億円の販売を目標としています。
 今回の日立IDシステムズとの販売代理店契約締結に関して、Hitachi ID Systems, Inc. CSO(Chief Strategy Officer) 齋藤眞人氏から、以下のコメントをいただいています。
「日立ID 特権パスワードマネージャーは、すでに欧米の大手金融機関、製造業を初めとする多くのお客様に利用され、セキュリティの高度化、効率的で安全なシステム運用を実現し、お客様のITシステムの内部統制強化に効果を発揮しています。今回、日本での事業展開に当たり、日立システムがアイデンティティ管理ソリューション強化の一環で当社製品の提供を開始することになりました。グローバルに多くの実績を持つ当社製品及び技術力と、日本のお客様に適合したサポート力をもった日立システムにより、日本の多くのお客様に対し、ITシステムの内部統制強化に大きく寄与する『アイデンティティ管理ソリューション』を提供させていただくことができると確信しています。」

「日立ID特権パスワードマネージャー」のご紹介

 URL: /hims/

Hitachi ID Systems,Inc. について

 URL: http://hitachi-id.com/ja/
 カナダ アルバータ州 カルガリー市に本社を置く、ID管理ソリューションのソフトウェア開発、販売企業です。パスワード、認証管理、ユーザープロビジョニング、ユーザー権限管理の製品を提供しています。 CEOは、Gideon Shoham、従業員は約140名。 1992年にM-Tech Information Technology, Inc.として設立され、2008年4月に(株)日立製作所の傘下に入り現在に至っています。 当社製品は、欧米を初め、日本を含む全世界840の企業/団体で利用されており、累積利用者数は、1000万人を超えています。

商標名称等に関する表示

  • 記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

製品・ソリューションに関するお問い合わせ先

株式会社日立システムアンドサービス
パートナー営業本部 オープンソリューション営業部 笹川
TEL:03-6718-5819
E-mail:idm@hitachi-system.co.jp
  

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。