日立ソリューションズは、お客様の全体最適の視点で豊富なソリューションを組み合わせて提供する『ハイブリッド インテグレーション』を実現します。

株式会社 日立ソリューションズ

ニュースリリース

本記事は2010年10月1日以前に公開されたもののため、本文中の社名(日立システム)は当時のものとなっております。

2010年9月17日
株式会社日立システムアンドサービス

ICタグを利用した「りいぶる物品管理ソリューション」を提供開始
図書管理システムで培った技術を大量の記録媒体や重要書類などの物品管理に適用

 株式会社日立システムアンドサービス(本社:東京都港区、取締役社長:林 雅博/以下、日立システム)は、データセンターや研究所などで保管・管理している大量の記録媒体や重要書類の貸出/返却、棚卸などの管理業務を効率化できる「りいぶる物品管理ソリューション」の提供を9月21日から開始します。
 日立システムは、1991年から図書管理システム「りいぶるシリーズ」を販売しており、これまで自治体・企業・官公庁を中心に約2100サイトで採用されています。
 今回、提供を開始する「りいぶる物品管理ソリューション」は、これまでの図書管理システムで培った技術を活かし、日立製作所が提供する超小型無線認識用ICタグ「ミューチップ」を採用することで、大量の記録媒体や重要書類の貸出/返却といった入出庫の精度の向上や、物品の捜索や全体の棚卸などにかかる時間を大幅に短縮できます。
 日立システムは、「りいぶる物品管理ソリューション」を大量の記録媒体などの物品を扱うデータセンターや研究所などに向け、2013年度までにソリューション全体で約2億円の販売を目標としています。

「りいぶる物品管理ソリューション」の特徴

(1)貸出/返却、棚卸し業務の時間を大幅に短縮
 トランクなどの運搬ケースや保管棚などに物品を格納したまま、ミューチップリーダを物品の上からかざすだけで、貸出/返却、棚卸が可能です。また、多くの物品の情報を一括して読み取れるので、大量の物品を効率よく取扱うことができます。これにより、従来のバーコードによる物品管理では、500本の貸出/返却に約20分かかっていたものが約1分に、7000本の棚卸しに約6時間かかっていたものが約45分に短縮することが可能となります。(*1)
 *1:日立システム調べ。物品は記憶媒体(CMT)を使用。1本の物品にかかる読取り時間は、バーコードの場合約2.4秒、 ミューチップの場合約0.12秒として、マスタ情報との突き合わせや棚移動などにかかる時間を加算して、全体の作業時間を算出

(2)Web対応による事前申請が可能
 Webブラウザ経由での物品の検索、貸出状況の確認、貸出の事前申請に対応しています。これにより、あらかじめ離れた拠点から手続きすることが可能です。

(3)申請情報と物品情報の突き合せで貸出時の精度を向上
 貸出時に読み取った物品情報と、あらかじめ申請した情報を突き合わせることで、貸し出しのミスを防止できます。

「りいぶる物品管理ソリューション」のご紹介

 URL: /lvr-bp/

商標名称等に関する表示

  • 記載している会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

商品に関するお問い合わせ先

株式会社日立システムアンドサービス
中部営業本部 第2営業部
TEL:052-569-2175  E-mail:lvr-bp-sales@hitachi-system.co.jp
                    

ニュースリリースの内容は発表当時のものです。商品の販売終了や組織変更により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。