【ITシステムの課題】地域ごと、拠点ごとで異なる事情に、悩まされてはいませんか?

これまでの導入成功経験から、日立ソリューションズが考える
「2Tier ERP(2層ERP)」とは

多くの企業では未だ、ビジネス全般にわたって、さまざまなERPソリューションや業務ソリューションを寄せ集めて利用しているのではないでしょうか。
グローバル展開をしている企業では、それら寄せ集めシステムの複雑さに加えて、ローカライゼーションという要素が加わり事態はさらに複雑です。
これらのシステムをシンプルに統合することはできないものでしょうか?それらを合理化すれば、スケールメリットの享受や、コア・ビジネス・プロセスのグローバル・スタンダード化、ベンダー管理の簡素化を実現できます。

たとえば様々な機能をひとつの製品に纏め上げたERPスイート製品を、拠点を含めた組織全体で導入することは、製品の適用範囲全体にわたる緊密な統合を実現します。
それによって、ERPのさまざまな機能要素をIT部門側で統合する必要性が解消されます。これは、ITコストの削減やプロセスの整合性向上につながるのです。
そのような理由からシングル・インスタンス / シングル・ベンダーへの移行が、戦略的かつ低コストで最適なソリューションであると、多くの経営者層に支持されています。
しかしながら、実際には、全ての拠点においてシングル・インスタンス / シングル・ベンダーのERPシステムを導入するというのは現実的ではありません。
地域ごと、拠点ごとそれぞれに事情が異なるのが実情です。

日立ソリューションズの提案する、2Tier ERP(2層ERP)は、このような状況の解決の糸口となると考えています。
世の中一般に言われている 2層ERP すなわち 「2Tier ERP戦略」とは、複数の異なるベンダーのERPスイート製品を、組織の2つ以上のレベル(例えば、企業の本社と各地の支店の業務など)で利用することです。 日立ソリューションズは、この考えをもう一歩踏み込んで解釈しています。すなわち、本社は管理会計を中心とした「アドミニストレーティブERP」を機能させることを中心に構成し、各拠点は、生産拠点は生産拠点の、販売拠点は販売拠点の業務を最適化する「オペレーショナルERP」としてERPを構成します。
このことによって個々の拠点の事情を汲みつつ、最も効率よくスピーディかつ低コストにシステムの整備ができます。
そしてこれまでの日立ソリューションズの導入成功実績から言えるのは、2Tier ERP(2層ERP)モデルの導入は、「日本で予算化して日本主導で海外導入を進めないと、求めているような経営の可視化と適切な判断材料の入手は実現できない」ということです。これを各拠点で進めてしまっては、失敗を繰り返す可能性が高いのです。

日立ソリューションズはグローバル展開のためのIT導入を、
ワン・ストップでご支援いたします。

解決すべき課題

【既存システムを、統合したい】●既存システムはそのままで、連携させた新システムを導入したい
【サービスレベルを安定維持したい】●プロダクトやクラウド環境の継続的な安定供給を実施したい
【拠点システム運用の管理コストを適正化したい】●ライセンスコスト・サポートコストを削減したい ●運用負荷を平準化したい(地域サポート、中央サポート) ●IT要員を置けない小規模拠点で、システムを利用したい
【IT要員の確保・教育を円滑に行いたい】●技術者の流動性が高いため、要員交代に伴う再教育の負荷を減らしたい ●経験者採用のコストを抑えたい(経験者がすぐに見つかる)

■日立ソリューションズの考える2Tier ERP戦略

上位層/下位層でERP機能を使い分け、
企業が求める経営の可視化と、適切な判断材料を入手する

一般に言われる2Tier ERP(2層ERP)戦略とは、複数の異なるベンダーのERPスイート製品を、組織の2つ以上のレベル(例えば、企業の本社と各地の支店の業務など)でシームレスに統合し、利用することと定義されています。日立ソリューションズは、これまでの導入経験から、これにもう一歩踏み込んで解釈をしています。

導入手法として、本社のERPは基幹系システムの経営状態管理(※1)を担う「管理会計」を中心とした「アドミニストレーティブERP」とし、拠点のERPは、販売や生産、マーケティングも視野にいれた業務(※2)のための仕組みである「オペレーショナルERP」としてそれぞれ構成します。各拠点に期待する役割も違うため役割に沿った構成にすべきです。
※1 重要指標の把握、報告業務(財務諸表,申告用帳票、経営状況の報告:業績管理
※2 指示業務・伝票処理(入金出金、出荷指示伝票など)


また2層目のERPは、クラウドでの実現も含み1層目より小回りの効くものを選択することで、「得られる価値に不釣り合いなコスト」を小規模な部門に負わせることを避けられます。

さらに、1階層と2階層のシームレスな連携のため「業務プロセスとデータの標準化」を実施します。
そのためには、データ・マスターを本社に統合し、拠点からのデータをシームレスに吸い上げる仕掛けを実装します。これにより企業が求める経営の可視化と、経営に必要な適切な判断材料を入手可能なシステム・フレームを構成できるのです。

しかしながら、すべての拠点の状況をグローバルに見渡せなければ、企業にとって本当に最適な選択と、リソース配分はできません。

日立ソリューションズは、これを実現するために、お客様の拠点をグローバルにカバーする組織の形成が必要だと考え、グローバル統括組織「GCOE」を構成しました。

グローバル展開における2Tier ERP戦略(2層ERP)の実装は、「業務からのERP導入アプローチ」と、「世界をカバーする組織体制」の両輪によって可能となります。ベンダー側にグローバルに機能する組織なくして、成しえないのです。個々に機能する拠点の集合体である「マルチ・ナショナルカンパニー」ではなく、グローバルに機能する「グローバル・カンパニー」であることが成功の条件です。それが日立ソリューションズの考える実績に裏付けられた2Tier ERP(2層ERP)導入アプローチです。

■グローバルサプライチェーンマネジメントソリューション イメージ

グローバルサプライチェーンマネジメントソリューション

課題分散したシステムを、統合したい

  • 既存システムはそのままで、連携させた新システムを導入したい
▼
日立ソリューションズの考える解決策 システムを2階層で構成する、2Tier ERP戦略をご提案します。

地域に分散した、或いは業務ごとに異なるシステムを統合したいが、本社の基幹システムはそのまま活用したい、と言うニーズに、本社の大規模ERPシステムはそのままに、2層目のシステムを別のERPスイートにより統一する、2Tier ERP(2層ERP)モデルの導入をいたします。

2Tierモデルにおける課題の1つである、「事業全域でガバナンス体制を維持する」ことについては、2層レベルのシステムを1つのERPスイート製品で統一することにより、強力なガバナンスの一元化をはかることで解決します。

課題サービスレベルを安定維持したい

  • プロダクトやクラウド環境の継続的な安定供給を実施したい
▼
日立ソリューションズの考える解決策 グローバルに調達がしやすいプロダクトをベースに、
世界5極に配置されたエンジニアがスムーズな導入をお手伝いします。

拠点のシステムにクラウドシステムを選択した場合、クラウドシステムの安定供給ができるベンダーの選択がカギとなります。
日立ソリューションズは、各拠点のマイクロソフトとのパートナーシップが強い事はもちろん、各地域のクラウド環境提供ベンダとも密に連携し、お客さまのニーズにあった最適なクラウド環境上でシステムを提供いたします。

■グローバル統括組織GCOE

お客様のグローバル展開支援において、各拠点のサービスの一元化推進を目的にグローバル統括支援センター「GCOE」を核に運営

課題拠点システムの運用管理コストを適正化したい

  • ライセンスコスト・サポートコストを削減したい
  • 運用負荷を平準化したい(地域サポート、中央サポート)
  • IT要員を置けない小規模拠点で、システムを利用したい
▼
日立ソリューションズの考える解決策 拠点のシステムを一元管理。
規模に合わせたシステム導入をご支援いたします。

拠点のシステムを本社で一元管理する事は、ライセンスの適切な配布や、規模によるライセンス価格の低減、
拠点向け保守・運用サポートの一括提供などの部分で、コスト削減につながります。

日立ソリューションズなら、お客さまの日本本社を窓口に、世界5極に配置したエンジニアとお客様の拠点のコミュニケーションを確保し、拠点システムの運用までもご支援いたします。

課題IT要員の確保・教育を円滑に行いたい

  • 技術者の流動性が高いため、要員交代に伴う再教育の負荷を減らしたい
  • 経験者採用のコストを抑えたい(経験者がすぐに見つかる)
▼
日立ソリューションズの考える解決策 技術者をグローバルに調達しやすい
Microsoft Dynamics 365 がベースです。

拠点のシステムを管理していた技術者の突然の離職などで、システムの保守ができなくなるような事態はなんとしても避けたい。日立ソリューションズは、グローバルに展開されているマイクロソフトのプロダクトと技術スタックを活用したシステムをご提供します。
マイクロソフトの技術者は、世界中どこでも探しやすく、突然の保守担当が不在となるリスクを最小限にすることができます。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-571488

受付時間:月〜金(祝祭日除く)10:00〜17:30

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

  • ソリューショントップ
  • 業種・業務 製造業
  • 業種・業務 流通・小売業
  • Dynamics 365 統合ERP構築サービス
  • Dynamics 365 CRMシステム構築サービス
  • Field Service Automation
  • Dynamics ソリューションへの取り組みと強み
  • ビジネスの課題
  • ソリューション
  • 導入事例
  • 資料・ダウンロード
  • セミナー・イベント情報

日立ソリューションズ ITのお悩みをソリュっと解決!特命課ソリュートくんがいく!

  • 【Dynamics 365 統合ERP構築サービス】 海外支社のデータ集計の課題を一挙に解決!の巻
  • 【Dynamics 365 CRMシステム構築サービス】 顧客情報の管理・共有課題はCRMで解決!の巻
  • 【Field Service Automation】 機器も状況も一元管理でサービス向上!の巻

日立ソリューションズ 導入動画公開中!

  • 【Dynamics 365 統合ERP構築サービス】 株式会社ジンズ様

  • 【Dynamics 365 統合ERP構築サービス】 アルパイン情報システム株式会社様

  • 【Dynamics 365 CRMシステム構築サービス】 株式会社ベリタス様

  • 【Field Service Automation】 日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社様

【Microsoft® ソリューション専用サイト】他の Microsoft 製品に関する詳しい情報はこちら

製造業向けトータルソリューション

  • 資料ダウンロード
  • Dynamics ソリューションへの取り組みと強み
  • ソリューション
  • 導入事例
資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ