シャープ株式会社様 組み込みデータベース Entierの導入事例紹介|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズにお問い合わせください。

株式会社 日立ソリューションズ

組み込みデータベースEntier 導入事例

シャープ株式会社様

カラー電子辞書「Brain(ブレーン)」
Entierの採用で、解説文などからも目的の言葉を探せる「全文検索機能」を実現

2012年9月15日で創業100周年を迎えるシャープ 株式会社様(以下、シャープ)は、2012年1月に発売したカラー電子辞書「Brain(ブレーン)」の4機種13モデルに、株式会社日立ソリューションズ(以下、日立 ソリューションズ)の組み込みデータベース「Entier(エンティア)」を採用。 これにより「Brain」は、Entierで「全文検索機能」を実現し、調べたい言葉が見出し語になくても、説明文や解説文など全ての本文から抽出できるようになり、利用者に、より付加価値の高い検索方法を提供することが出来ました。

Entier×キョクナビ

目的の言葉が探しやすい全文検索機能で商品価値を高める

藤井 良一 氏

シャープ株式会社
通信システム事業本部
パーソナルソリューション事業部
モバイルソリューション開発部
部長  藤井 良一 氏

中高生・大学生の学習用途から、一般・ビジネス用途まで、利用者層が多岐にわたる電子辞書市場。 日常的に使うツールであることから、製品開発においては機能面の強化だけでなく、使いやすさも求められます。こうしたニーズに応えるためにシャープは2012年1月、カラー電子辞書「Brain」の新モデルを発売しました。新モデルはBrainシリーズのフラグシップ機に位置付けられ、「文字拡大時の美文字表示」、「説明文や解説文から検索できる全文検索機能」、「高性能プロセッサの採用による処理能力の高速化」の3つを特長としています。

その中でも「全文検索機能」の搭載は、開発現場における長年の課題でした。全文検索機能を使うと、例えば「淀君」について知りたい場合、「淀君」と入力しただけで「豊臣秀頼」など「淀君」に関連する人物や、ゆかりの地を見出し語だけでなく、説明文からも検索することができます。また、例えば豊臣秀吉が行った法令を調べたい場合、正しい法令名称が思い出せなくても、「豊臣秀吉」&「令」などのように関連するキーワードを入力することで目的の言葉にたどり着くことができます。

開発部 部長の藤井良一氏は「学生の利用者が増加している近年、電子辞書の価値を決めるのは検 索のしやすさです。調べたい言葉をすぐに見つけ出し、学習に役立てていただくためには全文検索機能の搭載が欠かせません。しかし、自社で開発するとなると、ハードルが高すぎ、なかなか実現まで至りませんでした。長きにわたって試行錯誤を続ける中で、電子辞書のプラットフォーム刷新を機に、全文検索機能の搭載を決めました」と開発の背景を語りました。

全文検索画面例
全文検索画面例

実機レベルでの評価検証体制を評価しEntierを採用

足立 知正 氏

シャープ株式会社
通信システム事業本部
パーソナルソリューション事業部
モバイルソリューション開発部
副参事  足立 知正 氏

全文検索機能の搭載にあたりシャープは複数メーカーの組み込みデータベースの中から、日立ソリューションズのEntierを採用しました。開発全体のマネジメントを担当した足立知正氏はEntier選定の決め手を「実機に近いスペックのデモ機にEntierを搭載し、評価をしていただいたことです」と語りました。電子辞書の開発では、新機能を搭載するにあたり、メモリ容量やパフォーマンスの状況がつかめない状態ではゴーサインが出しにくい。

こうした不安に対し、PCを使った評価だけではなく、実機に近いスペックのデモ機でリソースの使用量や性能などを確認できたことが採用に至った大きな理由でした。また、日立ソリューションズではデジタル百科事典「マイペディア」のコンテンツを所有しており、デジタルコンテンツに関する固有のノウハウを有していることにも期待を寄せたといいます。

全文検索機能実装時の迅速かつ的確な解決方法の提案を評価

藤井 孝文 氏

シャープ株式会社
通信システム事業本部
パーソナルソリューション事業部
モバイルソリューション開発部
主事  藤井 孝文 氏

シャープでは、2011年前半から開発プロジェクトがスタートしてからも、初めて全文検索機 能を実装することに関して不安がありました。全文検索機能の開発を担当した藤井孝文氏は「電子辞書に関するノウハウを持つシャープと、全文検索機能のノウハウを持つ日立ソリューションズがタッグを組み、互いに補完しながら開発を進めました」と振り返ります。

また、「例えば、検索で1万件という膨大な量がヒットすると、結果を表示するまでに長い時間がかかります。こうした場合、利用者にストレスがかかってしまいますが、日立ソリューションズはそれを緩和する提案をしてくれました。また、コンテンツの管理方法や、表記のゆれ対応、メモリ容量の試算などに対する要求にも迅速に対応し、的確な解決策の提案をいただくことができました」と語ってくれました。

全文検索機能は、電子辞書の品質に大きく関わるだけに、事前の評価も欠かせません。そこでシャープは、Windows版EntierのGUI開発支援ツール(Entier Control Manager)を活用し、PC上で繰り返し検証を行うことで効率化しています。藤井孝文氏は「無限の検索パターンが考えられる全文検索において、検索結果のイメージをPC上で簡単に検証できたことは非常に有効でした」と評価します。

Windows版EntierのGUI開発支援ツールイメージ画像
Windows版EntierのGUI開発支援ツール
(Entier Control Manager)

商品開発期間短縮のためスムーズな開発体制に貢献

「Brain」の開発プロジェクト全体の中で、全文検索機能の実装は短期間に終了しました。足立氏は「自社で全文検索機能を開発すると膨大な時間、労力、コストがかかるところを、Entierを採用することで開発効率を大幅に向上させることができました。全文検索機能の開発に割く工数を少なくできた分、別の機能開発に社内リソースが投入でき、製品全体のクオリティを高めることにも成功しています」と効果を実感しています。

開発リーダーを務めた本多亮氏も「開発プロジェクト後半には、コンテンツデータの更新が頻繁に発生したが、データベース化したことにより、迅速にコンテンツ作成が実施できました」と評価しました。「Brainシリーズに全文検索機能を搭載することが、電子辞書全体の製品価値を高めることにつながります。しかしそのためには限られたリソースにデータベースの機能を適合させる必要があります。機能を拡大していくためには今以上の研究が必要となるでしょう」と本多亮氏は語ってくれました。

また、シャープでは現時点で全文検索に対応している辞書コンテンツは、容量の制限から一部コンテンツに限定していますが、今後は他のコンテンツにも拡大し、より使いやすい電子辞書になるように製品力を高めていく考えです。藤井良一氏は「今後、全文検索機能を使いやすく改善するとともに、新しい検索方法を利用者に提案していきたい。将来構想として、Entierの持つ多彩な検索機能に期待を寄せています。日立ソリューションズには、今回得た知見を基に、Entierの新たな活用方法の提案をお願いします」と期待を語っていただきました。

本多 亮 氏

シャープ株式会社
通信システム事業本部
パーソナルソリューション事業部
モバイルソリューション開発部
主事  本多 亮 氏

導入企業プロフィール

社名 シャープ株式会社
本社所在地 大阪市阿倍野区長池町22番22号
創業 1912(大正元)年9月
主な事業内容 エレクトロニクス機器(AV・通信機器、健康・環境機器、情報機器)電子部品(液晶、太陽電池、その他電子デバイス)
URL http://www.sharp.co.jp/
この事例に関するソリューション・商品

Entier(エンティア)は、アプリケーション開発でSQLを利用できる、組み込みシステム専用のリレーショナルデータベース(RDBMS)です。RDBMSを搭載したカーナビでは『シェアNo.1』※を獲得。地図データの差分更新など複雑なデータ管理ロジックを簡単に実装でき、開発効率と付加価値の向上に貢献します。
※当社調べ。2010年現在、カーナビでの地図データ管理用途で採用されたリレーショナル型のデータベース(RDB)の搭載台数の割合。

商品ジャンル:
データベース

導入事例ダウンロード

導入事例をデジタルデータで閲覧、ご活用いただけます。

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

最終更新日:2012年4月5日

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

事例紹介

本事例の内容は公開当時のものです。本事例に関するご不明点・ご要望等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。