2013年|Prowise Business Forum|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズをご利用ください。

株式会社 日立ソリューションズ

Prowise Business Forum

日立グループの一員として数多くのアプリケーション開発の実績を持つ日立ソリューションズが、自ら培ってきたノウハウを結集してお送りする「必ず役に立つ」ビジネスのためのITフォーラムです。
『Prowise Business Forum』に参加すれば、あなたの会社のITビジネスが変わります!

過去のフォーラム(2013年)

Prowise Business Forum in TOKYO 第71回
ベストセラー「統計学が最強の学問である」の西内啓氏が語る!
「決めるのはデータだ!ビッグデータからビジネスを革新する」~イノベーションを起こすビッグデータ分析の世界潮流~

 イノベーションを求め、各企業が活用を模索しているビッグデータ。「統計学」はビッグデータの分析において切っても切れない関係にあり、注目が高まっています。医学、心理学、経済学、そしてスポーツにおいても統計学を用いたデータ分析が盛んになっており、それが及ぼす影響は大きくなっています。しかし統計学の知識を有し、ビッグデータを扱うデータサイエンティストが世界的に不足していると言われています。専門組織や人材の不在により、ビッグデータの分析ができないという意見を多く耳にしますが、ビッグデータの分析は敷居が高く、遠い存在なのでしょうか。
 本フォーラムでは、基調講演にベストセラー「統計学が最強の学問である」の著者である西内啓氏をお招きします。統計学がこれまで生み出してきたインテリジェンスを語っていただき、我々に必要とされるデータ分析の勘所に迫っていただきます。日立ソリューションズからはビッグデータビジネスの取り組みについてご紹介し、Splunk Services Japan様及び日立ビルシステム様よりビッグデータの世界潮流と事例をご紹介いたします。

2013年12月12日(木)JR品川イーストビル20Fホール

Prowise Business Forum in TOKYO 第70回
最新サイバー攻撃、我々はその危機にどう立ち向かうのか
~サイバーセキュリティ事件の事例から導き出した、対策のあり方~

 昨今、サイバー攻撃による被害が数多く報道されています。政府や大企業、そして中小企業や個人を狙った被害も報告されており、大規模なアカウント情報の漏洩や、ホームページの改ざん等といったセキュリティへの攻撃は深刻化しています。攻撃を受ければ「被害者」の立場になり、踏み台にされれば「加害者」の立場になることもあります。日々手口が高度化するサイバー攻撃に対し、限られた資本で企業はどう対策するべきでしょうか。本フォーラムでは、サイバーセキュリティ事件の事例から考察した、今後の情報セキュリティの対策のあり方を皆様にご提案します。
 基調講演には、慶應義塾大学 教授の武田圭史氏をお招きし、サイバー攻撃の動向を踏まえ、国家と企業の視点から取るべき情報セキュリティ対策のあり方についてご講演いただきます。日立ソリューションズからは、サイバー攻撃への効果的な防御策と、攻撃を受けてしまったときの情報漏洩対策までを視野に入れた、セキュリティシステムの考え方をご紹介いたします。

2013年11月13日(水)JR品川イーストビル20Fホール

Prowise Business Forum in TOKYO 第69回
消費税法改正後、企業の課題とは何か~日本の税制を俯瞰して考察する、取るべき対応策~

 2014年4月より8%、2015年10月より10%に段階的に引き上げられることが予定されている消費税率。経過措置や軽減税率なども予定されており、企業に与えるインパクトは非常に大きいものになります。しかしながら半年前になっても議論は続いており、どのように取り組めばいいのか悩まれているのが現状かと思います。本フォーラムでは、日本の税制を俯瞰することにより、改正後に待ち受ける課題を明確にし、対応策を考察していきます。
 基調講演に、中央大学法科大学院教授であり、政府税制調査会専門家委員会特別委員を歴任された森信茂樹氏をお招きし、日本の税制を概観し、課題を紐解いていただきます。そしてビジネスブレイン太田昭和 公認会計士の早川功剛氏より具体的な企業の対応を解説していただきます。日立ソリューションズからは、これらの内容を踏まえ、企業の対応動向や業務システムにおける対策のポイントをご紹介いたします。

2013年10月17日(木) JR品川イーストビル20Fホール

Prowise Business Forum in TOKYO 第68回
3Dプリンターがもたらすオープンイノベーションの世界~そのインパクトの本質から読み取る、企業変革のカギとは~

 ものづくりを変え、ビジネスに変革をもたらすツールとして3Dプリンターへの注目が高まっています。これまで製造ラインを持たなければできなかったものづくりが、ユーザーもできるようになります。従来、作り手のみで製造していた商品に、今までより一層ユーザーの視点が反映されるようになります。注目が高まる3Dプリンターですが、インパクトの本質はこのようなオープンイノベーションにあるのではないでしょうか。私たちはものづくりのみならず、ビジネスのプロセスにオープンイノベーションの視点を取り入れることが競争力の強化につながると考えます。
 本フォーラムでは、基調講演に芝浦工業大学 教授の安齋正博氏をお招きし、3Dプリンターがもたらす未来についてご講演いただきます。
 日立ソリューションズからは、3Dプリンターによって起きる変革からBPM(Business Process Management)の在り方を考察します。ユーザー視点を取り入れるための「ソーシャルBPM」の実現法とITによる仕組みをご紹介いたします。

2013年8月28日(水)JR品川イーストビル20Fホール

Prowise Business Forum in KANSAI 第19回
成熟社会の日本におけるマーケティング戦略
~持続的な競争優位を築く要件とは~

 日本市場は成熟化が進み、各企業は新たなビジネスチャンスを求めてグローバル展開を推進していますが、もはや成熟化した日本市場にビジネスチャンスはないのでしょうか。 しかしこのような状況の中、日本市場で成長を遂げている企業もあります。それらの企業に共通しているのは、事業の成長や顧客ロイヤリティ向上に繋がる要因を分析し、科学的かつ戦略的なマーケティング施策を策定・実行していることです。 今、改めて日本市場を見直し、マーケティング戦略を見直す必要があると考えます。 本フォーラムでは、基調講演に一橋大学 教授の神岡太郎氏をお招きし、日本企業のマーケティングの課題と求められる組織についてご講演いただきます。 日立ソリューションズからは、マーケティング戦略の中でも特に注視されるCRM※に焦点を当てて講演いたします。国内外の事例をご紹介するとともに、そこから考察した今求められるCRMの姿と、製品・サービスレベル向上施策についてご紹介いたします。 ※Customer Relationship Management

2013年7月3日(水)ヒルトン大阪4F

Prowise Business Forum in TOKYO 第67回
スマートデバイスの活用で起こすイノベーション~BYODは是か非か!?セキュリティ要件まで考察する~

 近年、スマートデバイス活用への期待が高まっており、企業は加速的に導入を進めています。しかし、導入することが先行し本来の目的が不在になっている例が散見されます。また、セキュリティの課題も数多く存在しており、リスクを分析し、対策をすることも必要です。
本フォーラムでは、基調講演に作家・ジャーナリストとして活躍されている佐々木俊尚氏をお招きし、スマートデバイスの活用でイノベーションにつなげるためのビジネスのあり方について、事例を踏まえてご講演いただきます。
 日立ソリューションズからは、JNSA(日本ネットワークセキュリティ協会)のワーキンググループ活動を通じて得られたセキュリティ対策のポイントをご紹介いたします。そして、今注目されているBYOD(※)の是非について考察します。
 ※BYOD(Bring Your Own Device):個人所有の端末を業務でも活用すること。

2013年6月26日(水)JR品川イーストビル20Fホール

Prowise Business Forum 10周年記念イベント
一橋大学 楠木建氏、日経コンピュータ 元編集長 木村岳史氏が語る!「未来に通用する戦略とは何か」

 2003年4月より開催し、今年度の4月で10周年を迎えます。今回は、「戦略」に焦点を当てて開催します。
 不確実性の連鎖でビジネス環境は複雑さを増し、戦略と結果が伴わない現状が続いているかと思います。世の中の戦略のほとんどは体を為していないという意見もありますが、成功している企業があるのも事実です。それら企業の戦略は、単純かつ明快で、全体のビジョンを捉えている点が共通しています。重要なのは市場の本質を捉えて効果を最大化できるポイントを見極め、資源と行動を集中させることだと考えます。本フォーラムでは、競争戦略と競争優位の論理を紐解き、戦略策定のために求められるビジネスアナリティクスの姿を思考して行きます。
 基調講演ではベストセラー「ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件」の著者である一橋大学の楠木建氏より、ストーリーの視点から競争戦略と競争優位の論理についてご講演いただきます。そして、日経コンピュータ 元編集長の木村岳史氏より、ビッグデータを活かし、戦略策定を支えるビジネスアナリティクスについてご講演いただきます。日立ソリューションズからは、社内への定着を支援するツールとしてソーシャルメディアを取り上げ、コラボレーション改革の成功事例をご紹介いたします。

2013年4月16日(火)東京コンファレンスセンター・品川

Prowise Business Forum in TOKYO 第65回
ビッグデータの活用とビジネスインテリジェンスの未来
~メジャーリーグのデータ分析手法「セイバーメトリクス」から思考する~

 情報は企業競争力の源泉です。ビッグデータを活用すれば、イノベーションを起こせると期待してしまいますが、そうではありません。一つ一つのプロセスを磨き、情報(事実)を判断・行動材料(インテリジェンス)に昇華させなければなりません。私たちは統計学的見地から客観的に野球を分析する手法「セイバーメトリクス」にそのヒントがあると考えました。メジャーリーグのオークランド・アスレチックスはセイバーメトリクスを用い、財力の格差を超えて常勝チームに成長しました。本フォーラムでは、このセイバーメトリクスからビッグデータをビジネスインテリジェンスとして活用していく道筋を思考していきます。
 基調講演に国内におけるセイバーメトリクスの第一人者である合同会社DELTAの岡田友輔氏をお招きし、ビッグデータとセイバーメトリクスにより野球の構造理解を強力に推し進めている現状についてご講演いただきます。日立ソリューションズからはビッグデータビジネスの現状と今後の展望についてご紹介いたします。そして、特別講演として米国で数々のビッグデータビジネスを手掛けているCloudera社より、米国の事例をご紹介いただきます。

2013年3月19日(火)JR品川イーストビル20Fホール

Prowise Business Forum in NAGOYA 第8回
企業におけるスマートデバイスの未来 ~事例から見る企業にもたらす効果とリスク対策~

 スマートデバイスに対する企業の期待は大きく、企業価値を向上させるためのツールとして様々な活用方法が模索され、加速的に導入が進んでいます。しかし、成果を出すためには、自社のビジネスのあり方を見直し、具体的な活用方法を定めなければなりません。そのためにはリスクを分析し、どこで投資対効果を出すか検討する必要があると考えます。
 本フォーラムでは基調講演にITジャーナリスト、コンサルタントとして活躍されている林信行氏をお招きし、スマートフォン主流時代に備えるビジネス再構築の考え方についてご講演いただきます。
 日立ソリューションズからは、数々の導入事例を踏まえて、具体的な導入のポイントや効果についてご紹介致します。また、企業導入にあたり乗り越えなければならないリスクを整理し、対策のポイントもご紹介致します。

2013年2月5日(火) 名古屋ルーセントタワー

Prowise Business Forum in TOKYO 第64回
成熟社会の日本におけるマーケティング戦略~持続的な競争優位を築くCRMの条件~

 日本市場は成熟化が進み、各企業はグローバル展開を推進しておりますが、それのみで本当に成功するのでしょうか。困難な環境を克服するには、事業の成長や顧客ロイヤリティ向上を導く要因を理解し、科学的かつ戦略的なマーケティング施策を策定・実行する必要があると考えます。もはや成熟化する日本市場に成長機会はないのか。改めて日本市場を見直し、本質を捉え、マーケティング戦略に反映する必要があるのではないでしょうか。
本フォーラムでは、基調講演に早稲田大学の教授で、世界の有力コンサルタント、トップ25人に選出された実績を持つ内田和成氏をお招きし、成熟社会の日本における企業経営について成功事例を踏まえながらご講演いただきます。
日立ソリューションズの講演は、マーケティング戦略の中でも顧客接点の領域として特に注視されるCRM(Customer Relationship Management)に焦点を当てます。国内外の事例をご紹介するとともに、そこから考察した今の時代に求められるCRMの姿と、製品・サービスレベル向上施策の考え方についてご紹介いたします。

2013年2月7日(木)JR品川イーストビル20Fホール

セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-958-545 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

セミナーに関するお問い合わせ

日立ソリューションズ 論より証言
日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。