株式会社ケイ・オプティコム様 GeoMation 地理情報システムの導入事例紹介|システム構築やトータルソリューションをお探しなら、日立ソリューションズにお問い合わせください。

株式会社 日立ソリューションズ

GeoMation 地理情報システム 導入事例

株式会社ケイ・オプティコム様

膨大かつ複雑な光ファイバー網を位置情報で徹底管理
回線開通工事のリードタイム短縮とコスト削減により短納期・低価格・高品質の〝光〟サービスを実現!

ケイ・オプティコム 『Genesis』イメージ

「光」によるインターネットやテレビ受信サービス。加入者をめぐる通信事業者間の競争は激化している。競争に勝ち抜くためには、安定した情報通信基盤の整備ときめ細かいサービスの提供が不可欠。それには、光ファイバー網の敷設や保守をいかに効率化するかが重要になる。関西一円に展開する光ファイバー網の位置情報を徹底活用することで、業務効率を高め、関西における競争優位性を確保した株式会社ケイ・オプティコムの取り組みを紹介する。

設備状況を地図上でビジュアルに管理 新・芯線管理システム『Genesis』

株式会社ケイ・オプティコムは、関西電力のグループ会社として、関西一円に広がる光ファイバー網を管理し、個人と法人向けに新しいブロードバンド・サービスを提供する通信会社だ。現在、契約件数は約130万戸にのぼり、インターネットの普及率が全国的にも高い関西エリアで、NTT西日本やCATV系の競合企業と三つ巴の戦いを繰り広げている。

同社の光ファイバー網を管理しているのが、日立ソリューションズの地理情報システム『GeoMation』がベースとなった芯線管理システムだ。同システムは、"創世"という意味を持つ『Genesis』の名称で、2012年1月に本格運用を開始した。まさに、情報システム徹底活用による業務効率化、サービス品質向上の新しい時代の幕開けなのだ。

『Genesis』は、芯線管理システムだが、単純に敷設状況などの設備管理をしているだけではない。お客様からの光ファイバー契約の申し込みを受け、お客様の家から局までの最適な通信ルートを自動的に見つけ出し、回線開通工事のリードタイムを短縮する役割も果たしている。また、需要を見込めるエリアに、あらかじめ光ファイバーの基幹設備を敷設するための設計にも利用されている。

技術本部 技術システムグループ 技術業務システムチームの小西和良・チームマネージャーは、「『Genesis』は、光ファイバー設備の構築から管理・運営業務までを一貫して支援しています。膨大で複雑な光ファイバー網のデータを効率よく管理し、管理図面を含む工事設計書も自動生成できる、他に類を見ないシステムです」と胸をはる。

ケーブル敷設・保守時の”5W1H”を瞬時に把握する

『Genesis』のベースとなっている『GeoMation』は、データを地図上に展開し、それを業務に役立つ生きた情報に変えるためのシステムだ。

例えば、ケーブルが敷設されている場所の情報。「場所を特定するためには、ケーブルの中継所までの距離やケーブルが目指す方向なども必要ですが、それらを手書きで記入していくとキリがありません。ところが、その情報も地図上で見れば、ひと目で把握できます。地図は貴重な情報源です」と、小西氏。

しかし、光ファイバー網管理の情報は、一般人の想像を超えるほど細かい。「どのような種類のケーブルを、誰がいつどこに敷設し、それはどのように利用されているのか」。What、Where、Who、When、Why、Howの「5W1H」の属性情報をつぶさに記録しなければならない。なかでも重要なのはHowの部分だ。

小西 和良 氏
株式会社ケイ・オプティコム
技術本部 技術システムグループ
技術業務システムチーム
チームマネージャー
小西 和良 行 氏

宅内に引き込まれたケーブルの中はファイバーが2芯程度しか入っていないが、それらは局に向かうにつれ順次束ねられ、太いケーブルとなって局内施設に届いている。
「例えば、100芯のファイバーのうち、どこのお宅には何番の線を使って、どういう経路でつながっているかがわからないと、結果的には何もしていないと同じことなのです。その"どうやって(How)"を知る方法として『GeoMation』は活躍してくれます」(小西氏)

同社が管理する図面は、芯線管理図だけでも、ケーブルを1本の線として描いている単線図をはじめ、接続がわかる芯線接続図、信号の流れるルートを示す回線構成図などさまざまである。それらをレイヤー上に組み合わせ、さらに必要なところだけ拡大して見ることができる。図面上で線の使用・未使用が色分けしてあるので、視覚的にもわかりやすい。例えば、赤はサービス中なので、そこが故障すると通信が途絶する。黄色は未使用だから、その空いている芯線をつなげていく、という作業手順も容易に判断できるわけだ。
「以前の芯線管理では、接続の状態が変わるたびに、手動で書き直さなければならず、膨大な手間がかかっていました。現在もそんな手間をかけていたのでは、サービス競争で勝ち残っていくことができません」(小西氏)

『Genesis』では、属性情報を中心に、地図や各種管理図面と相互にリンクした一元管理が行われ、個々の芯線のつながりや利用内容まで、現場の状態に近い形で、地図上または管理図面によりビジュアルに把握されている。関西一円に広がる膨大な設備が、『Genesis』によって一元管理され、「見える」化されている。業務の根本が大きく変わったのだ。

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

人件費の削減とスピードアップを自動設計で実現

同社には、申し込みから30日以内に、すべての工事を終え、サービスを開始するというモットーがある。サービスの迅速化のためには、"どこ"を"どういうルート"でつなぐかという設計書作成を、いかに速く行うかが一つのポイントになる。
「お客様の住所がわかると、地図地点にポイントが落ちて、そこから、どこの設備につなぐのかといった最適ルートを自動計算します。申し込みから2~3分後には設計書ができあがるほど。もちろん、申請手続きや先方の都合もあるので、実際の工事は先になりますが……」(小西氏)

橋本 健作 氏
株式会社ケイ・オプティコム
技術本部 技術システムグループ
技術業務システムチーム
リーダー 橋本 健作 氏

設計は複雑なもの以外は自動で行うが、この自動設計の比率は申込み件数の約7割に達する。従来は人手で行っていた工事設計作業のシステム化により、回線開通までの期間が半分以下に短縮されただけでなく、30~40%程度のコスト削減やリーズナブルな料金設定が可能になった。加えて、サービス品質の向上も実現した。『Genesis』は同社の光ファイバー網を基盤で支えるだけでなく、地域内の競争優位性を生み出す"原資"にもなっているのだ。
「『GeoMation』を導入した理由の一つはシステム拡張の自由度が大きいことです。どこも作っていないような図面を当社仕様に基づいて作成したいという要望に、柔軟に対応できました」と言うのは、技術本部 技術システムグループ 技術業務システムチーム リーダー・橋本健作氏だ。
「データベースの座標データを作り変えて地図に落とすプロセスがスムーズに行われています。地図データのベクトル管理という意味では、最高に使いやすいと思いますね」と評価する。
「『Genesis』は国内はもとより、世界的にも類の無い世界一のシステムとの評価を他の通信事業者から受けています。これほど細かく管理するのは、おそらく日本人だけでしょうから、日本で一番だったら世界一でしょう(笑)。

日立製作所と日立ソリューションズには、私たちの業務内容をよく理解してもらい、それに沿って開発を進めてもらえました。システムの全面再構築にあたっては、当初予定を前倒ししましたが、それを無事に乗り切った開発力はすばらしいものがありました」と小西氏も手放しの高い評価だ。

同社では今後、このシステムをモバイル端末で活用することも視野に入れている。設備の点検や災害時の調査に、GPS機能を持つモバイル端末を持参すれば、迅速な障害レポートの作成や復旧工事にも活用できそうだ。

(出典:Hitachi Solutions Review vol.4 P.7-8)

導入企業プロフィール

社名 株式会社ケイ・オプティコム
本社 大阪府大阪市
事業
株式会社ケイ・オプティコム ケーブル敷設

関西電力のグループ会社として、関西一円に独自の光ファイバー網を展開する通信会社。主な事業は通信のほか、有線テレビジョン放送事業、電気通信および有線テレビジョン放送に関する機械器具・設備の設計、設置、販売、賃貸および保守管理などを手がけている。

URL http://www.k-opti.com/
お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

最終更新日:2012年6月1日

お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

事例紹介

ピックアップキーワード

本事例の内容は公開当時のものです。本事例に関するご不明点・ご要望等ございましたら、日立ソリューションズまでお問い合わせください。

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、お客様の業務ライフサイクルにわたり、豊富なソリューションを全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する「ハイブリッドインテグレーション」を実現します。