GeoMation 農業支援アプリケーション

それは、農業を未来へつなげる道しるべ。
GeoMation 農業支援アプリケーション

農地や土壌を地図と関連付けて管理。
圃場管理を効率化し、最適な営農を支援。

農業情報を地図とリンクし分かりやすく管理、情報活用による高品質な農業生産を支援します。圃場図の作図から、農薬適正基準の判定、さらに指導員が作成した施肥パターンの共有まで、空間情報を活用してサポートします。

概要

地図と圃場情報をつなぎ、最適な営農を支援

農業に関連したさまざまな情報をGIS(地理情報システム)技術と連携させて統合的に管理・活用できます。圃場の場所と状態がひと目で把握できるため、農地の有効利用、施肥管理、営農計画の立案や生産性の診断、営農指導などを効率的に行うことができます。

地図と圃場情報をつなぎ、最適な営農を支援の図

生産者と農業情報をつなぎ、効率的な営農作業を支援

モバイル機器やWebを利用することで、生産者もリアルタイムに農業情報を確認することができます。確認した情報を現地ですぐに反映できるため、効率的に農作業を進めることができます。

生産者と農業情報をつなぎ、効率的な営農作業を支援の図

生産履歴とGAPをつなぎ、農作物の付加価値の向上を支援

農作業に使用した農薬や肥料などのデータを生産履歴情報として登録・参照できます。履歴を管理することでGAPへの取り組みにも対応可能。より安全で高品質な農作物の生産に役立てることができます。

GAP:Good Agricultural Practice

生産履歴とGAPをつなぎ、農作物の付加価値の向上を支援の図

農業機械と地図をつなぎ、安全で効率の良い農作業を支援

遠隔の場所でも作業場所の近くでも、農作業や機械の作業状況がリアルタイムに地図上に表示されます。農業機械との連携により施肥量や播種量の表示も可能。精密農業を支援します。

農業機械と地図をつなぎ、安全で効率の良い農作業を支援の図

このページの先頭へ

北海道 JA士幌町での活用事例を動画でご紹介 (約10分)

北海道のJA士幌町では、人工衛星から撮影した小麦畑の画像を使って生育状況を解析する取り組みをしています。衛星画像を解析することにより、小麦の最適な刈取り時期を決定し、品質の向上に役立てることができます。

(朝日ニュースター「よみがえれニッポン」 2007年7月放送より)

このページの先頭へ

お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ
ご購入前の商品に関する質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ

ウェブサイトからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ