Lumadaについて

日立のIoTプラットフォームLumadaにGeoMationも登録しています。

# ユースケース ソリューションコア アナリティックス
ソフトウェア
1 作業員・重機の動線分析 GeoMation 地理情報システム
2 地図情報を活用した営業支援
3 通信設備の接続情報/位置情報一元化による
通信サービスの高品質化・効率化
4 スマートメーターの稼働状況/位置情報分析による設備・保守作業効率化
5 ガス事業者向け 導管・設備管理 地図情報を活用した
ガス導管・設備管理
6 ガス事業者向け 需要家管理
7 農作物生育分析(ドローン活用) 地図・画像・センサ情報
活用による営農効率化
8 営農支援(収穫作業支援)
9 トンネル内位置管理
10 サイコロ型デバイスによる
現場作業工数は把握の省力化
11 高精度車両位置管理 GeoMation
空間情報IoT
プラットフォームサービス
GeoMation
空間情報IoT
プラットフォームサービス
12 後付センサー機器の稼動状態・位置情報分析による設置及び保守作業効率化
13 原料ヤード在庫量計測・管理
Lumadaの定義 Lumadaはインフラから顧客価値にいたる階層に従ってモデル化され再利用可能な、ユースケースの集合体である。技術としてのLumadaは、ソリューションコアとアナリティクスソフトウェアを含んだものをさす。
Lumadaユースケース Lumadaに登録された個々のユースケースをLumadaユースケースと呼ぶ。Lumadaユースケースは、お客さまとの協創で得られた知見をモデル化した日立のデジタルソリューションであり、登録の条件は3つの基準を満たしていることが求められる。
①お客さまデータの活用、②アナリティクスソフトウェアを活用、③お客さまの経営指標(KPI)の改善に貢献
ソリューションコア デジタルソリューションの肝(コア)は、データを価値に変換する部分であり、これをソリューションコアと呼ぶ。Lumadaユースケースの中でも、再利用可能な形に再構成されたものはLumadaソリューションコアとして蓄積する。
アナリティクス
ソフトウェア
(イネーブラ―)
PentahoやHitachi AI Technology/Hなど、データを買値に変換する際に使われるソフトウェア。LumadaはOpen Architectureであり、この階層には他社ソフトも含まれる。

このページの先頭へ

日立IoTプラットフォーム Lumadaとは

デジタルソリューションを迅速に

Lumadaとは経営課題の発見からコスト削減、品質向上さらにはお客様との協創による新ビジネスの創生までを支援します。 詳細については 『Lumadaとは』(日立製作所)

ソリューションコア (ソリューションのひな型)

スピード開発/実行運用環境

データ共有・分析

人工知能

各種シミュレーター

セキュリティ

データブレイク

IoTプラットフォーム「Lumada」

このページの先頭へ

お問い合わせはこちら

資料請求・お問い合わせ
ご購入前の商品に関する質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ

ウェブサイトからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ