地理情報 クラウドサービス

|日立ソリューションズ『地理情報 クラウドサービス』のシステム、サービス概要・価格や、解決出来る課題についてご紹介します。

株式会社 日立ソリューションズ

地理情報 クラウドサービス

インターネットを利用して、地理情報をはじめとする空間情報を扱うGIS(*1)環境を提供するクラウドサービスです。

*1 GIS:Geographic information system

このようなお悩みはありませんか?

課題

解決

  • 地理情報をはじめとする空間情報を利用したサービスを構築したい。

    必要な環境(クラウド基盤、GIS環境、地図コンテンツ)をサービス提供し、構築~運用までをサポートします。

  • 新しい背景地図データを利用したい。

    背景となる地図コンテンツもサービスとして提供し、定期的に更新版地図をご利用頂けます。
    お客様が背景地図データのメンテナンスを意識する必要がありません。

  • 他システムとの連携など、カスタマイズを柔軟に行いたい。

    業務アプリ開発や地図利用に必要なAPI(WebAPIを含む)を提供します。お客さまが既存システムとの連携や業務アプリケーションを開発することが可能です。

地理情報 クラウドサービス 概要

地理情報 クラウド プラットフォームサービス

<用 途>

  • GISを利用したWebサービスやシステムを構築したい
  • GIS環境を含めたIT基盤をクラウドで利用したい
地理情報 クラウドプラットフォームサービス

<用 途>

  • お客様のシステムへ手軽に地図画面、機能を組み込みたい

地理情報 クラウド プラットフォームサービス

GISサービスを提供するために必要な環境(クラウド基盤、GISエンジン、地図コンテンツなど)を提供するサービスです。
プライベートクラウドでのご利用も可能です。

概要

お客様が地図を利用したGIS業務システムをクラウドサービスするために必要となる環境(GISエンジン、背景地図データなど)、構築支援をご提供いたします。
本サービスを利用することで、お客さまのGIS業務システムの構築において、「初期費用の削減」、「地図データの定期更新などのメンテナンスコスト削減」や「GISの技術面サポート」に貢献します。

地理情報 クラウドプラットフォームサービス 概要図

※2.NTT空間情報のコンテンツは、2013年12月にサービスリリースを予定しています。

特徴

  • 基本サービス・環境構築サービスを利用することで、標準のGIS環境をすぐに利用できます。
  • 拡張サービスにより、Androidクライアントやネットワーク情報管理、空間解析、図面管理の拡張機能を利用することができます。
  • 業務アプリ開発に必要なAPIを基本サービスで提供します。お客さまが業務アプリケーションや既存システムとの連携機能を開発することが可能です。
  • 業務目的に応じて最適な背景地図を選択できるよう、複数の地図ベンダコンテンツから選択可能です。

主機能

  • GISシステム構築に必要なGISエンジン(GeoMation)、背景地図データをサービス提供します。
  • GIS機能(作図や検索など)を備えた、クライアント環境(Webリッチクライアント、Webライトクライアント、Androidクライアント)を提供します。
  • 業務アプリケーション開発に必要なAPIを提供します。
空間情報クラウドプラットフォームサービス システム構成図

システム構成図

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ

地理情報 クラウド 地図APIサービス

当サービスが提供するWebAPIを利用して、手軽にお客様のシステムに地図画面やGIS機能を組み込むことができるサービスです。

概要

GIS機能と地図コンテンツを、クラウドサービスとしてリーズナブルな費用で利用可能なサービスを提供します。従来の地図配信ASPとは異なり、データ格納のストレージ領域やAPIを含めた業務アプリケーション構築のプラットフォームとして利用可能です。

地理情報 クラウド地図APIサービス 概要図

※2.NTT空間情報のコンテンツは、2013年12月にサービスリリースを予定しています。

特徴

  • WebAPI(WMTS,WFS)(※3)を利用して、柔軟にWebサービスで地図機能を利用できます。
  • 業務目的に応じて最適な背景地図を選択できるよう、複数の地図ベンダコンテンツから選択することができます。
  • 図形データなどのお客様が保持する空間データをクラウド側のストレージで管理することができます。
  • アクセスコントロールやレイヤ編集などの機能を提供します。

※3. WMTS(Web Map Tile Service):タイル状に区切られた地図画像を取得するAPI
  WFS(Web Feature Service):地図上の個々の図形データを取得・更新するAPI

主機能

  • WMTSによる、背景地図画像および登録した図形を重畳した画像配信機能を提供します。
  • WFSによる、登録した図形に対しての検索、更新、排他機能を提供します。
  • お客様の情報を地図に重ねるためのインポート機能(shapefile、csv)を提供します。
  • WebAPIを利用したサンプルのGUI(OpenLayers)を提供します。
地理情報クラウド地図APIサービス システム構成図

システム構成図

価格(税抜)

プラットフォームサービス お問い合わせください
地図APIサービス お問い合わせください
お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ
0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分
Webからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ

ご購入前の商品・サービスに関するご質問・ご相談など

お電話でのお問い合わせ 0120-571-488 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日除く)10時から17時30分

Webからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

ITのお悩みをソリュっと解決!特命課ソリュートくんがいく!

ピックアップキーワード

日立ソリューションズのご紹介
日立ソリューションズは、オンプレミス・クラウド連携を始めとする豊富なソリューションを、お客様の全体最適の視点で組み合わせ、ワンストップで提供する『ハイブリッドインテグレーション』を実現します。